挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

71/644

71:撃ってもらおう。

「っていうかさ、別に中庭じゃなくて訓練所でいいんじゃないか? ログアウト前の余った時間に訓練してる人が居るかもしれないし。撃たれて経験値が稼げるんなら、手は多い方が良いだろ?」

「あー、確かにそうだね。っていうか、そういえば役場って何時まで開いてるの?」

「食堂などの施設は八時から二十時までですが、事務受付は常時解放されていますよ」


「へぇ。あ、そうだ。この世界の暦ってどうなってるの? 月に瓶一本って契約したのに、一ヶ月が何日か知らなかったよ」

「雪ちゃんって基本的な所が抜けてたりするよねー。まぁ知らなくても大抵問題ないし、結構知らない人も多いみたいだけどね。六日で一週間、七週間で一ヶ月だよ」

「要するに現実の一日が一週間、一週間が一ヶ月ってことだな。ちなみに月曜日から日曜日までがひと月だ」

「そして十ヶ月で一年です。ここだけは現実の暦から察しづらいですね。察する意味もあまりありませんが」


「おー、ありがと。一ヶ月が42日かぁ。っていうか今が月末なら、来月分からの納品って事なのかな。あとでモニカさんに確認しとこ」

「流石に残り数日で一ヶ月分の仕事しろとは言わないでしょー」

「まぁ一応ね。とりあえず有る分を納品してくれって言われるかもしれないし」

「確認するだけなら大した手間じゃないだろうしな」


「うん。っていうかお姉ちゃん、さっきからなんかパネルいじってるけどどうしたの?」

「ん? 雪ちゃんスレで魔法使い募集してた」

「いや何してんの!?」

「ほら、手数があった方が良いって言うから」

「もー、やる意味があるほど経験値が入るのかも確認できてないのに」


「まぁ言っちゃなんだが、そんな呼びかけで集まる奴なんて元々暇してるだろうからいいんじゃないか?」

「そうかもしれないけどさ。とはいえ、もう呼んじゃったんだったら言っても仕方ないか」

「要らないからやっぱり帰って、などと言うのも失礼極まりないですしね」

「流石に、いくらなんでもそれは言えないよ」



 などと話をしながら南通りの訓練所まで皆で歩いてきた。
 さて、人は居るかな……っておいおい、多くない? 五十人近く居る気がするんだけど。
 というか半分くらい、装備がどう見ても物理職じゃないか。

「おー、一杯集まってるねー」

「お姉ちゃん、なんて書き込んだの? 魔法使いっぽい人、半分くらいなんだけど」

「私はちゃんと攻撃魔法が撃てる人って書いたよ? 多分魔法使いの人の仲間とか野次馬とかじゃないかな?」

「暇人が多いな。まぁ私らも全然人の事は言えないわな」

「面白そうって付いてきましたしね」

 そういえばそうだな。まぁ物理攻撃されないならそれでいいけどさ。



 近づいてからまずは一礼。

「皆さん、呼びかけに答えてお集まり頂きありがとうございます」

 続いて、代理でお姉ちゃんが挨拶してくれた。いや、呼んだのはお姉ちゃんだし代理でもないのか?
 まぁそこは別にどうでもいいか。

「妖精さんのトレーニングの手伝いって事と、攻撃魔法が使える奴って条件しか書いてなかったんだが。俺達は何をすればいいんだ?」

 魔人の男性が挙手してから質問してきた。もうちょっとちゃんと書こうよお姉ちゃん。

「簡単に言うと、妖精さんは【MND強化】を鍛えたいので攻撃魔法をガンガン叩き込んで欲しいと」

 いや、別にガンガンじゃなくていいんだよ? こわいし。


「えっ? そんな事して妖精さんは大丈夫なのか?」

「本人の希望ですから。それに以前、私の【火矢】で起きた火に手を入れても無傷だったのである程度は大丈夫だと思いますよ」

 なんかゲーム内で落ち着いてるお姉ちゃんってレアだな。というか問題なくパーティーで活動出来てるんだから、一緒に居る時にはしゃいでるだけなのか?


「雪ちゃん、どのくらいの威力なら大丈夫っていう目安が有ったら見せて欲しいんだけど」

「あ、うん。昼前に自分の手に打ち込んでたのがこれくらいかな?」

 立ててある的の近くに行って【火矢】を放つ。当然のように一瞬で燃え尽きた。

「これがチクッとする感じの威力だね」

「あー、こりゃ普通にぶっ放しても問題なさそうだな」

「これが当たってチクッと傷む程度って言ってますね」

「こんなもん食らってチクッで済むのかよ……」


「あ、ただ風で土や石を巻き上げるのは危ないかも。魔法で出した岩なら全然問題ないんだけど、その辺に落ちてる石が飛んで来たら普通に死にそう」

「そうなんだ。えーと、その辺の小石とかを巻き込んでぶつけない様に【風魔法】を使う人は気を付けてあげて下さい。当たると多分死ぬって言ってます」

「【土魔法】は大丈夫なのか?」

「どう? ……はい、大丈夫らしいです。魔法で出した岩なら問題ないそうです」

「そうか、じゃあ遠慮なく撃てるな。しかし小石でも死ぬって徹底してんなぁ」

 いや、私だって好きでそうなってるんじゃないけどね。



「とりあえず、まずは試しにお姉ちゃんが打ち込んでみてくれる?」

「わかった。……うーん、やっぱり雪ちゃんに攻撃するっていうのは凄くやり辛いね。まぁ当人がやれって言ってるんだし仕方ないか。えいっ!」

 飛んできた【火矢】をノーガードで胸に受ける。流石に顔面はちょっと怖かったので少し上に動いたけどね。
 っていうかお姉ちゃん、なんでわざわざ顔を狙ったんだよ。いいんだけどさ。
 特にダメージが入ることも無く、【火矢】は私の胸の前に留まっている。このまま消えるのも勿体ないし吸っておくか。

「うぅ、手加減とかしてないのに無傷で受け止められた上に食べられた……」

「いや、なんかごめん」

「ううん、雪ちゃんが悪い訳じゃないからいいの。もっと頑張らないとって思っただけだよ。それじゃ、どんどん行くよー!」


 言葉通りに遠慮なく叩き込んできたな。胴体で受け止めて、口で吸いこんで食べる。
 受け止めて、食べる。ん、そういえばなんか微妙に味が付いてるな。
 ……あー、そうだ。これお姉ちゃんの味だ。放った魔法に込められた魔力も、直接吸うのと同じ味がするんだな。
 どうでもいいけど「お姉ちゃんの味」って何かちょっと…… うん、要らない事を考えるのはやめよう。

「はぁ、はぁー…… ふぅ。もう無いや。うーん、一気にMPが空に近づくと少しつらいね」

 お、打ち止めか。撃たれた魔法を食べたおかげで、少しずつだけどMPが回復してるし【妖精吐息】で癒してあげよう。お礼代わりにもなるしね。

「ふーーっと。ありがとね、お姉ちゃん」

 ふらつき気味だったのでいつもより多めにかけておいた。

「大分楽になったよ、ありがとー。それじゃみなさんも順番に、遠慮なくバンバン当ててあげてくださいね。頑張ればその分、一杯気持ちよくして貰えるかもしれませんよ?」

 ちょっと待て、要らん事を言うんじゃないよ。皆すごいテンション上がってるじゃないか。
 おいそこ、わざわざポーション飲むな。余ってるMPだけで良いんだよ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ