挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
70/438

70:お茶を振舞おう。

 結論から言えば、お茶はとても好評だった。
 ただ、道具が足りてないという問題があったけどね。
 自分が自由にお湯を出せるから、やかんを用意するっていう発想が抜けてたのだ。
 管理室に置いて無かったら、私が給湯機にならなくちゃいけないところだったよ……
 その方が喜びそうな人もいるけどそれはまぁ置いとくとして。

 お茶請けは私がバラから採ってくる蜜しかなかったけど、皆楽しんでくれたようで良かった。
 販売額を考えればそれなりに高価ではあるけど、元手はタダだしね。
 勤務時間外だからかモニカさんも少し砕けた感じで話してくれて、三人と少し仲良くなったっぽい。
 でも私だけは未だに様付けなんだよなぁ。なんとかならないものか。
 ……うん、多分ならないな。さっさと諦めておこう。


 お喋りしている最中、ふとモニカさんが慌てた顔になる。

「申し訳ございません、白雪様。姫様からのお届け物を預かっていたのを失念しておりました。直ちに持って参ります」

 あ、そういえば服を届けてくれてるんだったっけ。
 別にそんな急がなくてもいいのに。……ってなんか箱大きくないか? 少し嫌な予感がするんだけど。

「こちらになります。ご確認ください」

 持ってきた大きな箱を開いて、机の上の空いたスペースに私より少し大きいくらいの箱が置かれた。
 おや、クローゼットも一緒にくれたのかな。開けてみよう。

 ……いや、明らかに選んだ覚えのない服まで入ってるんだけど。
 横に置かれたシルク用のクローゼットにも追加で数着。選んだ意味があんまり無くない?


「えっと、なんか予定より多いんですけど?」

「好きに組み合わせろ、と仰っておりましたね」

 まぁ確かにあれだけじゃパターンは限られるだろうけどさ。
 どうせ返そうとしても断られるだけだろうから、大人しく受け取っておくか……

「いいなぁ。実戦用の防具ってあんまり可愛くないんだよね」

 そりゃそうだろ。機能美はあるかもしれないけども。

「雪ちゃん、これ今着てみせ」

「着ない。それでは、確かに受け取りました。申し訳ないのですが、私の部屋に両方とも設置して貰えますか?」

「かしこまりました」

 しょんぼりしてるお姉ちゃんはスルーしておこう。なんで無駄に人前で着替えを披露しなきゃならないんだよ。
 モニカさんが屋根を持ち上げ、箱を壁際に置いてくれた。一緒にシルクに合わせたサイズの姿見も設置される。うん、まぁ確かにそっちにサイズを合わせれば一枚で済むよね。



 さて、そろそろお開きかな…… っと、そうだ。

「モニカさん、使用済みの葉で良いので一人分淹れて貰えますか?」

「はい。これをどのように?」

「お風呂に注いで下さい。……ってしまった」

 自分から進んでお姉ちゃんに見せてしまったぞ。
 まぁ無茶な事を言いだしても普通に対応すればいいか。

「かしこまりました。では、後で飲ませて頂いても?」

「良い訳が無いでしょう!?」

 いや、もっとヤバい人が目の前に居たわ。何が「では」なんだよ。意味わかんないよ。
 残念そうな顔をするんじゃない。皆思いっきり引いてるぞ。


「か、可愛いお風呂だねっ!」

 お姉ちゃんが頑張って無かったことにしようとしている。

「え、えぇ。よくお似合いかと。しかし、今注ぐと入る時には冷めてしまっているのではありませんか?」

「あぁ、追いだき機能が付いてるから大丈夫。あと一応蓋もしておくよ」

「ほー、便利なもんだな。っていうか、大丈夫なのか?」

 省略されてるけど、アヤメさんの言いたい事は大体解る。というか解らざるを得ない。

「あー、うん、王女様は『手を出したりする事は無いと思うが』って言ってた」

「断言はしてくれないんだな」

「うん、まぁ大丈夫…… だと思う、多分」


 などと言っている間に注ぎ終わっていたので、【魔力武具】で作った蓋をカップに乗せておいた。
 気休め程度にはなるだろう。

「失敬な。私は人畜無害なただの庭師ですとも」

 あ、やっぱり聞こえてた。まぁ【聴覚強化】持ちだしね。

「いや、無害な庭師はお風呂の残り湯を飲ませろとか言いませんので」

「手は出さないのでセーフです」

「いや、余裕でアウトでしょう。疑いの余地も無く」

「再審を要求します」

「アリア様に報告しますよ?」

「取り下げます」

 流石に首にはならないだろうけど、苦情が入れば配置換えくらいはされるだろうからな。
 条件から【細工】を外せば多分まだ何人か候補はいるだろうし。


 さて、それじゃ今度こそお開きにしよう。
 って、このサイズのカップを洗う場所も家には無いじゃないか。
 この庭無駄にスペースあるし、給湯室だけでも作るべきか……?
 まぁそんな物すぐには出来ないし、モニカさんにお願いして場所を貸してもらおう。
 頼んでみたら自分がやると言い張られてしまった。仕方ない。

「それじゃシルクはお手伝いに行って来てくれるかな?」

 家事がやりたいのか、洗い物を見て少しうずうずしてるし。

「何か変な事をされそうになったら逃げて来るんだよ」

「手は出さないと言っているではないですか。こんなかわいい子に手伝って貰えるだけでとても幸せです」

 つい、で出しそうだから言ってるんだよ。


「さて、それじゃそろそろログアウトするかい?」

「あ、お姉ちゃん」

「ん?」

「今MP余ってる?」

「どうしたの? お腹空いた?」

「役場の中庭で私に攻撃魔法を撃ってほしいんだ。あぁいや、なかなか【MND強化】が上がらないから試しにね」

「びっくりした。さっきのモニカさんの発言があるから余計に驚いたよ」

「大丈夫、変な趣味がある訳じゃないから」

「うん、解ったよ。それじゃ一緒に役場に行こう。二人はどうする?」

「なんか面白そうだから私も見に行こうかね」

「私も同じくですね。それに、万が一何かがあったとしても回復することができますし」


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ