挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
67/498

67:服を貰おう。

 アリア様に勧められる服を受け取って試着室で着替え、表に出てクルッと回って見せる。
 もう何着目か解らないけど、服の着替えって結構疲れるんだよね。
 シルクはコレットさんに手伝って貰って着替えてるみたいだ。
 色々な服を着られるのが楽しいみたいだな。着替えるたびにわざわざ私の前に笑顔で見せに来る。

 というかそろそろ切り上げないと、今日の分の草取りのお仕事に差し支えるな。
 お仕事というか、むしろ大事なのは訓練で消費した結晶の補充だけど。


「すみません、そろそろ裏庭の草取りの仕事があるのでお暇したいのですが」

「おぉ、そうか。済まんな、長い事引き留めてしまった。詫びと言っては何だが、それぞれ気に入った服があれば幾つか譲ろう。家まで届けさせるので、持ち帰る手間は考えなくていいぞ」

 むぅ、普通の服を入手するチャンスか。可愛らしい服ばかりなのがちょっと気になるけどそこは仕方ない。
 現実の私だと着られないようなデザインが大半なんだよね。お姉ちゃんはそんなこと無いって言ってくれるけど、自分が違和感に耐えられなくて……
 まぁこちらでなら眼光も抑えられてるし、ギリギリセーフだろうか。


「有難う御座います。それでは御言葉に甘えて…… これとこれをお願いします。シルクは気に入ったのはある?」

 問われてふむーと考え込むシルク。ややあって二着……というか二セットを選び出し、今着ている物の裾をクイクイと引っ張って見せる。それもって事かな。
 っていけない、私も最後の奴を着たままだった。
 うん、これもいい感じだし一緒にお願いしてみようかな。

「シルクはこれらと今着ている服が良い様です。あと、私が今着ている物も良いでしょうか?」

「なんだ、それだけか? もっと沢山選んで良いのだぞ?」

「いえ、これでも頂き過ぎな位ですので」

「ふむ、そうか。ではそれらは後で家まで届けておく。今着ている物はどうする? そのまま着て行くか?」

「はい、そうさせて頂きます」


 ってそういえばシルクに服を着替えさせて送還したら服はどうなるんだ?

「すみません、少し確認したい事が。シルク、ちょっと一旦戻ってもらうよ」

 疑問符を浮かべるシルクを送還する。服がその場に残って落ちたりはしなかったな。
 横に置いていた元の服はそのまま残っている。
 再度召喚すると先程の服をちゃんと着ていた。装備は召喚獣と一緒にまとめて扱われるみたいだな。
 とりあえずシルクの元の服は私のボックスに格納しておくか。

「あぁ、成程。装備を換えて呼び直すとどうなるかを見たかったのか」

「はい、大丈夫みたいですね。それでは失礼させて頂きます」

「うむ、またな」



 さて、草取りに行くのはいいんだがシルクはどうしようかな。
 むしってからだと吸える量が減りそうだから、手伝ってもらう事も無いんだよね。
 ポチと一緒に遊んで待ってて貰おうかな?
 などと考えつつ一階に降りると、ライサさんがこちらを見て一瞬固まり、ダッシュで駆け寄……ろうとしたところで唐突に出現したジョージさんに顔面を掴まれた。あー、痛そう。

「仕事しやがれバカタレが。っつーかその勢いでぶつかったらあいつ死ぬだろうが」

「もう落ち着きました。ちゃんと手前で止まるつもりでしたよ。痛いのでとっとと放してください」


「ったく。で、白雪はその子を預けるか考えてたのか?」

 心でも読めるのかこの人は。

「あー、はい。でも託児所じゃあるまいし、いいのかなぁと」

「お前、毎日犬猫預けといて今更だろ。あとそこのバカは大歓迎ですって顔してないでさっさと受付に戻れや」

「くっ、無念。……白雪様、とてもよくお似合いです」

 褒めながら去っていった。
 黙ってれば普通に綺麗な人なのになぁ。身内にも一人そんな感じの人が居るけどさ。

「まぁアレは放っておくとして、騒いだり暴れたりしないなら構わないぞ。出来るな?」

 ジョージさんが直接シルクに問いかけ、シルクがそれに対して頷く。私置いてけぼり。いや、別に良いんだけども。
 それじゃ私が戻ってくるまで、ポチと仲良く遊んでてね。



 さて、吸いまくる前に植物に【吸血】が使えるかどうか試してみるか。
 いや、吸血も吸う事には変わりない……どうでもいいな。うん。
 とりあえず手近な雑草を掴んでーって待った待った。ここで使ったら警報がなっちゃうよ。
 【血肉魔法】は登録してないんだった。というか流石にこれは多分通らないよね。
 という訳で今回もお預けだな。試す機会が来るのが先か、他にスキルが増えて控えに落とされるのが先か。


 気を取り直して【吸精】で片っ端から吸いまくって、魔力結晶(お弁当)を量産していく。
 そういえばこれ、ちょっとずつ進めて行ってるのはいいんだけど、処理し終わった所に何か対策しておかないとまた生えて来るんじゃないの?
 後でその辺の事を聞いておこうかな。もうやってるかも知れないけど一応ね。
 まぁ正直な事を言うなら無限ループでも一向に構わないんだけど。
 ここは人の目が殆どないから安心していろいろ出来るしね。いろいろって言うか結晶の精製だけど。
 とはいえ仕事として受けている以上は、ちゃんと終わらせる努力をするべきだろう。


 黙々と処理を続けていたらメッセージの届く音が聞こえた。もうそんな時刻か。
 返信でいつも通りに噴水広場で待ち合わせという事にして、受付に戻って回収しよう。

 さて、ふたりは何してるかな? ポチは大人しく寝てるけど、シルクはライサさんに捕まってるな。
 いや、捕まってるというか本を読んで貰ってるっぽいけど。何読んでるんだろ?

「すいませーん、戻ってきましたー。大人しくしてましたか?」

「はい。ええと……すみません、この子のお名前を伺ってもよろしいですか?」

「あ、そういえば紹介してないですね。この子は召喚獣のシルクです」

「シルク様ですね。えぇ、とても良い子にしておりましたよ」

 話しながらライサさんの手にある本の表紙に視線を落とす。
 ……いや、「はじめてのらち」って。うちの子に何教えてるんだよ、この人。
 というか本当、なんなんだよこのシリーズは。誰だこんな本を役場に揃えてるのは。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ