挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
66/501

66:お茶を買おう。

 荷物で両手の塞がったシルクの代わりにドアの開け閉めを行い、買ってきた布をタオルがあった部屋に置いてもらう。
 さて、これから何を…… って紅茶も買おうと思ってたのに、すっかり忘れてたよ。もう一回行ってくるか。
 入り口の門をくぐってからポチを召喚した。よしよし、もっかいおさんぽだぞー。


 露店エリアに戻って来たけど、お茶を売っているお店がなかなか見つからない。
 食堂や屋台でも出てたくらいだし売ってないって事は無いと思うんだけど……
 南通りに専門店でもあるのかな? とか考えてたらシルクが肩を叩いてきた。
 あ、あったのか。ありがとねー。

 うーん、色々種類があるけどあんまり詳しくないんだよねぇ。
 というかなんか一種類だけお手頃価格で、他は全部お高いな。
 ここで栽培されてるお茶と本土からの輸入物っていう違いなのかな?
 あ、これお茶に詳しいとかあんまり関係なさそうだぞ。
 缶を見てみたらゲーム内の産地名が書かれてるもの。なんだこの誰も得しないであろう仕様。
 でも、紅茶好きが居たら既に現実の茶葉との比較とかまとめられてそうだな。


 どうしよっかな。用途を考えると安物でもいいんだけど、銅貨十枚から三十枚くらいか。
 だんだん手持ちの銅貨も減ってきてるし、いっそのこと銀貨でちょっと良いお茶を買ってお姉ちゃん達にふるまうのもいいな。
 と言っても提供するだけで、淹れるのは私じゃないんだけど。

 よし、丁度今目の前にある銀貨二枚のやつにしよう。
 味の違いはよく判らないけど、お値段相応であることを期待する。
 もしそれぞれが結構違う味だったとして、お姉ちゃん達の口に合わなくてもまぁそれはそれで仕方ない。
 その時は当初の目的通り、入浴剤として消費しきってしまえば良いのだ。


 値の張る商品を勝手に触るのもよくないだろうし、店の人に手を振ってアピールしてから欲しい缶を指さす。

「ん、これが欲しいのか?」

 頷いてから銀貨を一枚ずつお兄さんの前に置き、ポチの背中にカゴを付ける。
 そしてジェスチャーで「ここにのっけてー」と主張。

「はい、確かに。ここに置けばいいんだな。紐で固定してやろうか?」

 首を振って「だいじょうぶだよー」と伝えて、カゴを変形させて缶を固定した。
 これならちょっと走りまわったくらいでは落ちないはずだ。

「おお、便利なもんだな。それじゃ、またよろしくな」


 手を振ってその場を離れる。もう買い忘れた物や南側に用事は無いかな?
 あ、訓練スペースに棚を作ろうと思ってたんだっけ。木材も適当に見繕って買っていこう。

 うん、銅貨一枚で十分すぎる程買えた。というか端材を無料でくれようとしたから銅貨を押し付けた。
 まぁ私が必要とする量なんてたかが知れてるもんね。これもポチにお願いしよう。

 まだ何かあるかな?
 そうだ。自分でやると【MND強化】の伸びが悪かったけど、人に撃って貰ったらどうかな?
 確か南通りに訓練場があったよね。誰かいたらお願いしてみよう。
 でも何かトラブルが起きて死んだらポチに乗せてる荷物がどうなるか判らないし、とりあえず一度荷物を置きに帰ろう。



 あー、そういえば門があるんだった。出る時にわざわざ表で呼んだのに何で忘れてるんだ。

「シルク、これ開けられる?」

 どうだろ? って顔して試しに行ってくれた。あ、重そうだけどなんとか行けたみたい。よしポチ、入るのだ。
 置いたらまた通るとはいえ開けっ放しは良くないし、閉めるのもお願いね。


 紅茶の缶、どこに置いておこうかな? とりあえずホールに置いておけばいいか。夜に片付けよう。
 木材も一旦ホールに置いておこうか。シルク、お願いね。力のないご主人様はドア係に徹するよ。

 さて、若干卑屈になりつつも荷物を置き終わったし訓練所に出発だ。
 ……と思ったけど、そろそろ役場に行こうかな。草取りもあるし、その前にアリア様の所に顔を出さないとだしね。
 という訳で改めて出発だ。



 役場に着いたのはいいんだけど、アリア様に会うにはどうすればいいのかな?
 そもそも本来アポなしで訪問していい相手では無いな。
 とりあえずライサさんに聞いてみよう。多分ジョージさんが聞きつけて来るだろうけど、最初からジョージさんを呼ぶのも何か違う気がするしね。

「こんにちは。アリア様にお会いしたいのですが……」

「はい。来られましたら通すようにと言われておりますので、どうぞ二階へお上がりください」

 あー、まぁ来いって言ったくらいだし受付に言ってあるか。

「解りました。それと、今日もポチをお願いします」

「はい、お任せください」

 妨害に近い事をしておいて何だけど、仕事はしてね? まぁ大丈夫だと信じて二階へ上がろう。


 例によってジョージさんが待機してるな。

「こんにちはー。呼ばれたので来ました」

 いつも通り中へ合図してからドアを開けてくれるので、頭を下げつつ入らせてもらう。

「頑張れよ」

 嫌な予感しかしない言葉をすれ違いざまにかけないでくれ。帰りたくなるから。


「よく来たな。では早速だが、その子を紹介して貰えるかな? あぁ、先に自分から名乗るべきだな。私はアリア、このメイドがコレットだ」

 自分の名前を省略したけど良いのか? まぁ私がどうこう言う事ではないか。正式に名乗る価値も無いって思ってる訳じゃないだろうし。

「この子は私の召喚獣のシルク、種族はシルキーです。…………はい、よくできました。あ、ちなみに喋る事は出来ないみたいです」

「うむ。よろしくな、シルク」


 さて、紹介も終わった事だし帰

「それでは早速だが二人とも、その机の上に立ってくれるか? コレット、箱を出してくれ」

 ですよね。
 置かれた箱は側面が上に開くようになっており、中に一本のハンガーをかけるポールが通してあった。
 当然そこには服がかかっている訳で。いや、多くない? なんでこんなに私サイズの服が揃ってるんだ。
 あ、人形用か。サイズは合ってても、着心地の問題とかありそうだけど。
 流石にシルクの分は…… いや、もう一箱出て来た。まぁあるよね。少し大きいとはいえ、人形サイズには違いないし。

「さあ、二人とも脱ぐが良い」

「いや、私これの下何もつけてないんで。流石に勘弁して下さい」

「うむ、流石に冗談だ。その上からで良いし、これを使え。……だがシルクは気にしないようだな」

 っておい、えらく勢いよく脱いだな。着てみたいのか…… でも、あんまり人前で脱いだら駄目だよ?
 で、「これ」っていうのはコレットさんが今持ってきた箱型の試着室のような物か。
 むぅ、着るしかないのか。いや、本当に嫌がれば強要はしないだろうけどさ。
 まぁ諦めてお人形になるとしますかね。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ