挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
64/465

64:自分に撃とう。

 右手から発射した魔法を左手で受け止め、それを吸い込みリサイクル。
 撃てば撃つだけお腹が空くんだから、少しでも節約していこう。
 まぁ風魔法は飛び散っちゃうから上手く吸えないんだけど、それくらいは妥協だ。

 手の平に当たった時にチクッと傷む位に調整して撃ち続けてるんだけど、普通の人が受けたらどの位の威力があるんだろう?
 試しに【水魔法】の【水矢(アクアアロー)】を至近距離から的に当ててみたら、殆ど威力の減衰も無く簡単に貫通してしまった。
 むぅ、私はこんなものを自分の手に撃っているのか…… いや、気にしても仕方ないな。【MND強化】のレベルが上がればもっと酷い事になるんだろうし。


 お腹が空いてきたのでお弁当を何個か食べて補給する。
 あ、そういえば昨日【魔力武具】が熱を通すのかどうかってのを確認しようとか考えてたな。思い出したし試してみよう。

 地表に降りて【魔力武具】で足のついた鍋を作って、【大洪水】で水を注ぐ。
 火はどうしよう。吹けばいいか。
 鍋の下に向けてしばらく火を吹き続けてみた。さて、水は暖まったかな?
 ……駄目だな、常温のままだ。というかそもそも鍋自体はどれくらいの温度に耐えられるんだ?

 そっちも試してみよう。お鍋は消して、三十センチくらいの長さの棒を作って火を吹きかける。
 なんの変化も無いので少しづつ強めていこう。
 お、なんか先端が少し減っていってる。全力の一歩手前まで耐えるとは、かなり頑丈なんだな。
 それでも持ってる手は全然熱くないから、熱は全く伝えない感じなのかな?
 まぁ鍋やフライパンには出来ないって事は解ったしそれでいいか。訓練に戻ろう。


 自分の手に向かって魔法を撃ち続ける。
 そういえば【石弾】とかどう見ても物理攻撃なんだけど、何故か耐えられるんだよね。
 他の属性もそうなんだけど、威力が低ければ魔法で出した物の影響を受けない謎仕様だ。
 自分よりも大きな岩を出してみたけど片手で簡単に振り回せるし、水の塊が落ちてきても押し流されない。
 ただ、びしょびしょになって乾かすのが大変だった。
 しかしその割にお風呂は温かかったな。いまいちよく解らん。

 ただ、【吸精】で魔力を吸い取る時には気を付けないといけない。
 大岩を持ったまま吸い取ったら、その瞬間に見た目通りの重量になってしまい危うく押し潰されるところだったよ。
 これって逆に、威力を高めた小石を人に渡したら手を地面に縫い付けられてしまったりするんだろうか?
 気にはなるけど、わざわざ試すほどの事でもないな。



 さて、そろそろお昼だ。珠ちゃん達を回収しておばちゃんのお店に行こうかな。
 うーん、【MND強化】の伸びが悪い。自分の攻撃だと駄目なのかな? 一応レベルは上がってるから無駄って事は無いだろうけど。
 まぁいいか。珠ちゃん、太郎、お待たせ。って仲良く気持ちよさそうに寝てる。
 とりあえず私も混ざるか。うむ、しあわせ。

 このままお昼寝したくもあるけど、我慢してふたりを還して表に出る。
 よし、それじゃポチとシルクを呼ぼう。おさんぽの時間だぞー。


 やっぱりシルクと一緒だからか、いつもより見られるな。元々見られ過ぎだから誤差だけど。

「いらっしゃい、話は聞いてるよ。その子がシルクちゃんだね」

 あー、もうこの一帯の屋台に名前が通っちゃってるんだろうなぁ。
 紹介の必要とか無くて楽ではあるんだけどさ。

 シルクがおばちゃんに丁寧にお辞儀したので頭を撫でる。はい、よくできました。

「うん、よろしくね。で、今日は何にするんだい?」

 どうしよっかな。シルクに選ばせてみようか。
 あぁ、でもどれも食べた事が無いのかな? ってなんかリンゴ見てるな。じゃあリンゴにしてみよう。
 いつものようにぺちぺち叩いて知らせる。

「はいよ、ちょっと待っててね」


 リンゴの皮をむいて小さく切り、皿にのせて置いてくれる。
 あれ、皮を短く切ってる?

「ほれ、これはワンちゃんの分」

 あ、犬ってリンゴも食べられるんだっけか。
 上げ過ぎは良くないだろうけど少しなら大丈夫だよね。
 そもそも召喚獣は食事で影響がでるのかって話からになるんだけどさ。

 まぁそれはいいとしてリンゴが美味しい。シルクも美味しそうに食べてるな。
 これにも蜜をかけて食べていたら、じーっと見ていたのでシルクの分にもかけてあげた。
 おぉ、幸せそうだな。


 さて、リンゴは美味しかった訳だが。
 目の前には期待に満ちた目の人々が居る訳で。
 今日は持ってるから良いけど、いつも販売するって思われても困るな。
 ここはおばちゃんの店であって、私の店じゃないんだし。

 あ、昨日の兎さんが居る。また頼もうかな。

「はいはーい、また中継かな?」

「すいません、お願いします。ではまず初めに、今日はたまたま蜜を持っていますが、常にある訳ではないので蜜を買えるという前提で集まらないようにお願いします、と」

「これより配給を始める! 施しを欲するものは一列にってちょっと待ってちょっと待って。謝るから。それ仕舞って下さいマジでごめんなさい」

 だから捏造するなと言ってるだろう。威嚇の為に手に乗せた魔力球モドキを吸い取って消しておく。
 そもそもこんなところであんな危ない物を出すつもりは無いから、ちょっと見た目をそれっぽくしただけの【魔力弾】だけどね。


「伝えてくれるっていうなら、ちゃんとお願いしますよ」

「ごめん、ふざけすぎたよ。うん。今日は持ってるから良いけど、いつも持ってる訳じゃないから期待して集まられると困るそうでーす」

「今日は大丈夫なので、欲しい人は一列に並んで順番にお願いします」

「今日は販売するから、欲しい人は並んで順番にどうぞ。値段は銅貨二枚、この店で買った物にしかかけません。だよね?」

「あ、はい。ありがとうございます」

「どういたしまして。という訳でまずは私の分、お願いします」

 いや、いいんだけどなんかブーイングされてるぞ?

「マイク替わりのお仕事したんだから当然の権利でーす! ほらほら、早く並ばないと売り切れちゃうかもよー?」

 開き直ったな。まぁ助かってるしこっちは何も文句は無いよ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ