挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

63/709

63:手伝おうとしよう。

 役場に向かう途中、猫車のような物で土砂を運んでいる四人組を見かけた。
 熊さんとおじさんも手伝ってるんだな。パーティーメンバーが出られないから、さっさと終わらせるために仕方なく手伝ってるんだろうか。

 あの土砂、町の外から集めてきてるのかな? だとしたら敵も居るだろうし、かなり大変そうだ。
 あそこまでの大穴を開ける必要は無かったんだし、流石に申し訳ないなぁ。デスペナだけでも十分重い罰なのに、翌日も潰す羽目になってるし。
 何か手伝えればいいんだけど…… とりあえず声をかけてみるか。



「おはようございます。あの、何か手伝えることはありませんか?」

「あ、妖精さんおはよう。大丈夫だよ、身から出た錆って奴さ」

「そりゃあんたらはねー。私らはしゃーなしだよー?」

「あぁ、索敵担当と魔法担当が欠けたままなのは困るからな」

「でもあんな必要以上の大穴を開けたのは私ですし……」

「気にしないで。それにこういう言い方するのは悪いと思うし皆に怒られそうだけど、この作業は妖精さんのサイズだとあまり出来る事が無いと思うんだ」

 うぅ、痛い所をついてくる。
 実際集めることも運ぶことも出来ないもんなぁ。
 中庭と違って後々建物を作る事考えたら、砂でごまかす訳にもいかないし。
 【土魔法】をもっと鍛えてたら…… でも使えたとしてもペナルティのせいで、あの量の土を出そうと思ったらどれくらいMPが必要になる事やら。


「てか妖精さんの手を煩わせてたら、追加で制裁されそうだよねー」

 いや、流石にそれは…… 無いよね?

「無いって言いきれないのが怖いな」

 有り得るのかよ。実に怖い世の中だな。
 あ、そういえば今日は魔人さんが全然喋ってないな。

「しかし何やら妙に大人しいですね。何かあったんですか?」

「あぁ、なんか現実側でも怒られたらしいよ。少しは考えて行動しろとか人の迷惑を考えろとか色々と」

「なるほど」

 それでか。そっちは本当に自業自得だから擁護のしようもないな。



「まぁそういう訳だから、妖精さんは気にせず行ってくれて大丈夫だよ」

 むぅ、これ以上食い下がっても邪魔になるだけだし諦めるか……
 あ、そうだ。これくらいなら良いだろ。

「お、ありがとう。助かるよ」

「おー、これが妖精さんのスキルかー。確かに気持ちいーねぇー、ありがと」

「わぁ、私にも! ありがとー!」

「げぇっ、復活しやがった。こいつには要らなかったんじゃないか? あぁ、礼を言わなきゃな。ありがとう」


「それじゃ、すいませんけど頑張って下さい。失礼します」

「おかげさまで疲れも取れた事だし頑張るよ。……というか、これならすぐに終わるかもな」

 ん、どういうことだ? あれ、何か周りに居た人が減った?
 まぁいいか。手を振って役場に行こう。ばいばーい。
 って今回も名乗れてないぞ。なんかこのまま名乗りあえないんじゃないかって気がしてきた。
 いや、覚えてたら普通に会話にねじ込めばいいだけなんだけどさ。



 さて、役場に着いた。のはいいけど結局何やるか考えてないぞ。
 まぁ普通に各種魔法の訓練をしようか。さっきも【土魔法】鍛えてあればなーって思ったんだし。
 っていうか普通はそうなんだよね。そんなポンポン新しいスキルが取れるのがおかしいんだよ。
 実際、数時間金属をいじりまわしても【細工】も【金工】も取れてないもの。


「おはようございます」

「おはようございます、白雪様。今日はどのような?」

 いつも通りライサさんのカウンターに行って挨拶をする。

「いえ、特には無いんですが中庭で訓練する間珠ちゃんを預けようかと。あ、そうだ。同時にふたりまで呼べるようになりましたよ」

「なんと。では犬さんも一緒という事でしょうか?」

 それでもいいけど、せっかくだから紹介がてら太郎を呼ぼうか。
 いや、紹介する必要があるのか? って言われると無いんだけど。

「新しい子も増えたので今日はその子をお願いします」

 パネルから珠ちゃんと太郎を召喚する。
 あ、猫とハムスターを一緒に呼んで大丈夫だろうか……?
 あっこれ多分大丈夫だ。ていうかなんで太郎は珠ちゃんの頭に上に出てきてんのさ。


「おぉ、これは……」

 太郎の前にライサさんが指を差し出すと、両手で指先を掴んだ。
 挨拶のつもりなのか本能でなんとなく掴んだのかはよく判らないけど、とりあえず可愛いから良し。

「それじゃお願いします。あ、連れて帰らないで下さいね?」

「はい、ご安心ください。大丈夫です、大丈夫……大丈夫」

 いや、全然安心できないんだけど。まぁ召喚解除で回収できるだろうから問題ないんだけどさ。
 二匹を撫でてから放流する。楽しんでこいよー。



 中庭に出るとジョージさんが仁王立ちしてた。

「今日は先に言っとくぞ。いくら使用可能区域だからって、ここでデカいのぶっ放すんじゃねぇぞ?」

「解ってますよぅ。昨日のはついうっかりしてたんですって」

「だから再確認してんだろうがよ。俺はちゃんと言ったからな? 流石にこれで即日発射とかしやがったら叩きだすからな?」

 いやぁ、正直既に出入り禁止にされててもおかしくない自覚はあるからね。

「はい、流石にもういい加減懲りてますよ。今日は普通に基礎訓練だけの予定ですしね。あ、でも【魔力操作】の訓練でちょっと光るかもしれません」

「まぁそれを外に放出しねぇなら問題ねぇよ。それじゃ、精々頑張んな」

 一応激励してくれるあたりやっぱ良い人だな。
 さて、それに応えて頑張りますかね。まずは座禅を組んで【魔力操作】と【魔力感知】のセットからだ。


 属性魔法は威力を弱めて自分の手に当ててみようかな? 【MND強化】の経験値も溜まるかもしれないし。
 まぁ怖いから最低レベルまで落としてから調整していくけど。
 ジョージさんみたいに強力な回復魔法が使えるならまだいいけど、碌な魔法も無いうちから片腕吹っ飛んだりしたら洒落にならないもんね。

 問題は【血肉魔法】だよ。使えるのが【吸血】しかないし、当然かもだけど自分には使えなかった。
 血液って書いてあるけど植物でも行けるかな? って思ったけど、ここの雑草はほぼ全滅してるしね。

 まぁレベルが上がってもっと変な魔法増えられてもなんかコメントに困るし、無理に上げなくてもいいか。
 一応草取りの時に覚えてたら試してみようかな。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ