挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
62/528

62:呼び戻そう。

 前に添えられているシルクの手を押しのけ……られない。
 こら、これ退けなさい。降りられないじゃないか。えーって顔してもダメです。

「もー、いつまで笑ってんのアヤメさん。食べ終わったんだったら行こうよ」

 お皿の陰に銅貨を置いて飛び立ち、北通りに向かって周囲の暖かい視線から逃げる。

「悪い悪い、ほら、シルクちゃん」

「あーっ、また出遅れたぁ!」

 後ろを見ると、太郎もレティさんがちゃっかり確保してた。
 お姉ちゃん、もう少し頑張りましょうって所だな。



「さて、それじゃ行ってきまーす。雪ちゃんも頑張ってね」

「期待してるぞ」

 いや、何をだよ。愉快なトラブルか。

「太郎さんはどうしましょう。ここから歩いて戻れますか?」

 あー、そういえばそうだな。シルクに抱っこして貰うか?
 でも見た感じ、敷地外だと大きさ相応の力しかないっぽいし少し重いかな。

「一旦戻って貰おうか。太郎、おいで」

 一通り撫でまわしてから送還する。太郎もわりと柔らかいな。

「よし。それじゃ行ってらっしゃーい。がんばってねー」

 シルクと一緒に手を振って三人を見送る。
 さて、それじゃ戻ってお仕事しようか。



 園内に入ると、やっぱりシルクの速度が上がった。
 これ、腕力とかも上がってるのかな?
 一旦外に戻ってシルクを呼び戻し、試しに銅貨を持ってもらう。
 三枚目くらいで少し重そうな感じになったし、やっぱり外だと見た目通りくらいかな?

 持ったまま園内に入ってもらうと、片手でも軽々と持てるようになった。
 うん、腕力にも影響はあるみたいだな。返してもらってボックスに放り込んでおく。


 管理室の前まで帰って来た。さて、呼び鈴は……
 あ、この魔法陣か。これに魔力を流せばいいんだな。

 よし。それじゃ戻ってくるまで、シルクに家の中を見せておこうか。おいでおいで。
 ……あー、しまった。天井は高めだからシルクでもぎりぎり大丈夫だけど、ドアが小さいぞ。
 まぁなんとか通れなくもないから、我慢して貰うしかないか…… ごめんよ。

 というか案内しようにも私もちゃんと把握してないし、厨房とお風呂を見せた後は一緒にお家探検といこうか。
 ん、あれ? シルク、屋内に入ったら更に機敏になってない?
 本人に確認してみたら、やっぱり家の中に居る時が一番力を発揮できるらしい。
 銅貨を持たせてみたら、指でつまんで軽々と振り回していた。いや危ないってば。

 しかし、これはありがたい。これなら屋内でも重い物を扱えるぞ。
 こんなちっちゃい子に力仕事をやらせるのはちょっと気まずいけど仕方ない。
 私の方がよっぽどひよわだからね! ……うん、哀しい現実だ。



「白雪様、モニカです。戻って参りました」

 お風呂と厨房、ついでに制御室も見せた所でモニカさんが帰って来た。早いな。
 中途半端な所で打ち切って来てなきゃいいけど…… いや、この人もプロだろうしその辺はちゃんとしてるだろう。
 二人で表まで出て挨拶する。

「シルクはお家の中を見て回っててね。それじゃモニカさん、昨日の瓶をお願いします」

 とりあえず最初の瓶が一杯になるまではバラの蜜を集めよう。
 シルクが付いてこないと解って凄い残念そうな顔をしてるけど、一緒に来て何をするのかと。
 ……いやそもそもシルクが瓶を持てば、わざわざ呼び戻さなくて済むんじゃないか?
 でもそれ言ったらまた崩れ落ちそうだなこの人。やめとくか。


 今日は中央部から出て南側で蜜を集めよう。
 おー、意外と人が居るな。出発前の打ち合わせしてるっぽい人達も居れば、座って何か作ってる人も居る。
 まぁ見られて困る訳でもなし、気にせず集めよう。

 今日も百回分を集めて切り上げる。
 うん、二日でこれならすぐに一瓶は溜まりそうだな。

「今日はここまでにしようと思います。ありがとうございました」

「はい、それでは瓶を仕舞って参ります。お疲れさまでした」

 あ、よく考えたら私も家に戻るんだから一緒に戻れば良かったかな?
 まぁいいか。とりあえず帰ろう。



「ただいまー」

 家に帰って声をかけると、すぐに奥からシルクが出てきた。お留守番ご苦労。
 ん、何か見せたいのかな? 付いていってみよう。

 おー、お風呂がぴかぴか。元々汚れてなかったけど、更に綺麗になってる。
 あれ? でもどうやって掃除したんだろ?
 聞いてみると、近くの部屋に雑巾サイズからバスタオルサイズまで色々な布が置いてあるのを見せてくれた。
 タオルあったのか…… 言っておいてくれれば昨日困らなくて済んだんだけどなぁ。
 まぁいいか。それぞれ二枚ずつあるみたいだし、タオルは買いに行かなくていいかな。
 いや、一応予備で大き目の布を買っておいて、必要に応じて使えるようにしておくか。

 それより今はシルクを褒めてあげよう。えらいえらい。
 まぁそれが仕事と言ったらそれまでなんだけど、やって貰うのが当然って思うようにはなりたくないし。
 あとなんか誇らしげでかわいいし。


 さて、それじゃ昨日全部売っちゃった蜜をまた集めておこうかな。
 なんか今日も同じ流れになりそうな気がするけど。
 【施肥】の分のHPは無いから、一回分は少し少な目だけどまぁ大した問題は無い。
 自分で飲むには少し多いくらいだしね。
 シルクと一緒に庭のテーブルまで行って、太郎を召喚する。
 私は蜜を集めてるから、その間二人で遊んでてね。



 よし、こんなもんかな。えーと、百六十個か。少し集めすぎたかな?
 余っても別に困らないし、別にいいか。テーブルに戻ろう。

「おまたせ、終わったよー」

 遊ぶのをやめてこっちに来る太郎とシルク。
 こらシルク、なでなでするんじゃない。というか何故撫でる。私の方が立場は上のはずだぞ?

「ほら、やめなさい。これから役場に行くから、ふたりとも一旦戻っててね」

 太郎を撫で回してから還し、シルクの頭も撫でる。
 むぅ、髪の毛も凄いさらさらで撫でてて気持ち良いな。モフモフの子たちとは違う気持ちよさがあるよ。
 ずっと撫でてても仕方ないので還そう。うん。

 さて、それじゃ役場に行こうか。
 別に何か用事がある訳じゃないけど、引きこもってても仕方ないしね。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ