挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

570/729

570:行動パターンを知られよう。

「まぁ来た用はそのくらいかな?」

「あ、はい。……てか、私がすぐに帰って来なかったらどうするつもりだったんですか?」

 別に予定聞かれたわけでもないし、ずーっと待ち続けるほどには暇じゃないだろうに。
 私と違って。

「大体この時間帯にここ通るだろうってのは解ってるしなぁ」

「え?」

 なぜ私の行動がバレているのか。
 ……いや、目立ってるし大体察せられてても仕方ないのか?


「いや、ログインしてる時はいつも、外から帰ってきたあの三人とご飯食べに行ってるだろ?」

「はい」

「それは大体この時間帯だし、妖精さんがさっき死んだ後で外に出ていってたのを見た奴が、あの小さい子を連れてなかったって言ってたからな。一度迎えに戻るだろうから、このくらいの時間帯にここで待ってれば通るだろうってわけだよ」

 小さい子っていうとシルクか。
 まあ確かに、私は送還して再召喚の手順で回収せずに、自分で迎えに戻ってるもんなぁ。
 比較的少ないとはいえ役場は一応人の目も有るし、私が通る時間帯も知られてそうだ。


 ……ある意味集団ストーカーと言えるのでは。
 まぁついてくるわけではないし実害も無いから、構わないけどさ。
 ていうか掲示板に私の話をするスレッドが立てられてるくらいだし、かなり今更な話か。

 そこの情報を元に待ち伏せとかする様な人は、多分こっそり排除されるだろう。
 ていうかどうせ捕獲したりは出来ないんだから、待ち伏せされても実際そこまで困る事も無いし。

 普通にお話したい人とかなら、むしろ私は歓迎するし。
 流石にあんまり数が多いと疲れるし、【妖精】の作る何かをくれって押し掛けられるのは困るけど。
 まぁそういう相手は、嫌がるそぶりさえ見せておけば周りの人が助けてくれるだろう。

 ていうか誰も居なくても嫌だったら自分で対処すれば良いしね。
 しつこく付いて来る様なら、最悪の場合通報しちゃうって手もあるし。
 ……通報機能の使い方とか知らないけど、多分システムメニューあたりに有るだろう。
 知らなくても感覚的に使える様じゃないと、そういう機能の意味が薄いし多分大丈夫だ。



「さて。まぁ伝える事も伝えたし、そろそろ行くかね」

「これ、直す金で赤字になるかもな……」

「まぁ俺らも少しは出してやるから大丈夫だろ」

「うんうん、気持ち良かったもんねー」

 暴れる兎にボロボロにされた装備を気にしている羊のお兄さんの肩を、パンパン叩いて行こうぜと促す兎のお兄さん。
 まぁ自分がモフるだけならそこまでボロボロにはされなかっただろうしね。
 実際の暴れっぷりを見てないから、多分だけどね。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ