挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
57/434

57:案内しよう。

 下に向けて押し出した魔力球は加速する事も無く、ゆっくりと降りていった。
 かなり遅いな。着弾まで十秒くらいかかるんじゃないか?
 まぁ暴走して目の前で破裂したら堪ったもんじゃないので、制御に集中していようか。

 なんか悲鳴が聞こえる。
 やだなー皆、何もそんな走って逃げなくても。流石に大袈裟でしょ?
 ギャラリーの輪が最初の倍くらいの大きさになってるよ。


 もう半分は過ぎたかな。
 距離が離れると制御が難しくなるらしく、だんだん甘くなってきた。

「うぅ、怖いー…… もういっそ自分から……っ!」

「おいやめろバカ!」

 えっ。


 我慢できなくなった魔人さんが、目の前まで降りて来た魔力球に平手を叩き込んだ。
 右の手の平が削り取られて消失した直後、魔力球が暴走して一気に膨れ上がり、飛び散った指先と共に二人を飲み込む。


 いつもより高く飛んでおいて良かった。巻き込まれる所だったよ。
 と言っても多分、十メートル以上は余裕があるけどね。
 しかし流石にあれは悪い事をしたなぁ。意図した訳じゃないけど焦らし過ぎた。
 っていうかいつまで光って…… あ、消えた。十秒は持続してたな。

 あー、地面がでっかくくり抜かれてるなぁ。雑草(ごはん)ごと消滅してる。勿体ない。
 直径四十メートル弱ってとこだろうか? これ、埋めるの大変だぞ。



「雪ちゃん凄ーい! 何この魔法!?」

「お疲れさまです」

「派手にとは言ったけど、流石にこれはやり過ぎじゃないか……?」

 穴の淵までお姉ちゃん達が来たので降りていく。


「何の魔法って聞かれると……強いて言うなら【魔力操作】?」

 実質は【純魔法】かもしれないけど警報は鳴ってないし。

「なんか魔法じゃなくて【魔力操作】だって言ってるけど」

「えっ?」

「登録してないから、町中で魔法スキルは使えないし」

「あぁそうか。ごめんごめん、よく考えずにぶっ放せとか言っちゃったよ」

「だからあれは、ただ魔力を外に出してぶつけただけだよ」

「ほー。町中でスキルが使えないから、魔力をぶつけただけだとさ」

「だけって……」


「しかしさっきも言ったけど、やり過ぎじゃないか?」

「いやぁ、まさかここまでだとは思わなくて。MPの使い過ぎでお腹がすいたよ」

 あんまり人前で魔力結晶は出せないからお腹が空きっぱなしだ。
 さっきこっそり食べておけば良かった。

「ミヤコでも食べとくか?」

「人をおにぎりか何かみたいに!?」


「妖精さん酷いよぅ! あんなジワジワ殺さなくてもー!」

「罰を受ける側が我儘を言うなよ。当たってからは一瞬だっただろ?」

 あ、帰って来た。

「いや、もっとスーッと落ちていくと思ってたんですけどね」

「ゆっくりだったねぇ。しかしこれを埋めるのは中々に骨だな」

「すいません、ちょっと注ぎ込み過ぎました」

「いやいや、いいんだよ。悪いのはこいつだし」

「うー、ごめんなさい」

「はい。もう罰も受けたんだから大丈夫ですよ」

 同じ事やったらまたやるけどね。


「おーい、終わったんなら自分で持ちなー」

「おー、悪い悪い。それじゃ妖精さん、埋めに行ってくるから」

「はい、頑張ってください。同じ事が起きない事を祈ってます」

「俺もそう思うよ……しっかり反省させないとな」

「ちゃんと懲りてるよぅ。ほら道具借りに行こう。妖精さん、ばいばーい!」

 あんな目に遭ったのに明るいなぁ。遭わせたの私だけど。


「それじゃご飯食べに行くかー。はい解散かいさーん」

 ギャラリーが散っていった。皆聞き分け良いな。

「あ、その前に役場へ行っておきたいんだけど」

 アヤメさんの提案に待ったをかける。

「ん、どうした?」

「空き地とはいえ町中に大穴開けたし、ちゃんと報告しておいた方が良いかなって」

「あぁ、確かにそうだねぇ。それじゃ、一旦役場に寄っていこうか」

「それでしたら、私は本日の戦利品を換金してきますね。どこで合流しますか?」

「武具店の前の辺りでいいんじゃないか?」

「はい、解りました。それではまた後ほど」



「おや、白雪様。いかがなさいましたか?」

「ちょっと噴水広場の隣の空き地に大穴を開けちゃったので、報告にきました」

「大穴ですか?」

「お前本当に懲りねぇな。別に俺の仕事じゃねぇからどうでも良いけどよ」

 唐突に正直だなジョージさん。

「私が話しているのです。お帰り下さい」

「へいへい」

 素直に帰ったな。今の言う為だけにわざわざ来たのか?


「まぁ色々あって穴が開いてしまったので、こちらで埋め直しはしますが報告をしておこうかと」

「そうですか。なるべく町を破壊しないでおいて頂けると助かります」

 いや、なるべくでいいのか? まぁいいや。

「気を付けます。それじゃ、失礼します」

「はい。またのお越しをお待ちしております」



 南通りでレティさんと合流して、屋台でマスコットになりながらご飯を食べる。
 今日はパンと野菜スープだった。美味しいけど地味だこれ。

「さて、今日はこんなところかな?」

「そうだねー。一旦休憩かな」

 あ、忘れてた。家を貰ったんだし案内しておこう。
 どうせだし詳しい事を言わずに連れて行って驚かせたいな。

「あ、ちょっと皆に来てほしい所があるんだけど良いかな?」

「うん? 私は大丈夫だよ。なんか白雪が付いて来てほしいって言ってるけど」

「はい、いいですよ」

「なになに? もちろん行くよー」

「それじゃこっちに付いて来てね」



「あれ、ここって新しく出来たっていう公園だっけ?」

「そうですね。綺麗です」

「ここに案内したかったの?」

 お姉ちゃんの質問には答えずに中央へ向かってまっすぐ進む。
 そろそろ門だな。

「ん、この奥に行くのか?」

「ここって入って大丈夫なの?」

「うん、いいよ。あ、通ったらちゃんと閉めておいてね」



「というわけで我が家です」

「いやごめん、何がどういう訳なのかさっぱり解んない。あー、これ白雪の家だってさ」

「はぇっ!? これ丸々!?」

「凄いですね……」

「なんか殺されたお詫びに王女様に貰った。あとこの広場が庭だって言われた」

「突っ込み所が多すぎてコメントに困るわ。この広場もだとさ」

「うわぁ……」


「お帰りなさいませ、白雪様。こちらの方々は?」

「どうも。えーと、友人ですかね」

「そうですか。初めまして。私はこの花園の管理人のモニカと申します」

 三人がそれぞれ挨拶を済ませた所でテーブルについてもらう。

「それでは、私はそちらの管理室に居ますので御用があれば声をおかけください」

 モニカさんはそう言って小屋へ帰っていった。



「ところでミヤコ。あんた一緒にまとめて『友人』って紹介されてたぞ」

「さらっと絶縁された!?」

「いや、この姿で姉妹ですって言っても全然説得力ないって思ったから」

「あー、まぁね。姿が違い過ぎて説得力が無いからだそうだ」

「なるほど。……そうだ、それじゃこれからはミヤちゃんって呼んでね!」

 何を言い出すんだこの姉は。というかね。

「いや、あんた白雪に呼ばれても聞こえないじゃん」

「そんなぁ!! うぅ、【聴覚強化】を取るべきかな」

 ソロでやってるんじゃないんだから、そういう無駄遣いはいかんよ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ