挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

566/678

566:宿の話をしながら帰ろう。

「にしても、わざわざテント用意してまで転がるくらいなら、いっそログアウトしちゃえば良いのに」

「寝るだけであればそうでしょうが、先程白雪さんが仰った様に、たとえテントであろうと個室でくつろいで作業をしたいという需要も有りますので」

「あー、まぁそうか。召喚獣にお留守番してもらうにしても、テントにクッションでも置いておけば結構快適だろうしねぇ」

 さっきのポチの犬小屋じゃないけど、更地でじっとしてるよりは何かに入ってた方が落ち着けそう。
 まぁ開けた空間に居る方が好きって子もいるだろうけどね。

 なんだったらテントの中で遊んでて良いよーって言っても良いな。
 はしゃぎすぎてテントを壊さない様に気を付けてねとも言った方が良いかもしれないけど。


「それと、ある程度の期間分を前払いしておいて、休憩所兼倉庫として利用している方もいる様ですわ」

「あー。鞄の容量にも限界があるもんね」

 製造の材料とか、すぐに使わない物を全部持ち歩くわけにもいかないだろう。

 ていうか貸倉庫とか無いのかな?
 まぁ多分有るんだろうけど、個室を借りるついでって事なのかな。


「それにしても不用心じゃない? テントなんてまともに鍵もかけられないでしょ」

 入り口に鍵かけても、普通に壊せば入れるし。

「その点は問題ありませんわ」

「そうなの?」

「貸区画の管理人さんが目を光らせておりますので」

「あー、それは安心だなぁ」

 スペースを借りた人以外が入ったら、不法侵入者として処分(・・)されちゃうんだろうな……
 役場の人達じゃないんだし、少しは穏便に済ませてくれるかもしれないけど。



「逆にお高い施設になりますと、各部屋に専属のメイドさんが付いているところまである様でして」

「うへー、一泊するだけでとんでもない値段取られそう…… って何あれ」

 おしゃべりしながら家に帰ってきたら、うちの門の近くに人だかりが出来てる。
 雰囲気からして揉め事とかでは無さそうだけど、私に何か用が有る人達なのかな?

 ……なんか町の北門で見た覚えがある人も居るし、ちょっと嫌な予感がするよ。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ