挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

565/673

565:宿の話をしよう。

「しかし個室って言っても、そう簡単に取れるものなの?」

 お前が言うのかって言われそうな発言だけど、まぁ【妖精】は色々と例外な感じの生き物だし。
 あと【吸血鬼】もか。
 光の届かない場所なら個室じゃなくても良いとはいえ、誰でも自由に出入りできる場所だと事故が怖いもんね。

「一戸建てを所有しようと思えばこちらでもそれなりにかかりますが、少ない金額から借りられるお部屋が南西区には多数ありますので」

「へー。南西の方はまだ行った事無いんだよねぇ」

「あちらには主にプレイヤー向けの宿泊施設や賃貸物件が並んでおりますわね。現状では、私たちにはあまり用の無い区域かと」

「まぁもう自分の家は持ってるし、そっちに住んでる知り合いも居ないしね」

 宿に泊まってる人は居るかもしれないけど、わざわざ訪ねていく事も無いだろうし。
 開拓者(プレイヤー)用の居住区って感じなんだろうし、家を建てたい人のための空き地が多そうだな。


「こういう所の宿ってどんな感じなの?」

「なんと言いますか、大抵は『普通』と言った感じですわね。平屋か二階建ての、フロントで鍵を借りて個室を借りるといったものです」

 ゲームに出てくる洋風の宿をイメージすれば、大体合ってる感じなのかな。

「あー、よく考えたらこのゲームって、普通のプレイヤーには至ってまともだったね」

「はい」

 一般プレイヤーを対象にした部分で、変に奇をてらってはこないか。
 開発はあくまで特殊な(レア)種族の敵だからな。うん。


「とは言え値段によって質も様々ですし、極端なお話をしますとただ空き地を使う権利だけを借りるお店も有りますわね」

「……えーと、キャンプ場みたいな?」

「はい。各自でテントを張るなりしろという事です。当然ですがその分安いので、意外と借りられている様ですわ」

「せっかく町に居るのにねぇ」

 でもまぁ、個室は確保したいけどお金は出来る限り節約したいって需要は有るのか?
 結構お金使い切ってる人も居るみたいだしね。
 ……シャルロットさんとかカトリーヌさんとか。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ