挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

550/728

550:考えを聞こう。

「確かに過激ですが、それだけ聞くと一度お願いするだけ優しい気もしますわね」

「あー」

 カトリーヌさんの発言に、なんか納得してしまった。
 警告とかせずに問答無用で排除しそうな人が、この町にも結構居るし。


「何を考えてるかは大体判るが、流石に俺らはそのくらいで殺しゃしねーぞ」

「あー、はい。ごめんなさい」

 余ったMPをぎゅーっと圧縮しながら、私の考えを読んだジョージさんに謝っておく。
 まぁ確かに、周りに被害さえ出さなきゃそこまで悪い事じゃないだろうしね。
 ケンカになったのも、何か事情が有ったのかもしれないし。


「その件での問題は、相手を殺した理由だな」

「聞いてくれないからじゃないんですか?」

「まぁ端的に言えばそうなんだが」

「怒ったからですとか、そういう事ではないんですのね」

「アレが怒ったってのは、少なくとも俺は聞いた事が無ぇな。ま、内心どうなのかは誰にも判らんが」

 あー、怒ってても表に出さない人とか居るよね。
 怒らない人だって思われてるから、怒った時は落差で余計に怖く思われちゃうタイプとか。

 あとレティさんみたいに、笑顔のまま実は怒ってる人とか。
 ……怒らせなきゃ良いだけなんだけど、あれ怖いよなぁ。


「詳しく言うならどんな感じなんです?」

「まず『自分で動いてくれないなら私が動かさなくてはいけませんね』と考えたんだな」

「いや、その時点でちょっと違う気もしますけど」

 更に説得するとか色々有るでしょ。

「俺に言われてもな。で、『しかし、激しく動かれると一度に運ぶのは大変です』と」

「いや、まぁそれは確かに難しいでしょうけど……」

 二言目でもう不穏になってきた。
 ていうか一度に運ばなくても、一人を無理矢理担いでいけば他の人も付いて来るんじゃない?
 いや、そのまま解散する可能性も有るけど、それはそれで目的は果たせるだろうし。


「で、『動かなくなっていただければ、問題無く運ぶことが出来ますので』で殺害ってわけだな」

「いや大問題ですよ色々と」

 そりゃ抵抗はされないだろうけどさ。
 別に殺さなくても、縄で縛るなり気絶させるなりで何とかなるだろうに。

「普通はな。その時の奴にとっては、『店の前で暴れている人間の排除』以外は全てがどうでも良い事なんだよ。手持ちの道具がない状況で、一番手っ取り早い手段を選んだだけなんだろう」

「物騒過ぎる……」

 それにしたって意識を奪うだけでも運べるだろうに。
 ……あー、途中で起きて暴れる可能性をゼロにしたのかな……?

 ていうか何でそんな、どう考えたかが判ってるんだろう。
 頼んだ人がびっくりして「なんで殺したんですか」みたいに訊いたのかな?
 聞いた感じ、質問したらなんでも素直に答えてくれそうだし。
 こっちが理解できるかはともかくだけど。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ