挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
54/589

54:工具を試そう。

 さてと。お昼ごはんも食べた事だし、【細工】を教えて貰いに行こうかな。
 確かこの辺りだったはず……と、あった。裏の工房側に回ろう。

 あれ? 普通のドアの横に、新しく妖精サイズのドアが作られてるな。
 壁に穴を開けてまで取り付けてくれたのか。これは助かる。
 よしポチ、一旦還っててね。終わったらまた喚ぶから。

 おー。流石は細工の工房だ。ドアに装飾までしてあるぞ。
 っていうかこのドアノブ、ちゃんと実装されてる!? 凄い精密加工技術だな……
 開けてみると、狭い空間の奥にまたドアが一枚。空調の為ではないだろうし、壁の厚みの関係かな?

 あ、ノックしてないや。内側のドアだけでも叩いておこう。聞こえるかは判らないけど一応ね。
 ……返事は無いけど開けてみよう。ダメなら開けられなくしてあるだろうし。


「お邪魔しまーす……」

 お、普通に開いた。

「あら、いらっしゃい。ドアを作ってみたのだけれど、どうかしら?」

「こんにちは。はい、とても助かります。出入りをする度に人の手を借りずに済みますし」

「あら、褒めてくれるのは実用性だけなの?」

「あっ、いえ。とても綺麗なドアですし、このサイズでちゃんと動くドアノブを作る技術も素晴らしいと思います」

「ありがとう、嬉しいわ。それで、今日も【細工】を習いに来たという事でいいのかしら」

「はい。よろしくお願いします」


「始める前に、以前作ると言っていた【妖精】用の工具を一通り作ってみたの。試してみてくれるかしら?」

 フェルミさんが棚から小さな箱と、木片や金属板を持ってきた。

「はい。この箱に入っているんですね?」

「ええ。そこの端材を使って一通り試してみて貰いたいの。おかしな所があれば言って頂戴ね」

 おぉ、凄い。箱の中には【妖精】サイズの工具がズラッと並んでた。

 金槌や木槌はともかく、よくこんな細い棒でノミとかを作ったな。まぁとりあえず、試してみよう。



 うん、一通り使ってみたけどどれも問題なく使えた。
 少し重く感じたけど、魔力工具の重量が無いのがおかしいのであってこの工具が悪い訳じゃないし。

「大丈夫です。ちゃんと使えましたー」

「そう。ありがとう。それならそのまま使ってもらって、前回の続きをしましょう」

「いいんですか?」

「使う為に作った物だから。それに、耐久テストという意味もあるわ」

「そういう事でしたら、ありがたく使わせてもらいます」

「えぇ、よろしくね」



 ふぅ。やっぱり中々満足の行く出来にはならないなぁ。
 でも少しずつマシにはなってきてるし、あと何日か通えばなんとかなりそう。
 これに限ってはだけど。

「ずっと同じことをやり続けるのも飽きるでしょうし、少し違う事もやってみる?」

 という提案に乗って、針金細工も試させてもらった。
 てか十分の一のサイズで問題なく使えるラジオペンチとかよく作れるな。【細工】って凄い。

 やっぱりこれも、なかなか上手くいかないけど楽しい。
 サンプル用の完成品オブジェがわんこなのも地味にやる気が出る。



「あら、もうこんな時間ね。今日はそろそろ切り上げましょうか」

 おや、黙々と曲げていたら結構時間が経っていたらしい。と言っても二時間ほどか。

「はい。今日もありがとうございました」

「では、またね」

「失礼します」

 二重ドアをくぐり外へ出て、ポチを召喚する。撫でまわしながら次に何をするか考えよう。
 うーむ。あ、そうだ。
 蜂蜜が採れるんだし、きなこ飴でも作ってみようか。
 あ、でもきなこって売ってるんだろうか? とりあえず露店で探してみよう。


 むぅ、大豆はあるけどきなこは見当たらないな。
 まぁ砂糖も貴重だし、わざわざ作る程売れないよね。
 仕方ない、大豆を買って自分で作るしかないかー。

 でも例によって私が持てる量では売ってない。
 どうしたものか…… そうだポチ、ちょっとおいでおいで。お仕事ができたよ。
 【魔力武具】で背中の上にカゴを作って胴体に固定する。これでよし。

 銅貨を一枚取り出して大豆の前まで飛んで行き、店主にアピールする。
 やっぱ重くてフラフラ飛ぶ羽目になるな。おっちゃーん、これちょうだーい。

「おっ、毎度っ! 大豆を一枚分な。この子のカゴに入れればいいんだな?」

 頷いて商品棚に銅貨を置き、大豆が入ったカゴに蓋をする。よしポチ、帰るぞー。
 あ、いや待て。炒る為の調理器具が無い。
 成型は【錬金術】で出来るし、小さめの鉄の塊も買って帰ろう。
 丁度三十センチくらいの奴が売ってた。これでいいや。


 家に帰ろうと花園に戻って来たのはいいんだけど、そういえば中央部には柵があるんだった。
 私は問題ないけどポチが入れない。どうしようか。
 モニカさんを呼んできて、開けてもらうしかないかな?

「お帰りなさいませ、白雪様」

 と思ったら横から現れた。お仕事してたのかな。

「あ、どうも。すいません、ここ開けてもらっていいですか?」

「はい。どうぞお通り下さい」

「ありがとうございます。ポチ、おいでー」


 さて、家に帰って来た訳だが。また問題が発生した。
 これどうやって持って入ろうか…… 
 豆は往復すればいいんだけど、問題は鉄塊だ。むぅ、柔らかくしてちぎって小分けにするか?

「よろしければ、お手伝い致しましょうか?」

 わっ!? 後ろから来てたのか。でも足音とかしてなかったと思うんだけど?
 うん、まぁジョージさんとかもっと神出鬼没だしね。そういうものなんだろう。

「お願いできますか? 一階の訓練スペースに置いて貰えると助かります」

 モニカさんは返事をしつつ二階を持ち上げ、片手でひょいっと大豆と鉄塊を入れてくれた。

「ありがとうございます」

「いえいえ、気軽になんでもお申し付けください」

 ありがたいけど頼り過ぎは良くないよね。
 自分で出来ることが増えるように頑張ろう。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ