挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
53/502

53:お店に貢献しよう。

 さて、無事【光魔法】も覚えられた。そろそろお昼……にはまだちょっと早いか。
 HP満タンだし、経験値稼ぎに【施肥】して回ろうかな。


 あ、そうだ。魔力で包んでおけば持ち運べるんだし、ついでに蜜も集めちゃおう。
 果物とか食べる時とかにちょっと欲しくなることもあるしね。

 【施肥】して【魔力武具】で器を作って【蜜採取】と。
 自分で食べるなら一回分でも少し多い位だけど、わざわざ別けるのも面倒だから一滴をそのまま包んでボックスに放り込む。



 よし、そろそろいいかな。HPはまだ少し余裕があるけど、もうお昼時だし。
 今日もおばちゃんのところで果物を食べよう。何がいいかなー。

 出ていきながら隅の方を見ると、苦戦しているらしく魔人さんがうんうんとうなっていた。
 兎さんは近くのベンチに座ってそれを見ながら何かやってるな。
 横に置いてあるのは細長い棒と鳥の羽…… 矢でも作ってるのかな?

 あ、こっちに気づいた。手振っとくか。またねー。
 兎さんが手を振り返しながら何か言った。あぁ、魔人さんに声かけたのか。目を開けて凄い手振ってる。がんばれよー。


 珠ちゃんは遊び疲れたのかすやすやと寝ていた。
 お腹に飛び込んでモフモフに埋まっても起きなかったので、堪能してから送還する。
 一緒に遊ぶのはお預けだな。残念そうな職員さんたちは気にせずに役場を出て、表でポチを喚び出す。

 よし、おさんぽいくよー。私は安全の為にあんまり近くを飛べないけど仕方ない。
 人に衝突したらポチも還る羽目になっちゃうしね。
 まぁそんなのでも、なんとなく満足そうな雰囲気にはなってくれてるしいいか。



「いらっしゃい! 今日はどれにするんだい?」

 いつもの視線と客引きをすり抜けておばちゃんの店に到着。
 何があるかなー。迷い始めると決まらないからパパッと決めよう。
 よし、これだ。

「はいよ、イチゴね。ちょっと待ってな、すぐ切るから」

 イチゴに練乳はよく聞くけど、蜂蜜はどうなんだろう?
 とりあえず普通に数切れ食べる。うまうま。
 さて、残りで試してみよう。ボックスから取り出した蜜入りカプセルの上に穴を開け、イチゴにだばぁ。
 ふむ、結構いけるな。


「おや、それは何だい?」

 おばちゃんが気になったらしく、声をかけてきた。
 でも声は届かないしな。まぁ食べれば解るだろう。
 さっきの残りを目の前のイチゴにかけて、両手で持っておばちゃんの前まで行って差し出す。

「くれるのかい? ありがとうよ」

 貰った物にトッピングして返してるだけともいうけどね。
 出された指の上にイチゴを乗っけて、お皿に戻る。


「おぉ、蜂蜜かい! こりゃいいねぇ」

 どうやら好評のようだ。
 蜂蜜と聞いて普段以上にこちらへの視線が強まった。
 君ら甘いものに飢えすぎだろう。現実で食べなさいよ。
 いや、どれくらいがプレイヤーなのか知らないけどさ。

「あ、あの……」

 ん? もこもこした髪のお姉さんが遠慮気味に出てきた。
 この人は【獣人(羊)】かな? もこもこ具合だけ見て判断してるけど。


「私にも蜂蜜かけてくれませんか……?」

 その言い方だと、果物じゃなくて本人にかけることになりかねないんですが。
 いや、そのくらい察せるけどさ。イチゴ差し出してるし。

 でも役場にお金貰って卸す以上、あんまりタダで配っちゃいけないよね。
 えーと、あの瓶の容量と価格から考えると…… 一つで銅貨二枚位か。たかっ。


 ボックスから銅貨二枚を取り出して皿に置き、カプセルも取り出して左手で掲げる。
 カプセルを指さし、その後に銅貨を指さす。この量で、この価格ですよーって感じだけど通じるかな?

「えぇっ、高い……」

 あ、通じた。でもしょんぼりしたな。うん、やっぱり一滴でこれは高すぎるよね。
 ぼったくりたい訳じゃないんだけどねぇ。

 あ、ギャラリーに兎族の人が居る。ちょうどいい。手招きしつつ呼びかけよう。

「すいませーん、そこの兎の人ー。ちょっと私の声の中継をお願いできませんかー?」

「えっ、私!? あー、うん。解った。皆、妖精さんのお言葉を伝えるからちょっと静かにしてくれるかなー?」

 いや、お言葉て。謎の扱いは諦めるしかないのか……


「ありがとうございます。えーっと。この量の蜜で銅貨二枚は、高すぎだと感じると思います。でも同じ価格で役場に卸す契約をしているので、あまり安売りする訳にもいかないんです」

「わたしの蜜がたったこれだけで買えるんだよー? やすいくらいだよー? っわひゃーっ!? ごめんごめん、ごめんなさい! 真面目にやるから許してー!」

 滅茶苦茶に改変してるんじゃないよ。しかも舌っ足らずな喋りで。
 最初の敬う様な言い方はなんだったんだよ。
 イラッとしたので、ひんやりする程度に弱めた【凍結吐息】を後頭部にかけて追い回してやった。
 ぶんぶん揺れるウサ耳が危ないのであまり近づけなかったけどさ。
 攻撃って程の物じゃないからPK判定も大丈夫だろう。


「うぅ、冷たい…… それじゃやり直します。私も高いと思うけど同じ値段で役場にも卸してるので、あんまり他所に安売りする訳にもいかないんです。と」

 うん、そうそう。最初からちゃんとやってよ。
 お願いしてる立場で言うのもなんだけど。まぁ改変されるくらいならやってくれない方がマシだからね。

「この値段でも欲しいという方が居ればどうぞ」


 あ、そうだ。

「あと、かけるのはこの店で買った物に限ります」

 他人の店で変な事やり始めるなら、その店の売り上げに貢献せねば。
 そもそも許可取らずに勝手な事やるなよって話だけど。
 兎さんの中継を聞いたおばちゃんがお礼を言ってきたけど、むしろこっちが謝るべきですから。
 手を振って頭を下げておこう。

 それにこの値段じゃそんなに買う人は、っておい。
 行列が出来てるじゃないか…… 高いって言ってたのに先頭に羊さん居るし。
 くそぅ、こうなったらヤケだ。片っ端から蜜まみれにしてやるわー!



 というわけで完売。全部で百七個売り切りました。
 なんか途中から妙な物にも蜂蜜かけてた気がする。キュウリとかトマトとか。
 キュウリはまだ解らなくもないけど、トマトって。
 試したことはないけど意外といけるのかね? まぁいいや。

 せっかく並んでたのに買えなかった人には申し訳ないけど、無い物は仕方ない。
 幸い文句を言う人もいなかった。まぁ怒られてもどうしようも無いんだけど。


 しかし困った。こんなに銅貨持てないぞ。

「どうしたんだい?」

 おばちゃんが聞いてくれたけどどう伝えた物かな?
 そうだ、ボックスから銀貨を一枚出してと。

 用意してくれた銅貨入れのザルと手元の銅貨を交互に指さして見せる。

「両替してほしいのかね?」

 うんうん。


「いいよ。えーっと、何枚かね…… うん、二百十四枚か。はい、それじゃ銀貨二枚と残りの銅貨だ」

 私の前に置いてくれたお金から、銀貨だけを仕舞って飛び立つ。

「ちょっと、忘れ物だよ。白雪ちゃんが稼いだお金なんだから、ちゃんと持ってきな」

 場所代です、場所代。首を振って両手でどうぞどうぞとジェスチャーして伝える。

「強情だねぇ。解った、受け取るからまたおいで。おかげさまで沢山売れたよ。ありがとうね」

 気が変わらないうちに手を振って別れる。ばいばーい。
 ポチ、お待たせー。今日も長時間待たせちゃってごめんよ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ