挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

519/673

519:敵の心配をしよう。

「んあー」

 とりあえず警戒し続けていて少し疲れた気がするので、ベッドの上で転がって思いっきり伸びをする。
 うーん、安全って素敵。


 しかしあれは無いわー。
 敵が合体技みたいなことしてくるとか聞いてないよ。

 視界の端で見えてただけだし、私からだと位置的にちゃんと見えはしなかったけど、協力してより高くジャンプしてきた。
 いや、協力っていうか一体を犠牲にして、だったっぽいけど。

 まっすぐ並んだ二体がほぼ同時に……
 いや、後ろの子が一瞬遅れて飛んで、前転しながら前の子のほぼ真下に潜り込み、前の子と後ろの子が足をしっかり合わせて同時にキックしたのかな?
 上に居た方が更に高く飛んで、下の子は頭から地面に激突してるのが見えた気がする。

 多分あれ、死ぬか大怪我してるよなぁ。
 いや、殺しに来た相手なんだから心配する必要は無いんだけどさ。


 正直、前の子が地上で転がって後ろの子が飛び乗って、それで蹴り上げれば地面に激突した分の力も使えたんじゃないかと思う。
 怪我もしないし。

 別に敵の技にダメ出しする意味は無いし、むしろ未熟な方が助かるんだけどさ。
 あれは酷いでしょ。
 ……いや、正直後ろの子が地面に突っ込んだのに驚いて反応が遅れたんだから、あながち無駄でも無かったんだけどさ。


 流石に飛び始めた所から見えてるんだから、落ち着いてたら回避するくらいは出来てたはずだ。
 燕と違って、空中での軌道修正なんて出来ないはずだしね。
 いや、本来は二段ジャンプも出来ないんだし、もう一セット飛んで来て無理矢理修正してこないとも言い切れないのが怖いけどさ。

 しかしそれにしても、攻撃のチャンスを一回増やす為だけに躊躇なく犠牲になるとか、どれだけ【妖精】は嫌われてるんだ。
 いや、躊躇が無いのかは知らないけどさ。

 私は外の魔物に恨まれる様な事をした覚えは無いぞ。
 前世のカトリーヌさんはどうだか知らないけど。


 美味しいから食べようと群がってきてるのかとちょっと思ったけど、噛みつきとかじゃなくて普通に頭突きで仕留められたもんなぁ。
 頭突きが出来たんだから、噛みつく事が出来なかったわけでもないだろうし。

 落ちていったカトリーヌさんがどうなったかは見てないけどさ。
 もしかして、賢い野生動物が毒餌を避けるっていうのと同じやつだろうか?


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ