挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

504/679

504:謝らせよう。

「せっ、と」

 咄嗟に回収したせいで正面から抱きしめる形になっているカトリーヌさんを、掛け声と共に左の脇に抱え直す。
 なんか恥ずかしいのと、カトリーヌさんがでっぱりのせいでのけ反っちゃってるのと、カトリーヌさんは別に悪く無いけど柔らかくてイラッとするので。

 むぅ、これ翅が顔の前に来て邪魔だな。
 流石に私より背が低くて軽いって言っても、人ひとりを片手で抱えてるのも辛いし。
 肩に乗せた方が良かったかな。

 ……しかし本当に軽いのかな?
 これ一個三キロくらいあるんじゃないの?
 流石に試しに持ってみたりはしないけどさ。


「おーいカトリーヌさーん、大丈夫ー?」

 ぐったりしたカトリーヌさんのおでこを、空いた右手でぺちぺち叩く。
 うーん、恐怖で硬直しただけかと思ったら、これ本当に気絶しちゃってるのかな?

 ……いや、なんか叩いてたらだんだんカトリーヌさんが温かくなってきたぞ。
 これ気付いてるけど、私が叩いてくれるからそのまま寝ていようってだけだろ。

「……あーもう、重いわぁ」

 あ、ピクッて動いた。


「はい、これ以上言われたくなかったらさっさと起きる」

「怖い目に遭った相手に対して、少々酷いのでは」

 顔を出来るだけこちらに向けて抗議してくるカトリーヌさん。

「怖い目に遭ったって割に、なんか楽しんでるからだよ。実際私、特別STRが高いわけでもないんだから、これ結構疲れるんだよ?」

「むぅ」

 なんか複雑そうな顔で【浮遊】を発動し直したカトリーヌさんから手を離す。
 確かに申し訳ないってのと、重いって言われた気がするのと、でも確かにそうだよなー、って所かな?


「ほらぴーちゃん、こっち来てカトリーヌさんにごめんなさいしなさい」

「……ぴぅ」

 む、ちょっと反抗的だな。
 頭では解ってるけど、やっぱり「コイツが言い出さなかったら」って気持ちが有るのかな。

「ぴーちゃん? ぴーちゃんは良い子だから、悪い事しちゃったら謝らないといけないのは解るよね?」

「ぴぁっ!?」

 あれ、おかしいな。
 今はまだ見られる目つきに調整してあるはずだし、ぴーちゃんだから自分で慣れてると思うのに、少し威圧を込めたら怯えられてしまった。
 ……シルクに私を怒らせるなって散々言われたんだろうか。


「怯えなくて大丈夫だから、早くこっち来なさい?」

「ぴ、ぴぃぅ……」

 叱られた子供の様にビクビクしながら近付いてくるぴーちゃん。
 いや叱られてるんだけど。

「白雪さん、私は無事ですし、ぴーちゃん様の気持ちも解っておりますので」

「それとこれとは別でしょ? 私が受け止めなかったら、そのまま墜落してたかもしれないじゃない」

 許してあげるように言ってくるカトリーヌさんの言葉を遮って、そこに立って謝られなさいと身振りで指示する。
 ……まぁこの人なら墜落しても(それはそれで)良いのかもしれないけどさ。

 しかしぴーちゃんの視線、カトリーヌさんに実際のダメージを与えるっていうのはある意味凄い攻撃手段だな。
 この人、普通だと物理攻撃も精神攻撃も悦ぶだけだし。
 まぁ精神攻撃に関しては、おにくっていう弱点が有るのは解ってるんだけどさ。


「ぴゃ、ぴぅ」

「いえ、こちらこそきっかけを作ってしまい申し訳ありませんでした」

「ぴやぁ……」

 謝るぴーちゃんを抱きしめて頭を撫でるカトリーヌさんと、お返しにカトリーヌさんを羽で包むぴーちゃん。
 うんうん、仲良くしないとダメだぞ。

「同じ白雪さんのしもべとして、これからも仲良くいたしましょう」

「ぴゃっ!」

「いや仲良くはしてほしいけど、ちょっと違うでしょ」

 ぴーちゃんも「そうだね!」って感じでお返事しないの。
 仲直りするのは良いけど、それご主人様と同じ生き物だぞ。


「まぁそれはともかく、ちゃんと謝って仲直り出来たね。えらいぞー」

「ぴぁー」

 よくできましたと頭を撫でながら、ご褒美の【妖精吐息】を吹きかけてあげる。
 あと変な事言ったカトリーヌさんには、左手で脇腹にクロー攻撃を。

 あ、ダメだこれご褒美だ。
 まぁ良いや、許してあげてくれてありがとうって事で。
 一応八つ当たりみたいな感じで殺されかけた事には違いないんだし。



「よし、それじゃいったん家に帰ろうか」

「はい。さ、ぴーちゃん様も…… あら?」

「ぴゃっ!」

 ……なんかカトリーヌさんが鉤爪に捕まってしまった。
 翅の付け根の辺りと腰の辺りを掴まれて、だらーんとぶら下がる形になってる。

 うーん、ぴーちゃん的には「家まで私が運んであげる!」的な感じの、好意の現れなんだろうか?
 普通に笑顔だし。


「ええと、ぴーちゃん様が運んでくださるのでしょうか?」

「ぴゃー」

 どうやら合ってたらしい。
 でもやっぱりこれ、狩られてる様にしか見えないんだけど。
 まぁカトリーヌさんは嬉しそうだから、別に良いか。
 ……多分カトリーヌさんの事だから、獲物扱いが嬉しいんだろうな。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ