挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

486/678

486:妥協しよう。

 疲れそうだし流石にあんなには要らないなぁと負け惜しみじみた事を思いつつ、撫でまわしたせいで乱れたぴーちゃんの髪を軽く整えておく。

 そういえばぴーちゃんは揉まれてないんだな。
 変に手出ししたら怒りそうだから自重したんだろうか?

 まぁ私に手を出したから、結局怒られたんだけど。


「んじゃ、改めてお暇しますかね」

「あ、そうそう白雪ちゃん。調べた結果はジョージに伝えれば良いのかしら?」

「あ、そうでした。はい、主に知りたがってるのが役場の職員さんなんで、そっちに言ってもらえれば大丈夫です」

 その辺の事言ってなかったよ。
 知りたがってるのも役場の人だし、情報をまとめるのも役場の人だから、私が聞いて伝えるよりそっちの方が早いだろう。
 結果が出た後に役場に行けば、何も言わなくてもライサさんが教えてくれるだろうし。


「はぁい。それじゃ、また来てねー」

「はい。ほらカトリーヌさん、立って立って」

 はふーって顔して揉まれてるカトリーヌさんの二の腕をぷにっと摘まんでみる。
 ……おおう、そんなビクッとしなくても。
 別に太いとか余ってるとかそういうんじゃないから。


「ぴゃっ!」

「あん。おねーさん悲しいわ」

 すすすっと正面に近寄ってきて頭を撫でようとしたジェイさんの触手を、ぴーちゃんが羽ですぱーんと叩き落してる。

「まぁ色々やってますからねぇ。さっきお茶飲んだ直後なら、ちょっとくらい大丈夫だったんじゃないですか?」

 ジェイさんは嫌っててもお茶は気に入ったらしく、ちょっと和んでたし。


「ああ、その後に白雪ちゃんにちょっかい出したから、元に戻っちゃったのね」

「痛くされたわけじゃないから別に良いんですけど、難しいですねぇ」

「……ぴゃっ」

 ジェイさんの言葉に苦笑しつつ答えてたら、なんかぴーちゃんがむすっとした顔のまま少し頭を下げて前に出してきた。

「あら? 触って良いのかしら?」

「多分。んー、なんだろう」

 再度怒らせない様に、そっと頭を撫でるジェイさん。
 うん、不満げではあるけど大人しく撫でられてるな。


「白雪さんが良いと言っておられる事を理由に強硬な態度を取る事が、かえって白雪さんの迷惑になると判断されたのでは?」

「ぴ」

 横からのカトリーヌさんの言葉に、一声鳴いて小さく頷くぴーちゃん。

「あー、なるほど。そこまで気にしなくても良いのに」

 ダメだと思ったらちゃんと注意するし。
 それが無いなら別に好きにしてて良いのだ。


「うふふ。怒る理由もそれを我慢する理由もご主人様のため。本当に良い子ねぇ」

「ぴゃっ!」

 調子に乗るな、とばかりに頭を振って触手を振り払うぴーちゃん。
 そりゃまぁ四本も五本も頭に引っ付いてきたらそうなるよ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ