挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
48/400

48:紹介されよう。

 うおお、恥ずかしい…… ん、足音?

「姫様、戻って来た様です」

「そうか。白雪、ここの管理を担当する者を紹介しよう」

 あぁ、管理人さんが帰ってきたのか。
 来るまでに気持ちを落ち着かせておこう。



「これは姫様。お待たせしてしまいましたか」

「いや、構わん。何時に訪れると言った訳では無いからな」

 管理人さんは熊の人なのかな? 頭の上に丸い耳が付いてる。
 しかしちっこい人だな。アリア様より頭一つ分くらい背が低い。

「では白雪、彼女がこの花園の管理と【蜜採取】の補助をするモニカだ」

「モニカです。よろしくお願いします」

 あの耳、触り心地良さそうだなー。


「で、こちらが【妖精】の白雪。……白雪?」

「あっ、すいません。白雪です。こちらこそよろしくお願いします」

 モフらせて貰えないかなーとか思ってたら紹介されたのに気付かなかった。
 初対面でアホな事考えてちゃ駄目だろう。
 向こうはずっと目を逸らさずにこっちを見てるんだし。


「【庭師】の中から【聴覚強化】と【細工】を持っている者を絞り込んだら、こんなのしか残らなんだ。済まんが耐えてくれ」

「酷い言われようです」

 ん、何か問題でもあるのかな? 至って普通の人に見えるんだけど。

「こんなのって、どういうことですか?」

「手を出したりする事は無いと思うが、小さい生き物が好き過ぎてな」

 うわぁ、よりによってそういう人か…… っていうか怖いから無いって断言してよ。


「可愛い物が好きなのは当然の事だと思います」

「それは否定せんがな。お前は色々と行き過ぎだ」

 一体過去に何やったんだこの人。

「まぁ要するにライサと同類という訳だ。こちらの方が大分濃いがな」

「初対面で私を家に連れ帰ろうとする人より濃いって、それは本当に大丈夫なんですか」

「一応、やって良い事と悪い事の区別はつくから大丈夫だろうよ。……多分」

 いや、最後に小さく付け加えないで下さいよ。

「心配は不要です。私とてその程度の分別はありますので。それに、職を失いたくはありませんしね」

 失職の危険が無ければ何をするつもりなのか。
 まぁ流石に本当にやらかすような人は連れてこないだろうし、信用するしかないか。
 しかしこの人、抑揚に乏しい声してるな。感情が殆ど読み取れないぞ。


「互いの紹介も済んだことだし、私は帰るとしよう」

「あ、役場に用事が有るので私もご一緒させて頂きます」

 訓練はここでも出来るようになったけど、珠ちゃんおいてきちゃってるしね。
 っておい、何崩れ落ちてるんだそこのクマ。

「やっと妖精さんと一緒にお仕事が出来ると思ったのに……」

「放っておけ。いちいち気にしていたらキリが無いぞ」

 うむぅ。大分アレな人っぽいけど、そんな楽しみにしてたんならちょっと申し訳ないかな?
 珠ちゃんにはもうちょっと遊んでいてもらおうか。
 いや、合流しても遊んでてもらうから何も変わらないんだけど。


「すいません、やっぱり先に蜜を集める事にします」

「そうか、程々に頑張れ。それでは、また会おう。あぁそれと言い忘れていたが、ベッドなどは最上階の部屋に置いてある。動かしたければモニカに頼んでくれ」

 お風呂から遠いな。まぁどうせ飛ぶから他の部屋とそこまで変わらないか。

 さて、予定とは違ってくるけど蜜を集めようか。まぁ私の予定なんてあって無い様な物だけど。
 これから仕事のサポートしてくれる人なんだし、関係は良くしておきたいもんね。


「それじゃモニカさん、蜜を入れる瓶を持ってきてもらっていいですか?」

「はい、少々お待ちください」

 いや、何も跳ね起きてダッシュで取りに行かなくても。
 あんまり激しい動きされると、巻き込まれそうで怖いよ。あ、戻って来た。

「お待たせしました」

「では、今日はとりあえずこの周りから始めましょうか」

 まずは近場から行こう。
 しかしバラの香りがあるっていうのは、料理とかに使うにはどうなんだろね?
 まぁ向いてなかったとしても他の花もあるから、並行して普通の蜜も集めればいいか。

 【施肥】を使って活性化して、それから【蜜採取】。
 五回分ほど溜めてからモニカさんの所へ戻って、瓶の上で器を消して投入だ。
 妙に瓶の位置が体に近いのと、じっと見られ続けてるのが気になるけど慣れるしかないか。



 ふー。前と同じように百回分集めたけど差はどんなものかな?
 前は確か、大体七センチくらいの深さまで溜まってたと思う。
 んー、今回は八センチくらい? よく判らないけどちょっと増えてる気がするな。

 まぁ花の種類とかで量も変わるかもしれないから、比べる意味があるか解らないけど。
 HPも結構減ってるし、これくらいでいいかな。

「今日はこれでおしまいにします。ありがとうございました」

「はい。ではこの瓶は仕舞っておきます。お疲れさまでした」


 よし、珠ちゃんを迎えに行くか。
 あ、その前に部屋に使わない物を置いていこうか。
 ベッドのある部屋はーっと。あ、ここか。

 って別に寝室に置かなくても、どこかを物置部屋にすればいいのか。
 まぁいいや、もう来ちゃったし。
 とりあえず弓と傷んだ服を、机にまとめて置いておく。
 矢は本来の用途とは違うけど色々使ってるし、一応持っておこうかな。

 これで良し、と。それじゃ役場に行こう。



 さてさて、珠ちゃんは可愛がってもらってるかな?
 ……なんか日に日にペット用品が増えてるんだけど。
 なんで役場に猫タワーがあるんだよ。ほんと、ちゃんと仕事してるのか?

 いや、大丈夫だと思っておこう。ダメだったら多分ジョージさんに文句言われるだろうし。
 私のせいじゃないんだから、精々ぼやかれるくらいだろうけどね。
 今珠ちゃんと遊んでるおじさんも、休憩時間なんだろう。きっとそうだ。

 あ、あれいいな。鏡で反射した光を使ってじゃらしてる。
 あれなら私でも珠ちゃんと遊べるんじゃないか?


 鏡か。私が持てる鏡は無いから、自分で作らないとだな。
 でも私なら、魔法でなんとかしたほうが早いかも。

 【魔力武具】で鏡とか作れないかな? でも透明だからなー。
 レンズとかプリズムなら作れるかもしれないけど。

 猫と遊ぶ為に【光魔法】覚えるか……?


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ