挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

473/679

473:並んで練習しよう。

 棚からお手本と私達用に作られた道具を借りてきて、机のすみっこに広げて作業を始める。
 練習用の薄くて小さい銅板、なんか来る度にどんどん数が増えてる気がする。
 こんなの他に使い道無いだろうし、なんか申し訳ないなぁ。

 せめて無駄にしない様に、真面目に頑張らないとだ。
 いや、別にそうじゃなくても真面目にやるけどさ。


 カトリーヌさんと二人並んで、お手本を見ながらコンコン叩いていく。
 うーん、相変わらず難しい。
 「大体合ってる」程度にはなるんだけど、ぱっと見で解るくらいの違和感が残るんだよなぁ。

 ……ってカトリーヌさん上手いな。
 一つ目から既に私のより完成度が高いじゃないか。
 多分スキルは取ってないと思うし、現実側での経験者なのかな?


 まぁ隣の人が上手いからって私がどうなるわけでも無し、練習を続けるか。
 無くすほどの自信もまだ無いし。

 いや、なんかコツとか盗めるかもしれないし、意識するだけはしておこう。
 気になり過ぎて自分の手が止まっちゃ意味無いし、視界の端に収めておく程度で。

 む、そう思った瞬間に作業を中断してお礼を言いに行ってしまった。
 まぁ良いか。



 一枚目をひとまず完成させ、ふとぴーちゃんはどうしてるかなと思って作業場を見回してみる。
 あ、なんか優しそうなお姉さんの所で可愛がられてるっぽい。
 作業の邪魔にならない様にって言ったのに仕方ないなぁ。

 まぁちょっと見た感じ、作業の合間にちらっと見て撫でてるだけっぽいし、そこまで邪魔をしてるわけでも無いのかな。
 お姉さんに貸してもらったのか、綺麗な石を持って嬉しそうに見ながら座ってるだけだし。


 さて、そっちばっかり見てても仕方ないので、こっちも次のを作るとしよう。
 作業速度もカトリーヌさんに負けてるし。
 別に勝負じゃないから良いんだけど。



 更に二枚の銅板を叩き終えて、再度ぴーちゃんの方を見てみる。
 ……なんか決めポーズ取ってお姉さんの正面に立ってるんだけど。

 あぁ、モデルやってって頼まれたのかな……?
 お姉さんの手元に、立ってるぴーちゃんと大体同じ形に削られた石柱が有るし。

 おぉ、凄い勢いで削られてどんどん形が近付いて行く。
 スキル持ちはやっぱり凄いなぁ。
 いや、単純に経験も練習量も私とは全然違うんだろうけどさ。
 あのペースなら、私たちが帰るまでには大体出来上がってるだろうな。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ