挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

47/648

47:質問しよう。

 排水用の印にもう一度魔力を流すと、穴が塞がり元の状態に戻った。
 どうなってるんだろうなこれ。

「ちなみに、そこの壁の印を押せば天井から水が降ってくるぞ。右の物ほど温度が高くなる。もっとも今は、天井を外しているから機能していないがな」

 青、橙、赤の三つの印があるな。
 水、ぬるま湯、お湯って感じかな? こんなとこに罠は仕込まれないだろうし熱湯とかは出ないだろう。



「さて、説明はこんな所か。何か質問はあるか?」

 質問っていうか、ツッコみたい事は色々あるんだけど。

「あの、【妖精】のサイズなら場所も資材も大して必要としないって言ってましたよね」

「あぁ、言ったな」

「これ、十分に大した敷地と資材使ってると思うんですが」

「そうか? 普通の部屋一つに十分収まる程度のサイズではないか。それに【錬金術】で端材も無駄にならないからな。資材というなら、そこの管理人室の方がよほど使っているぞ」

 あ、やっぱり管理人の為の家なんだ。いやそれはいいんだ。


「いえ、そうではなくもっと普通の小さな家でよかったのでは? という事をですね」

「図面を引き始めた時はもっと小さかった筈なのだがな」

「贈り物を頂いてから、はっきり解る程に巨大化しましたね」

「はっはっは。やる気が湧き出て設計図に溢れてしまったな」

 自業自得……でもないな。そんなの予想出来る訳ないわ。
 その場のノリで図面を引かないでくれ。



「こんなに部屋が有っても私一人しか居ないんですが、どうしろと?」

「どうしような!」

 いやいやいや、元気一杯に投げないでくれ。考えてなかったのか。

「普通のサイズの家であれば貸し出すなどして利益を得るという手もありますが、このサイズですとそうも行きませんね」

「うむ。【妖精】自体、白雪以外は殆ど見かけぬからな」


 ん? 全くではないのか。

「あれ、私以外にも居るんですか? 私、まだ一度も会った事が無いんですが」

「うむ、生憎私も見てはいないのだが。衛兵から数件報告が上がっている」

「衛兵から?」

「いずれの報告も、スキルの使用を警告して逃げられたそうだ。報告書を見る限り、同じ者が二度目撃された例は殆ど無いようだな」

 多分【浮遊】だろうな。これ無いとまともに移動なんて出来ないし。
 ていうか二度目が無いって、もしかして全員が役場までに心を折られたのか……


 徒歩で役場に行くだけでも大冒険だからな。
 しかも運よく辿り着けてもカウンターに登れない。
 誰かが手伝ってくれたとしても、かなり慎重にやらないと死体を量産するだけだし。


 あ、そうか。

「あの、アリア様。【浮遊】を解禁する訳にはいきませんか? 【妖精】は飛べないと移動もままなりませんので」

「ふむ。確かにその身体で飛ぶなというのは酷に過ぎるな。【妖精】以外が【浮遊】を持っているという話も聞かぬし、今日中に手続きをしておこう」

 よし、大丈夫みたいだ。

「というか、白雪が登録に来た時点で考慮しておくべき事であった。これはこちらの落ち度だな。彼らには申し訳ない事をした」

 これで少しは現れてくれるといいな。全く期待できないけど。



 とりあえず部屋の事は置いておこう。

「この広場とそこの机は?」

「ここは白雪の家の庭だ。机は来客用だな。家には上げられないし、立たせておく訳にもいかないだろう?」

 いや、敷地……やめよう。言っても多分無駄だし。なるようになれだ。


「ここに住んで周りの花園で蜜を集めてたら、全域が私の庭とか思われそうですね」

 諦めて冗談でお茶を濁す。

「ん? そのつもりだが? ……待て待て、逃げようとするな。冗談だ」

 頼むから「当然だろう? 何を言ってるんだ?」みたいな、本気の困惑顔で冗談を言わないで下さい。

 本当に冗談なんだろうな?
 現状でさえ優遇ってレベルじゃない状況なんだから、これ以上勘弁してよ?

「途中に柵があっただろう? あれより外側は公園になる。殺伐とした開拓生活にも癒しは必要だろう」

 やっぱり外は殺伐としてるんだなぁ。
 私が町から出られる日は一体いつになるんだろうか。

 いや、出るだけなら簡単だけどね。命が要らなければだけど。



「そういえば、何でバラなんですか?」

「好きだからだ。と言っても、バラは中央と南側一帯だけだがな。他の方角には他の花を植えてある」

 単純明快な答えだった。そういえば現実だとバラの蜂蜜って珍しいんだっけな。
 【蜜採取】で集めた蜜にも花の特徴は出るんだろうか?
 比べてないけどなんか出そうではあるな。草に使ったら草の味だったし。



「しかし遅いな。もう戻ってきても良いと思うのだが」

「丁度外に出た直後くらいに私たちが来てしまったのかもしれませんね」

 ん、何がだろ? あ、花園の管理をする人か。
 家の披露と一緒に紹介するつもりだったのかな?

「仕方ない、茶でも飲みながら待つとしよう。コレット、頼む」

「はっ」

 姫様、仕事はどうした? あとコレットさん、護衛はいいのか?
 コレットさんが行っちゃったから、ツッコんでも聞こえないだろうけど。
 っていうか管理小屋に行かずに、来た道を戻っていったな。役場まで取りに行ったのか?


 あ、戻って来た。早いな。
 ……なんか見覚えのあるティーセット持ってきたぞ。

「あの、アリア様? このティーカップ、さっき似た物を見た気がするんですが」

「それはそうだろうな。このセットのうちの一客を加工して浴槽にしたのだから」

 綺麗なカップだなーって思ってたら王族御用達かよ!
 なんて無駄に贅沢なお風呂なんだ……


 コレットさんがお茶を淹れ、アリア様が手ずからスプーンで飲ませてくれた。
 美味しい。茶葉と淹れ方、両方のおかげなんだろうな。

 お礼に「少し待っていて下さい」と言ってから近くの花の所で蜜を集め、【魔力武具】で作った器に入れる。
 机に戻ってアリア様にスプーンを出すように頼み、その上で器を吸って消した。

「お茶請け代わりにどうぞ」

「おぉ、ありがとう。ほのかにバラの香りがあるな。美味い」

 やっぱり特徴は出るみたいだな。


 ん? よく考えたら今のって傍から見ると、持って来た蜜にキスしてから渡したみたいに見えるんじゃないか?
 透明で薄い器だったし。うぁぁ、またやらかした。
 これは恥ずかしい。小さくて殆どMP使ってないんだから、普通に消せば良かったよ……


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ