挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

461/678

461:また開けてもらおう。

「お、ちょっと出来てる」

「本当ですわね。流石はシルク様、仕事がお早いですわ」

 庭に戻って家を見てみると、何やら二階の玄関の前から柱に向かって、外壁沿いに一メートルくらいの幅の通路が造り付けられていた。
 手すり付きの柵も付けてあるんだし幅は半分くらいで良いんじゃないかと思ったけど、それじゃすれ違う時にちょっと狭いか。
 すれ違う様な状況が有るかは置いておくけど。

 玄関の前だけ少し広くなってるのは、私達みたいに飛んで来る相手の着陸用スペースかな?
 他の所と同じでも降りられなくは無いけど、やっぱ広い方が良いもんね。

 でも肝心の梯子はまだ無いんだな。
 まぁあんまり材料も無かったはずだし、多分足りなかったから他の事を優先してるんだろう。



 玄関の前に飛んでいくと、それに合わせてシルクが玄関ホールまで出て来るのが魔力で感じ取れた。
 あ、声かけようかと思ったらそのまま開けてくれたな。

「ただいま。これから市場に果物食べに行くけど、シルクも一緒に行く?」

 一応確認してみると笑顔で頷いて、前に出てきて扉を閉めた。
 自分で誘っておいてなんだけど、中のお仕事は放っといて大丈夫なのかな?
 まぁ大丈夫じゃなきゃ放ってはおかないか。


 めーちゃんとエリちゃんは居ないし、ソニアちゃんは判らないけど、私達だけじゃお土産持って帰らんないから今は良いかな。

 家の前から飛び立ち、ぱたぱた飛んで庭を出る。
 おや、門の所に兎さんが立ってるな。
 どうしたんだろうと思ったら、珠ちゃん達のために門を開けようと待機してくれてたらしい。

 いや、待機っていうか戻ってくるのを察知しただけか。
 兎族だから耳も良いし、色々探知スキルも持ってそうだし。


「はい、どうぞ」

「ありがとうございます」

「大した手間じゃないしね。それじゃ、いってらっしゃい」

「はーい。いってきまーす」

 門を閉め直して手を振る兎さんに挨拶して、市場へ向かって移動を再開する。
 お礼のスリスリをやってた珠ちゃんも、てってっと小走りで追いついて来た。

 太郎、無駄にバランスとるの上手いな。
 いや別に無駄じゃないけどさ。



 ……なんか少し離れた場所からモニカさんが悔しそうな顔で見てるのが視界に入った。
 さっきの兎さんとのやり取りを見てて、そういう役目は自分がやりたいのにって事だろうか……?

 兎さん、逆恨みで地味な攻撃されなきゃ良いんだけど。
 いや、まぁいくらモニカさんでも、流石にそんな事はしないか。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ