挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
45/398

45:お詫びを貰おう。

 目が覚めると、ゲームの中はこれから夜になるくらいの時間だった。
 とりあえず昨夜のカレーを温め直して食べる。うん、美味しい。

「おはよ~」

 食べ終わって後片付けをしていたら、お姉ちゃんが起きてきた。
 おもむろに背後に回り込み、肩をぐにぐにと揉む。

「えっ? ひゃあっ!? なになに!?」

「いや、昨日アホって言われたの思い出した」

「ゲームでの出来事を現実でやり返すのは反則じゃないかな!?」

 などとしょうもない事をしつつ、現実でやるべき事を済ませる。
 一通り済ませたらいい感じに明け方になる頃だったので、部屋に戻ってログインした。




「や、おはよう」

「おはようございます」

 既に二人ともログインしていたようだ。
 お姉ちゃんと一緒に挨拶をして、珠ちゃんを召喚し頭や喉を撫で回してやる。


「そういえば白雪、昨日は何か新しく覚えたのか?」

「ん? えっと、【錬金術】に【木魔法】。それと炎と氷の【吐息】かな」

「炎と氷のブレスって、火とかが吹けるようになったのか?」

「うん。ほら」

 ボウッと宙に向けて火を吐いてみせる。

「わー、すごーい!」

「おぉ。……なぁ、白雪」

「ん?」

「妖精ってなんだっけ?」

「……とりあえず私みたいなのは、何か違うと思う」

「やっぱり自分でもそう思うか」

 まぁ出来るようになったものは仕方ない。結構便利っぽいし。


 昨日のうちに清算するのを忘れていたらしく、まず初めに昨日のドロップ品を売りに行った。
 早朝は空いていたのですぐに終わり、屋台へご飯を食べに向かう。

 今日の朝食はハムとチーズのクレープ。
 私の分はクレープ生地でのサンドイッチだった。


 お皿に銅貨を置いていき、今日も北通りで三人を見送る。

「いってきまーす!」

「気を付けろよー」

 いや、それ普通はこっちが言う台詞じゃない? まぁいいや。

「行ってらっしゃーい」

 さて、今日は何をしようかな? とりあえず役場の中庭で訓練しよう。


 役場に入り、中庭に抜けようとしたらライサさんに呼び止められた。

「白雪様、姫様がお話があるそうです」

「あ、はい。執務室に行けばいいですか?」

「はい。お願いします」

 なんだろ? まぁ行けば解るか。珠ちゃんはいつも通り愛想を振りまいておいで。


 二階に上がって執務室へ向かう。
 あ、ジョージさんがドアの前で待ってるな。

「おはようございます」

「おう、おはよう。姫様、来ましたぜー。 ……さぁ入った入った」

 ノックして来客を告げ、ドアを開けてくれた。
 中に入るとアリア様が立っていたので挨拶する。


「おはようございます、アリア様」

「あぁ、おはよう。贈り物だが、いい出来だな。ありがたく飾らせてもらう事にしたよ」

「お褒めに与り光栄です」

「無理に固い言葉を使おうとしなくてもいいぞ?」

 やっぱり慣れてないのはすぐバレるな。仕方ないけど。


「あー、えっと、ありがとうございます」

「うむ、それで今日の用件だが」

 あ、本題は別なんだ。

「今更言っても仕方ないかもしれんが、今日の予定は何かあるか?」

「いえ、特には」

「そうか、では大丈夫だな。付いて来てくれ」

 ん、どっか行くの? まぁ返事は「はい」しか無いんだけど。



 えーっと、何これ。
 コレットさんも一緒に三人で役場の裏口から出て、北へしばらく向かうと緑が広がっていた。
 いや、花が咲き乱れてるから色は緑だけじゃないんだけど植物的な意味でね?

 おかしくない? 花園作るって言ったの数日前だよね?
 なんで一ブロック丸々使った、バラ園みたいな物が出来上がってるの?
 聞けば【庭師】のスキルや【木魔法】を駆使して、職員達が全力で作り上げたそうだ。
 力を注ぐところがおかしいだろ。「皆の役に立つことをしろ」って言ったんじゃないのか。
 いや、蜜の供給が増えれば皆の為にはなるだろうけどさ。【妖精】増えないと、私一人じゃ無理だよ?


 アリア様は足を止めることなく、バラのアーチをくぐり奥へ進んで行く。
 どうやら同心円状に回廊と花が交互に配置されているようだ。
 瓶を持つ人が歩く道は必要だもんね。

 そろそろ中心かな? と思ったらアリア様が立ち止まり振り返った。

「この奥だ」

 うん、なんか嫌な予感しかしないぞ。
 中央部だけは柵で区切られており、アリア様の前に門がある。
 開けて進んで行くので付いていくしかない。



 少し進むと開けた空間に芝生が植えられ、庭の様になっていた。
 中ほどに机と椅子が置かれ、端の方に小さな家がある。
 通常サイズなので、ここの管理人の為の小屋だろうか?

 そして何より目立つのが、中央に鎮座する白い布を被せられた何か。
 立地とアリア様に連れて来られた時点で察しはつくんだけど、解らない事にしたい。

 だってサイズがおかしいもん。
 どう見ても幅が二十メートル位あるんだもん。高さも同じくらいあるもん。


「さて白雪。これが私の謝罪の証だ!」

 コレットさんと二人がかりで布を取り払うアリア様。謝罪って言ってる割に完全にドヤ顔だ。

 私の家って言うには規模がおかしいよねこれ。一体何部屋あるんだよ。
 幅、奥行き共に二十メートル位。四隅を六メートルほどの柱に支えられて、そこから四階建て。
 最上階は少し狭くなっており、その分のスペースがバルコニーになっている。


「いやいやいやいや。なんですかこの大豪邸は」

 っていうかこれをたった数日で作り上げたのか。凄まじいなこの人。

「うむ、頑張ったぞ!」

 いや、褒めたんじゃないですよ。

「少し張り切り過ぎてしまったかもしれんがな。それはさておき、いくつか説明しておこう」

 少しじゃないよ。まぁとりあえず説明が有るらしいから聞こう。
 ……受け取り拒否したいなぁ。無理だろうなぁ。


「まず大掛かりな物から。このように、メンテナンスなどの為に最上階の天井が開くようになっている」

 コレットさんが小屋から持ってきた脚立に登り、屋根を持ち上げるアリア様。
 片開きの箱の様に開いて、縦になって止まった。

「下の階の場合はこのように上の階層を持ち上げて、棒を通して固定する」

 屋根を閉じて、今度は四階部分を丸ごと持って上にずらす。
 足場の柱の真上だろうか? 四階部分に足場よりも少し細い柱がつながっている。筒状の柱を四本重ねて、太い順に各階層に付けてあるのかな。
 ある程度引っ張った所で柱の下部に穴が開いていた。そこに棒を通すことで柱が降りていくのを防ぐようだ。
 うん、そんな手間かけるなら平屋で良かったんじゃないかな。


「そして照明だが。白雪、この部屋に入ってみてくれ」

 窓際の一室を示されたので、大人しく入っていく。
 ピンを抜いて元に戻しているらしく、高く上げられていた天井がゆっくりと降りてくる。
 最初の死に様のせいで、上から大きなものが降りて来るのはまだちょっとトラウマなんだよなぁ。
 気を紛らわす為に窓を開いて、天井が降りきるのを待つ。
 ていうかこの窓ガラス薄いな。プレパラートのカバーガラスくらいの薄さじゃないか?

 降ろし終わったらしく、アリア様が脚立から降りて窓を覗きこんでくる。
 影になってちょっと暗いな。


「ドアの横に丸い魔法陣が描いてあるだろう。それに触れてみてくれ」

 言われた通りドアに向かい、それっぽい模様に触れてみた。

「おおう!?」

 びっくりした。触れた途端に天井付近の壁が数か所、淡く光を放ち始めた。
 天井じゃないのは取り外すからか?

「それが照明のスイッチだ。全室に備え付けてあるぞ」

 うん、【魔法陣】は持ってないからどれくらいの手間がかかるかは解らないんだけどさ。
 これだけは言わせて欲しい。
 どう考えても頑張り過ぎ。仕事してください。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ