挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

427/676

427:支えてあげよう。

「じゃ、治療するんでこっちに出してください」

「……はっ、失礼しました。どうぞ」

 ずっと見つめていられても話が進まないので、ライサさんに手を出すようにお願いする。
 ていうかあれ、キャシーさんからすれば結構怖いんじゃないかな?

 縮むのには慣れてないだろうし、顔が大分近いし。
 何より相手が、初対面の【妖精】をお菓子で釣って自分の家に連れて帰ろうとする様な人だし。


「一気に治療した方が良いのですよね? では私も反対から吹かせて頂きますわ」

「うん、お願い。あ、キャシーさんを立たせてもらって良いですか?」

 カトリーヌさんの申し出を受けつつ、ライサさんにお願いして動かしてもらう。
 自分で出来なくも無いけど、その為にはライサさんの手を踏まなきゃいけないし。
 いや、この人の事だから喜びそうだけどさ。
 普段は危ないから、こっちからじゃないと触れる事すら出来ないんだし。

 まぁ、今はサービスしなくても別に良いだろう。
 どうせこの後、キャシーさんと一緒に【妖精吐息】を手に浴びるんだから。


 かしこまりましたとキャシーさんの頭を摘まんで持ち上げ、手の上に足から降ろすライサさん。
 ……キャシーさん、あれ生きた心地がしないだろうな。
 多分石化してなかったら、くにゅって感じでほとんど抵抗もなくまっ平らに潰れてるだろうし。
 死にはしないけど、だから大丈夫だってものでもないよね。


「立たせておくのは難しいものですね……」

 ライサさんが指を離すと傾いて倒れそうになり、その度に自分の体よりも太い指で摘ままれたり押さえられたりするキャシーさん。
 ……うん、なんか今の状況が一番の罰な気がしてきた。
 治ったとたんに泣き出したりしない事を祈ろう。

「倒れない様にそのまま押さえておけば良いんじゃねーか?」

「それ治った瞬間に押し潰しちゃう可能性があるって、解ってて言ってますよね?」

 横から提案してくるジョージさんに、とりあえずツッコんでおく。
 そんな「本当にやったら面白いな」みたいな顔で言われたら、反応せざるを得ないじゃないか。


「では、私が後ろから支えておきましょう。持ち上げる事は大変でも、そのくらいでしたら私の力でも問題ありませんので」

「すみません。では、よろしくお願いします」

 カトリーヌさんがライサさんの手の端で膝立ちになり、キャシーさんの肩を掴んで支えたところでライサさんが摘まんでいた指を離す。
 よし、これで治療が始められるかな。
 寝かせたままでも吹けなくはなかったけど、背面とそっち側の内臓だけ石のままで死亡なんていう事故が怖いもんね。



「さて、それじゃ行くよー」

「タイミングは合わせた方が良いのでしょうか?」

「んー? まぁ、そこまでしっかり合わせなくても大丈夫じゃないかな」

「では、白雪さんが吹いたのを見てからこちらも吹きましょうか」

「あ、うん。それじゃ、改めて……」

 息を吸いながら指を立て、雑なカウントダウンをしてゼロで一気に吹きかける。
 おー、石の表面にすーっと肌の色がついてきた。
 この調子なら、割とすぐに治せそうだな。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ