挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

400/733

400:注視されよう。

 手早くかつ慎重に掃除を進める。
 箒が何かにぶつかってコンって鳴るだけでもビクッてされるので、掃除自体と関係無い所でやたら疲れるなぁ……

 こういう状況だとジョージさん達の隠密スキルが羨ましいよ。
 ていうか現実だといつもか。
 周囲に気付かれない様に溶け込めるなら、他の人と関われないにしても普通に移動する位は出来るし。

 まぁ無い物ねだりをしても仕方ないし、掃除に集中しよう。
 ……考えてる間に二回ほどぶつけて怯えさせちゃったし。
 ごめんよぅ。


 私が動かした机を元に戻している間にゴミをまとめたらしく、視界の端に袋を持って頭を下げてるのが見えた。
 そーっと警戒しながら教室を出ていき、静かに戸を閉めたと思ったら直後にダッシュする音が聞こえてきた。
 いや、いつもながらそんな全力で逃げなくても。

 まぁ良いか。
 後は机を何個か戻すだけで終わりだし。

 私が当番の日はなぜか全員の机の中が空になっているので、軽くて楽で良い。
 普段は大抵、みんな色々置いて帰ってるんだけどね。
 ……まぁなぜかって言うか、言うまでも無く私を刺激しない様に警戒してるんだろうけど。



 よーし終わった。
 私がさっさと帰る事により、部活とかで残ってる人たちに平穏を与えるのだー。
 というわけで置いておいた鞄を持って、大人しく隅っこを歩いて帰ろう。

 ……んー、やっぱりたまに見られてる気がする。
 みんな私と目を合わせたくなくて人の顔がこっちを向いてる事自体が稀だから、たまにこっちを見てる人が居ると判りやすいんだよね。
 まぁ大抵は私の向こうに用が有るからなんだろうけど、今は私の向こうって壁だし。


 やっぱ【妖精】バレなのかな?
 目つきと髪の色や長さくらいは変えてるけど、逆に言えばそれくらいしか変えてないわけだし。
 よく見れば気付けるだろうけど……

 でも私の顔をじっと見る人なんていないし、勘の良い人がもしかしたらって確認してる感じなんだろうか。
 何回か姿が見えたけど、全部同じ女の子っぽいし。

 容姿は変更できるからアテにならないけど、ゲーム内では見覚えのない顔だな。
 んー、あれは一年生かな?

 こっちとしてもそんな見られたらちょっと気になるんだけど、多分あっちを向いたら即座に逃げるだろうから、視界の端で確認するしか無くてもどかしい。
 っていうか難しい。
 周辺視野で物を確認する訓練なんてしたことないし。


 まぁ見てくるだけならそこまで気にしなくても良いか。
 もし話しかけてきてくれるなら、普通に応対するだけだし。
 ……【妖精】の時っぽいノリでって言われると流石に嫌って言うけど。

 流石に私が【妖精】で色々やってるみたいな噂を流したりはしないだろうし。
 ていうか正直、私の噂なんて変なのが数えきれないくらい飛び交ってるらしいから今更だし。

 昔からちょいちょいお姉ちゃんがそこらから聞いてきて、笑い話として教えてくれるんだよね。
 基本的にどれもこれも事実無根か私は関係無いか、怖い方に解釈されただけのやつ。
 まぁ【妖精】の話は今までのと方向性が違い過ぎてちょっとどうかと思うけど、そんな可愛らしい方向の話は放っといても一瞬で消えるだろうし。

 「いや、アレが可愛い妖精になってるとか、いくらなんでも無いだろアホか」みたいな感じで。
 ……自分で言ってて悲しくなるな、これ。
 でも正直な所たぶん言われるだろうし、自分でも思うくらいだから仕方ない。
 鏡くらい見たことあります。はい。



 あ、いつの間にか居なくなってる。
 うん、まぁいきなり話しかけられてもびっくりして変な声出さない様に、心の準備だけはしておこう。

 逆にそういう一種の可愛げを見せた方が良いかな?
 ……いや、奇声で威嚇したとか言われるだけだな。
 やめとこう。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ