挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

392/732

392:上司に叱られよう。

 よーしよーしと大きい動物を撫でるのと同じように、お姉さんの首をさすさすと撫でまわす。
 あ、口が開いてふあぁーって声が漏れた。
 おおう、声を出されるとけっこう喉が震えるな。
 まぁそこを震わせて音出してるんだし、当たり前の事か。

 ……頼むから、よだれは垂らしてこないでね?


「さて、こんなもんで良いですか?」

 首をぽぽんっと軽く二度叩き、ふわっと下がってお姉さんの視界に入る。
 音で何となく察せてたけど、しっぽがめっちゃブンブン振られてるな……

 上を見ていた顔を前に向け、こちらを見……
 たと思ったら、こてんと横に転がって仰向けになるお姉さん。
 いや私から見ればこてんじゃなく、ずどぉん……って効果音の方が似合う迫力だけどさ。
 見下ろしてるならまだしも、地表に居たからやや見上げるくらいの視点だったし。
 ていうか何してんだこの人。


「きゅーん」

「えー……」

 仰向けのままのけ反って、逆さでこちらを見て鳴き声を上げるお姉さん。
 だからそんなわんこみたいな声出されても、こっちは戸惑いの声しか返せないんだってば。

「えーと…… 服従のポーズ……? おなか見せてるし……」

 流石のお姉ちゃんも戸惑いつつも、一応推測して呟いてる。
 ほんとだ、ぺろっとおへその上まで服をめくってる。
 ……お腹冷えるよ? いや、そんな心配するような気温じゃないけど。

 そんな期待に満ちた目で見られても困るんだけどなぁ。
 どうしろって言うんだ。
 いやうん、多分これ、お腹も撫でてって事なんだろうけどさ。



「んぎゅふっ」

「おわっ!?」

 どこからともなく飛んできた布の袋が、お姉さんのむき出しのお腹にどすっと落ちた。
 あの形と重量感からして、多分砂か何かが詰まってるんだろう。
 ……砂鉄じゃないよね?

「おら、調子に乗ってんじゃねぇぞアホ犬。いい加減に仕事しやがれ仕事を」

 暗闇からジョージさんの声が響く。
 うん、ごもっとも。


「えーと、大丈夫ですか?」

 苦し気な声を上げていたので、一応安否を確認してみる。
 まぁ着弾でうめいた後は特に苦しむ様子もなく、普通にお腹から袋を降ろしてるから無事だろうけどさ。

「はい、大丈夫ですよぉ」

「喋ったー!」

「いやいや、それ普通の事だからね」

 まともな返事が返ってきたことに驚きの声を上げるお姉ちゃんに、一応ツッコんでおく。
 なんだと思ってたんだ。
 いやうん、わふっとか言われるんじゃないかとか、私も少しは思ったけど。


「ふふっ。ありがとうございました」

「あ、いえ」

 きちんと座り直して、正座でぺこりと頭を下げて礼を言ってくるお姉さん。
 最初に少し笑ったのは、そりゃ喋りますよーって事だろうか?

 しかしまともに喋ると、見た目と同じで優しい感じのする綺麗な声だな。
 こうして普通にしてると素敵なお姉さんって感じなのに……



「それでは失礼します」

「あ、はい。お仕事頑張ってください」

「ありがとうございます。ミヤコ様も、またいずれ」

「えっ、あ、はーい」

 お姉ちゃんの返事を待ってから、フッと消えて立ち去る犬のお姉さん。

「雪ちゃん、今のって私にも撫でさせるぞって事かな……?」

「いや、うーん、どうだろ……」

 正直、有り得なくはなさそう。
 まぁお姉ちゃん、犬は好きだし良いんじゃないかな。
 多分言ったら普通に返されるだろうから黙ってるけど。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ