挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
39/502

39:色々吐こう。

 MPを補充して一息つく。ごちそうさまでした。
 さて、多分速度と距離も魔力で何とかなるだろうけどあまり意味が無さそうだな。
 多分普通サイズの魔法と同じ速度にするのに十倍くらい消費するだろうし。


 まぁ大体解ったし、次行こう次。何しよ。
 そうだ、魔力を吹き出したら【魔力吐息】が出てたんだし火を吹いたら炎のブレスとか取れないかな?
 でも試そうにも火なんてどうやって吹くのか。大道芸みたいなやり方?

 ……切り取って手の平に乗せられたんだからもしかしたら吸い込めるか?
 いや、でも失敗したら中から焼かれてまたお陀仏だぞ。

 っていうか別に炎じゃなくても、まずは水とかで試してみればいいか。
 水属性のブレスもあるかもしれないし。

 まぁ何も無かったら口から水を吹いて遊んでる変な子が居たっていう結果だけが残るんだけど。


 物は試しだ。【魔力武具】で大きなボウルを作って、その中に水を溜めた。
 両手で掬って口に含み、もごもごしながら魔力を通す。
 十分に流し込んだら一気に霧状に噴き出してみる。なんか悪役レスラーみたいだなこれ。透明だけど。
 もう一回、今度は水鉄砲みたいにピューっと。

 うん、これ誰かが見てたら何やってんだこいつって思うだろうな。
 ……ジョージさん見てないだろうな?


 交互に試して五回目の霧を吹き出した時、霧がなんかキラキラしていた。何だ?
 【吐息】のパネルを見てみよう。あ、増えてる。

──────────────────────────────
 【凍結吐息(リフリジャーブレス)
  口から極寒の魔力を吹き出し、吹きかけられた者を凍結させる。
──────────────────────────────

 氷を吐いた覚えはないんだが。あとこれも説明文が使い回しっぽいぞ。
 まぁやっておいて何だけど、口から水を吐き出すスキルとか取れても微妙に困るんだけど。

 試しにボウルに溜めた水に思いっきり吹き付けてみた。
 うわっ、表面が一瞬で凍った。内側もどんどん凍っていってるな。

 全体が凍った所で吹くのをやめて、ボウルを吸って消してみる。
 半球状の氷が出来た。別に使い道は無いからそのまま放置して溶かすけど。


 そういえば霧を吹いた時に発動したから良かったけど、もし普通に水を吹いた時に発動してたら口から氷柱をにゅるーっと出してたんだろうか……
 ん゛んっ。いかん、絵面を想像して吹き出しそうになった。いや、本当にそうなってたかは解らないけどさ。

 まぁそれは置いといて。口から吹いてみれば【吐息】を覚えられることは解った。
 実際覚える意味があるかと言われると多分無い。でも覚えられそうなら取ってみたい。

 よし、ちょっと怖いけど火も挑戦してみよう。
 元になる火はどうしよう? 矢を燃やせばいいかな?
 そうだ、速度と威力を極限まで落として【火矢】を撃ってみよう。持続時間はMPで伸ばせるのかな?


 うん、出来た。なんかもう魔力が絡めばなんでも有りな気がしてきた。
 目の前に弱々しい火の矢が静止しているので、触っても熱くない事を確かめてそこから二センチくらいの球の形に固定して切り取る。

 火を吸い込んでは吐き出すのを繰り返そうかと思ったんだけど、やっぱり何か怖い。
 なので火球を舌に乗せて、息に乗せた魔力を燃料に火炎放射をやってみよう。

 人差し指に乗せた火球を口に含む。普通に考えたらこれも十分に怖いわ。
 今更なので気にせずに、口をすぼめて燃料を吹き出すイメージで思いっきり息を吹き出す。

 あっ、火球が唇の裏側にひっついた! 熱くないけどなんか怖い!
 見えないけど【魔力感知】でなんとなく解る。ていうかすぼめてなかったらそのまま吐き出してたな。
 まぁ害はないから諦めよう。息が全部火球を通るんだから効率は良いだろうし。


 うん、口の中に意識を奪われてたけどちゃんと火は吹けていた。
 本当、魔力に関しては無駄に万能だな。

 草や地面に当たらない様に、空中で火を吹きまくる。
 かなり妙な絵になってる気がするけど、諦めよう。今更だ。

 息を吸って炎を吐くという行為を繰り返していたら、十回目くらいで火球が消えてしまった。
 でも最後の二回は火力が上がっていた気がするし、多分もう取得出来ているだろう。

──────────────────────────────
 【焼却吐息(ヘルブレス)
  口から灼熱の魔力を吹き出し、吹きかけられた者を炎上させる。
──────────────────────────────

 うん、やっぱり説明文が使い回しだ。っていうかなんでファイアとかフレイムじゃなくてヘルなんだよ。
 考えるだけ無駄だし、覚えられたんだからそれでいいや。試してみよう。


 吹く強さで火の勢いや大きさを調節できるみたいだ。ロウソクから火炎放射器まで自由自在だな。
 当然強く大きくするほど消費も大きくなるけど。
 試しに矢を一本取り出して、先端に向けて全力で吹いてみた。

 おかしいな。当たった辺りが消えちゃったぞ?
 ……炎上どころか一瞬で焼き尽くしてるじゃないか!
 まぁ【火矢】でも似たようなことにはなってたし今更だな。

 普通に吹いてみたら普通に燃え上がった。それでも十分な火力ではあったけど、さっきのインパクトが強すぎて地味に見える。
 でも調子に乗るとまた怒られちゃうから気を付けないとね。


 さて、水と火を覚えた訳だが。風や土はあるのかな?
 でも風は勝手に【魔力吐息】になりそうだし、その辺の土とか口に入れたくないな。
 まぁいいや、今はこの二つで十分だろう。

 しかし、なんかどんどん便利グッズ化が進んできてる気がする。
 今度はライターと凍らせる機能が付いたよ。

 でも持ち歩けないから冒険用のアイテムとしては落第だな。いや、別に私アイテムじゃないからいいんだけどさ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ