挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

355/679

355:次の部屋へ行こう。

 あれ? そういえば……

「てかさっきお姉ちゃんの匂い確認した時って、もうコレットさんも指曲げてましたよね?」

「はい」

 すぐ近くに居たはずなのに、お姉ちゃんのイチゴの匂いしか判らなかったんだけど。
 あー、でもコレットさんだしなぁ。
 何があっても「この人だから」でなんか納得できちゃうんだよね。


「どうしたのだ?」

「あぁいや、それなのに嗅がせてもらうまで全然判らなかったなぁと思いまして」

「あぁ、そういう事か。察せているとは思うが、コレットがつい癖で遮断していただけだな」

「職業柄、常日頃から必要以上に己を認識させる事を控えておりますので」

 もう無意識に能力使っちゃってるレベルなんだな……
 そういえば魔力もお友達になってるのに普通程度にしか感じられないし。
 姿も魔力も出す音とかも、「見えてる」んじゃなくて「見せてくれてる」って感じかな?


「あー、あくまで自分は裏方ですって感じですか?」

「そうですね。簡潔に言えば主の邪魔をせぬ様に、という事です」

 コレットさんがお姉ちゃんの問いに一言で同意する。
 ていうかこのゲーム、老廃物は無いけど体臭は有るんだな。
 隠れてても嗅覚の鋭い魔物とかだと見つかっちゃうんだろうか。

 あぁ、でも動物の匂いとかぴーちゃん達の匂いとか、普通に有ったな。
 それなら人間にも有って当たり前か。
 きつい匂いをさせる事なんて無いから、手に乗ったりしてても意識するほどじゃなかったんだろう。

「考え事してる時に、雪ちゃんが隣の部屋でお掃除始めると気になっちゃうもんなぁ」

「私は別に従者じゃないから良いんだい」

 あとそれお姉ちゃんもお互い様だからね。
 たまに何か倒して「わーっ!?」とか言ってるじゃん。



「さて、ではそろそろ次へ行こうか」

「はい。次はどこへ?」

「風呂の横にタオルなどを置いている部屋が有っただろう? そこへ頼む」

「はーい」

 アリア様に返事をしてコレットさんの手に乗ったラキを回収しようと思ったら、なんか目を離してるうちにコレットさんのウサ耳の間に配置されてた。
 ……うん、まぁ乗せていってくれるなら構わないけどさ。


 二人を乗せてスーッと移動するシルクの後ろを、ぴーちゃんやカトリーヌさんと一緒に追いかける。

「私もぴーちゃんに乗せてもらえばよかったよぅ……」

 ……移動速度に差の有るお姉ちゃんが、小走りでついてきながらぼやいてる。
 まぁすぐそこだから、ちょっとだけがんばれ。
 っと、ドア開けてあげなきゃね。

「はい、到着ですね」

「うむ。シルク、降ろしてくれ」

 一声かけて降ろしてもらい、ふむふむと言いながらシルクの作った棚や自分が置いていったタオルなどを確認していくアリア様。
 一通り見終わったら、今度はマッサージ台を念入りに調べてる。
 なんだろう、細工師としての対抗心でもくすぐられるんだろうか。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ