挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

349/679

349:下ろしてあげよう。

「さて、それじゃ解除する?」

「きゃーころされるーって冗談は置いといて、戻すのはちょっと待って」

「うん、普通に解除できるからね。で、どうしたの?」

 さくっと流すならわざわざ言わなくてよろしい。

「んーとね、お願いがあるんだけど……」

「ん? 言いづらい事?」

 変な事言われると反応に困るよ?
 まぁお姉ちゃんだからカトリーヌさんやエリちゃんみたいな心配は無いけどさ。


「あ、そうでもないんだけどね。この大きさならポチちゃんに抱き着くどころか乗っかったり出来るなーって思ってさ」

「あー、呼べって事ね。うん、良いよ」

 うん、でっかいもふもふは良いよね。
 気持ちはよく解る。

「ふむ、ポチというとあの小型犬かな?」

「あ、はい」

 あれ、アリア様ってポチに会ってたっけ?
 あ、そういえば蜜買いに来た時に商品棚の横でお座りしてたっけか。



 呼ぶのは良いんだけどテーブルの上に呼ぶのは良くないだろうし、とりあえず下に降りて芝生の上でポチを召喚。

「うぅ、いくら死なないとはいえ流石にここから飛び降りる勇気は無い……」

 お姉ちゃんがテーブルの端から顔を出して呟いてる。
 いや、叩きつけられてあんまり広がっちゃうと死ぬと思うよ?
 下は芝生だし、その高さならそこまで酷い事にはならないだろうけどさ。
 ……ポチの上に落ちるのは止めたげてね?

「手に乗せて運んでやろうか?」

「う、まだ普通の人に触られるのはちょっと怖いです」

 アリア様の提案を申し訳なさそうに断るお姉ちゃん。
 うん、慣れないうちは仕方ないよね。


「ひぃっ!? こ、こらーっ!」

 なんかお姉ちゃんがちょっとだけ前に出たと思ったら慌てて引っ込んで、テーブルの上を走る音が聞こえてきた。
 ……ラキあたりに押されたかな?

「うぅ、追いつけない……」

 うん、まぁそうだろうね。
 テーブルの上に戻って状況を確認してみると、お姉ちゃんがラキを追いかけるのを諦めたところだった。
 あんまりお姉ちゃんいじめちゃダメだよ?


「よしよし、大人しい子だな」

 おや、アリア様が抜け駆けしてポチを撫でまわしてるな。
 お姉ちゃんがそれをテーブルの端から悔し気に眺めて抗議する。

「あ、ズルいですようアリア様ー」

「ふっふっふ。悔しければ下りて来る事だな」

 うん、まぁ運んでくれるって言うのを断ったのはお姉ちゃんだしな。
 さっさと連れて行ってあげよう。


「それじゃシルク、お姉ちゃんを」

「ぴぅ」

 おや、シルクにお願いしようと思ったらぴーちゃんが手を挙げて鳴いた。
 自分が運ぶって事かな?

「あ、それじゃぴーちゃんにお願いしようかな」

「わーい、ありがとー。えっと、普通におぶされば良いのかな?」

 ぴぃと返事をしてしゃがみこんだぴーちゃんに、お姉ちゃんが後ろからしがみ付く。
 大丈夫だろうけど、一応言っておいた方が良いかな?


「ぴーちゃん、私の時よりゆっくりね? お姉ちゃんには【浮遊】の補助が無いからね」

「ぴっ」

「で、お姉ちゃんは全力でしがみ付いて良いよ。多分本気で首絞めてもぴーちゃんには効かないから、安心していいよ」

「あ、そうなんだね。それじゃぴーちゃん、お願いします」

 お姉ちゃんがぎゅーっとしがみ付いて、ぴーちゃんがそれを確認してフワッと浮かび上がる。
 うん、なんかじれったく見えるけど普段が速過ぎるだけで、あれでも走るよりはよっぽど速いんだよね。



「おっと、一旦手をひっこめた方が良さそうだな」

 下りてきたお姉ちゃんを怖がらせない様に、アリア様がポチを撫でる手を引いた。

「お邪魔してすみません」

「いや、ミヤコが触りたいと呼んでもらったのだからな」

 まぁ確かにね。
 せっかくだから可愛がってただけだし。


「わーい、ポチちゃんもふもふー!」

 着地したぴーちゃんにお礼を言って降り、伏せたポチのお腹に突撃していくお姉ちゃん。
 ……ポチが勢いに若干引いてる気がする。

「ふむ、気持ちよさそうだな……」

 それを見たアリア様が何か呟いてる。
 おっと、嫌な予感がするぞ?

「白雪、私とコレットも縮めてくれないか?」

 ……うん、やっぱりね。
 そんな気軽にやる事じゃないと思うんだけど。

 ……ああ、もし私が変な事考えたらジョージさん辺りに殺させれば良いだけなのか。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ