挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

343/678

343:噛んでみよう。

 小指も摘まんで伸ばしてみたけど、やっぱり元の大きさまで伸ばすと少し痛み始めるらしい。
 少しって言っても今って痛覚が一割しかないわけだし、本当なら千切れそうな痛みなのかも。

「『通常時の肉体に比例した』っていうのはこういう事かぁ……」

「うわぁ、指が凄い変な感じ……」

 摘まんでいる小指も、さっき置いた人差し指も、ゆっくりと元に戻ろうとしているらしい。
 スルスルとお姉ちゃんの方に……ってあれ?
 床に伸びた人差し指の所に、いつの間にかラキが来て匂いを嗅いでる。


「あれ、ラキにも匂いが判るの?」

 一応聞いてみると笑顔と頷きが返って来た。
 あ、ぴーちゃんとシルクも頷いてる。
 魔力の味と違って、【妖精】だけってわけでは無いんだな。

「そういやさっきも上の方で、変形した所から出てるとか言ってたな」

「流石にここからでは判らんが、あまり近づくわけにもいくまい。どうだコレット、お前なら判るか?」

 アヤメさんとアリア様の位置だと判らないらしいけど、更に離れているコレットさんは当然の様に頷きを返す。
 流石だな……



「ラ、ラキちゃん、噛み千切ったりしないでね?」

「ん?」

 ……ラキはなにしてんの。
 お姉ちゃんのハラハラした声に振り向くと、ラキがテーブルの上に伸びていたお姉ちゃんの指先を拾い上げて、細くなったところを横からはむっとくわえてた。

 なんだろ、良い匂いするから舐めてみたくなっちゃったのか?


「あー、これもしかして匂いだけじゃないのかな?」

「雪ちゃん、不安になる様な事言わないでほしいんだけど……」

「いや、だってなんかラキが幸せになってるんだもん……」

 紐状になったお姉ちゃんの指をもごもごしてるラキから、かなり上機嫌なのが伝わってくる。
 これ多分、そこが美味しいからでしょ。
 ほとんど変形してない指先には見向きもしてないし。


「ぴっ」

 あ、わたしもーとばかりにぴーちゃんがラキの前に伏せて舌をちろっと出した。
 自分じゃ摘み上げられないから、ラキに乗せてーって言ってるのかな?

 たったか走ってぴーちゃんの顔に近づき、持っていた指をぽーいとぴーちゃんの舌の上に放り投げるラキ。
 ……もうちょっと丁寧に扱ってあげない?



「あー、やっぱなんか美味しいらしいよ」

「うぅ、嬉しくない情報が……」

 そうは言っても、ぴーちゃんも喜んでるのは事実だしなぁ。

「うーん」

「雪ちゃんから嫌な気配がする……」

「一応確認させてもらってもいい?」

「やっぱりだよ!」

「いやほら、仕様の確認って大事じゃない?」

「うぅ、言い訳にしか聞こえないよう。まぁ手伝うって言ったの私だし、諦めるけどさ……」

「あー、嫌なら嫌って言ってくれて良いからね?」

 別に無理にやりたいわけじゃないし。


「毒を食らわば皿までって言うじゃない」

「まぁこっちとしては助かるけどね。それじゃ、痛かったら止めるからちゃんと言ってね?」

「待って待って雪ちゃん。丸ごとなの?」

 伸ばしたのと反対の手を取って、口をあーんと開けたところでお姉ちゃんからツッコミが入った。

「大きい方が判りやすくない?」

「いや、そうかも知れないけど…… うぅ、解ったよぅ」

 ちゃんと同意を得たので、握らせた拳を丸ごとぱくっと口に含んで手首を唇で挟む。
 うん、変形してないから特に匂いも無いし、普通の感触だな。


「うぅ、ぬめってするー」

 くすぐったいから舌の上で指を動かさないでほしい。
 舌を持ち上げてぐにーっと上あごに押し付けてみたけど、流石にこれくらいじゃ潰れないか。
 ……あ、いや、ちょっと甘い?
 関節が折れ曲がったのかな。

 なんだろこれ、いちごグミって感じの味?
 んー、もっと潰せばもっと美味しくなるかな?


 れろっと舌を動かして、お姉ちゃんの手を口の端、奥歯の上に持っていく。
 ゆっくりと顎を閉じていくと、手が変形していくにつれてだんだんと味が染み出てきた。
 おぉ、これは確かに美味しいな。

 潰れて奥歯の横にはみ出た部分を、舌と頬を使って歯の上に寄せてもうひと噛み。
 うん、噛むたびに爽やかな香りと濃い味が滲み出てくるのを感じる。

「おーい雪ちゃん、もう良いでしょー?」

 お姉ちゃんにほっぺたをぺちぺち叩かれた。
 むぅ、仕方ない。
 あくまで確認だし、もぐもぐし続けるわけにもいかないだろう。
 てかあんまり畳んで潰してを繰り返してたら、その内伸びが限界に来ちゃうだろうし。


「うん、確かにイチゴ味が出てたよ」

「言わなくても見てりゃ判るわ。いや何味かまでは判らんけどさ」

 上からツッコミが飛んできた。
 まぁそりゃそうだよね。

「うー、私の手がぁー……」

 うん、ごめん。
 噛んだガムみたいになっちゃったけど、なんかうにうにと戻っていってるから許して?


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ