挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

318/729

318:ドッキリさせよう。

「うふふ。リアクションの大きな子は好きよー?」

 ロクさんを受け止めた背もたれから触手を生やして、よしよしと頭を撫でながら体を起こしていくジェイさん。

「っていやいやいや、え、何? ちょっ、えっ、あ?」

 おーおー、すごい混乱してる。
 ディーさんが体に色々仕込んでるのは言ったけど、ジェイさんについては何も言ってなかったもんなぁ。


「それじゃ改めて自己紹介しましょうか。私はジェイちゃん、生物や植物の研究と研究所をやってるのよー?」

「……『研究所をやってる』って、普通なら運営してるとかそういう意味なんだろうけどな」

「うふふ。私の場合は文字通りねぇ」

 アヤメさんがうわぁって顔をしつつもコメントを挟んでいく。


「え、これ、この椅子、ジェイ、さん!?」

 うん、この慌てようにはジェイさんもニッコリだな。
 いや、まぁ大体いつも笑顔だけど。

「そうよぉ。はい、これも私だけど、遠慮なくどうぞ?」

 倒れそうになった時に投げ出してたカップを、きっちり受け止めていたジェイさんが差し出す。
 おぉ、肉で薄い膜を張って、お茶がこぼれない様にしてある。


「え、何、マジで!? ちょっ、気付いてたなら言ってくれよおっさん!」

 とりあえずカップを受け取りはしたもののさっきみたいに口を付ける気になれないのか、隣のアルおじさんに文句を言うロクさん。

「ドッキリのネタをバラすわけにはいかないと思いまして。皆さんあえて黙っているようでしたし」

「くっそ、逆の立場だったら俺も黙ってるだろうから何も言えねぇ……」

 空気を読んだだけだと言うアルおじさんの言葉に、素直に納得してしまうロクさん。
 それで良いのか?
 いや私なんて入る前から知ってて黙ってたんだけどさ。



「それにしても、ジェイさんにしては脅かし方が優しいですね」

 正直椅子に固定して床に引きずり込むくらいやると思ってた。

「あら、この子はあくまでもディーのお客様でしょう? 私が取っちゃうわけにはいかないじゃない」

「あー、なるほど」

 でも正直、すでにちょっと精神すり減らしてるよ?
 取っちゃうわけにはいかないって言いながら前に出した体でロクさんのお腹に抱き着いて、背もたれと一体化して逃げられなくしてるし。

 あ、前側も木に擬態した。
 丸太に埋まってるみたいにされてるぞ、ロクさん。


「こらこらジェイ、そう言うならちゃんと放してあげなよ」

「はぁい。ごめんなさいねぇ?」

 人型のジェイさんが近寄って、倒れないように両手で肩を支えてから椅子を元の形に戻した。

「う、あ、いや、大丈夫っす……」

 近づいてきたときにちょっとビクッてしたけど、ちゃんと座れる程度には落ち着いてるな。
 まぁ落ちそうになったのも、いきなり飛び出てきてビックリしたからだし。


「ジェイ、もうそれ(・・)も良いんじゃないか?」

「そうねぇ。実はこれ、結構疲れるのよ」

 スッと色を失って、全身が本来の青白い色になるジェイさん。
 お、やっぱり服や靴も全部擬態だったか。

 ここでも「うおっ!?」って驚いてるロクさんに、満足げに頷くジェイさん。
 まぁ今回はお姉ちゃんやアヤメさんもちょっと声が出てたけどね。
 ……でもまだ続きが有るんだよな。


「ふー、やっぱりこっちの方が楽ねぇ」

「ジェイ」

「んもぅ、解ったわよ。段階を踏んだ方が楽しいじゃないの」

「まぁ、気持ちは解るけどね」

 解るんだ。
 まぁ長い付き合いだろうし、割とディーさんも見た目に似合わず子供っぽいところあるもんなぁ。


「えいっ」

 掛け声とともに両脚にピピッと筋が入り、バラッと解れて細目の触手が床に広がっていく。
 ロクさん、ギャーとか言ったらジェイさんが喜ぶだけだよ?
 いや、むしろ聞いてなかったのに全く動じてないアルおじさんとルミさんの二人が凄いのか。

「うふふ。何もしないから大丈夫よー?」

「……ふぅ、よっしゃ落ち着いた」

 お、しっかり深呼吸して落ち着きを取り戻した。
 ずっと驚いててもイジられるだけだって気付いたか。
 ジェイさんはちょっと残念そうだけど、少なくとも今はこれ以上ロクさんで遊ぶ気は無いらしい。


「ふぉわあぁっ!?」

「うわビックリしたぁ!? アヤメちゃん、いきなり何なの!?」

 いきなり奇声を上げるアヤメさんに驚いて椅子から落ちそうになるお姉ちゃん。
 ……レティさんがニッコリしてるってことは、何かイタズラされたんだろうな。

「いや、今首に何か…… いや、何かって言うかどうせジェイさんだろ」

「うふふ。アヤメちゃん、確証も無いのにひどいわー?」

 ニッコリしつつ頭をコテンと倒して首を傾げ、知りませんよーって顔をするジェイさん。
 でもやりそうなのも、実際にできるのも今の状況じゃジェイさんだけだよね。
 よく見たらシルクの足の間、ちょっとヌメってるし。
 あれジェイさんの粘液でしょ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ