挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
29/555

29:魔法を覚えよう。

 いい加減最初の目的だった魔法の取得を試そう。

 何からやろっか。 よし、とりあえず自分で出せる水からにしよう。
 あ、でも入れ物とか無いや。

 【魔力武具】でお椀とか作れないかな? 装備品ですらないけど。


 やってみたら出来た。武具とは一体…… まぁいいか。
 直径は五十センチくらいで底が少し平らになっている。お椀というかでっかいボウルだな。
 さっきの結晶みたいに重量が感じられないけど、重さが無いって物によってはデメリットだよなぁ。

 しかし結構雑に作ったけど、これ体積で消費が変わるって事は薄くすれば節約できたのかな?
 そうしたら強度がどうなるのかも気になる。
 まぁ今試すのもMPが勿体ないし、また今度だな。



 足元に置いてから水を注いで準備完了。
 直接触れている方がやりやすそうなので両手を突っ込んで魔力を出してみる。
 んー、これ容量多すぎて魔力が拡散しちゃってる気がするなぁ。
 仕方ない、その分一杯流し込んじゃえ。

 幸いそれほど大量に流さなくても、なんとなく自分の魔力がちゃんと混ざった感じがした。
 感じがしただけだけど、それが大事なんじゃないかな。うん。

 よし、これでこの水を動かそうと頑張ってみればいいんだな。
 むー。違う、これ魔力動かしてるだけだ。水ごと動かさないと。

 ちょっと苦戦したけどなんとか少しずつ動かせるようになった。
 渦を作って遊んでみる。 なんか地味に楽しいな。


 よし、ちゃんと【水魔法】が習得出来てる。途中で急に動かしやすくなったし、あのタイミングで覚えたんだろうな。

 実際に覚えておいてなんだけど、こんなんでいいのか魔法。
 じゃあ返せとか言われたりしても困るけどさ。



 よし、じゃあ次は【土魔法】行ってみよう。
 汚れそうだしキトンは脱いで仕舞っておく。

 花壇から柔らかい土をちょっと拝借してきた。
 あ、さっきの水を混ぜてみたらいいんじゃないか?
 魔力を流した水だし少しはやりやすくなるかも。

 土にちょっとずつ水をかけて粘土みたいな硬さにする。こねこね。
 よし、いい感じになった。

 丸めた土を両手で持って、形が変わるように念じる。
 形とか何も考えてなかった。 とりあえず柱を生やしてみよう。


 中の水だけが抜け出て上に伸びて土が少し乾いたりもしたけど、やってるうちになんとかなった。
 伸ばしたり曲げたりして遊んでたら急に楽になった。多分スキルが取れたんだろう。

 とりあえず土を花壇に戻してさっきの水で手を洗う。
 パネルを開くとちゃんと【土魔法】があった。



 そういえばこの水、さっき魔力通したけどまだ残ってるなら【吸精】で回収できないかな?
 試してみたら出来た。 多分使った量の半分も戻ってきてないけど、ちゃんと吸えたようだ。
 あ、もちろん手からです。 さっき泥のついた手を洗った水だからね。

 ついでにボウルも吸えないかな? 説明分だと魔力を固めた物みたいだし、やってみよう。
 これも出来た。 口で吸ったからか三分の二くらい回収できた。
 【魔力武具】と【吸精】は相性が良いな。


 うん、それはいいんだ。
 問題は吸った瞬間にボウルが消えて中に入ってた水が押し寄せてきたせいで下半身がびしょ濡れになっちゃったことだよ。
 キトン脱いでおいて良かったー。

 そりゃ魔力で出来た物の魔力を吸ったら消えるし、容器が消えたら中身はばら撒かれるわ。
 アホか私は。

 MPが勿体ないし、自然乾燥でいいや。暖かいから大丈夫でしょ。



 さて、次は【風魔法】かな。
 風か。空気を動かせばいいんだろうけど、水や土と違って目に見えないからちょっと厄介だな。
 とはいえ動けば肌で解るってだけ【空間魔法】とかより格段に楽なんだろうな。
 そう考えると最初に選んだのは正解なのかも。

 うーん、空気に魔力を流す……
 そうだ、手の平に魔力を集めてそこに息を吹きかけてみようか。
 動いてるのを肌で感じられる分そこに空気が有るって事も認識しやすそうだし。

 いや、そもそも息に魔力を込めて吹いてみたらいいんじゃないか?
 出来るかな? とりあえず試してみよう。
 うん、多分出来てる。 ちょっとMP減ったし。


 あと目に見えないから実際に操れたかどうかも判りづらいな。
 粉とか撒いた環境なら見えるだろうけどそんなの持ってない。

 あ、そういえばラズベリーの種を捨てようと思ってそのまま忘れてたな。
 あれを【吸精】で吸って崩しちゃえばいいんじゃないか? 大した量が無いから飛んで行ったらすぐに無くなっちゃうけど。

 そうだ、飛んで行かない様にフラスコみたいな容器に入れて息を吹き込んでみたらどうだろう。
 それなら魔力を込めた息も散っていかないし。


 【魔力武具】で脚付きの丸底フラスコを作ってみた。
 今度もサイズは五十センチくらいだ。
 厚みを減らしてみたけど思いっきり叩いてみても割れなかったから強度は十分。
 むしろ私の拳の強度が不十分。 いたいよう。

 そういえばこれ、蜜を集める時の容器問題がちょっと解消されたんじゃなかろうか。
 まぁ今はそれはいいや。


 アイテムボックスから種を全て取り出して左手に乗せ、右手で一つずつ摘まんでフラスコの口の上で吸い尽くして崩し、すり潰す。
 めんどくさい…… けど試しに何個かまとめて摘まんでみたけど、一つずつしか出来なかったから仕方ない。

 やっと全部終わった。 フラスコの底に黒ずんだ粉が溜まっているのが見える。
 さて、本題はここからだ。 大きく息を吸い込んで、魔力をフラスコの中に勢いよく吹き込む。
 うえっ、吹き込み過ぎて舞い上がった粉がちょっとだけ口に入った。 ぺっぺっ。

 口の上に簡単な蓋のような物を作ってかぶせておく。
 でもこれ重さは無いから中で風が起きたら飛びそうだな。ひっかけられる構造にしておけばよかった。


 まぁいいや。よし、まだ粉は落ち切らずに漂っている。これを風で動かすのだ。
 よく考えたら今までと違って間に障害物があるけど…… まぁ見えてるから大丈夫だろう。きっと。

 結論から言うと、認識さえできれば土よりも簡単だった。 軽いからかな?
 フラスコの中で小さな竜巻を作ってみたりしてひとしきり遊んで、風を完全に止める。

 粉が飛び回ってる状態のままで容器を消して浴びる羽目になるのは御免だからね。
 私だって学習するのだ。


 よし、【風魔法】もゲットだ。
 なんかその上に【吐息(ブレス)】とか見える気がするけど気のせいだよね。

 うん、わかってる。無かったことには出来ないんだ。
 多分さっき口から魔力吐いたせいだろうなぁ……
 仕方ない、詳細パネルを見てみるか。

──────────────────────────────
 【吐息(ブレス)】 Lv:1 VIT:Lv*2 INT:Lv*2

 【魔力吐息(マナブレス)
  口から純粋な魔力を吹き出し、吹きかけられた者を破壊する。

 【妖精吐息(フェアリーブレス)
  口から妖精の魔力を吹き出し、吹きかけられた者を活性化させる。
──────────────────────────────

 説明分が殆ど使い回しじゃないか?
 なんか【妖精】固有っぽいのも出てるな。
 この名前だと植物以外にも効果ありそうだけど、どうなんだろ?


 ……今度お姉ちゃんにやってみよ。 勿論許可は取るけど。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ