挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
28/502

28:ギュッてしよう。

 結局「目に見える形で誠意を表したいから受け取ってくれ」と押し切られてしまった。
 もういいと言ってる相手に云々はどこへ行ってしまったんだ……

 もうなるようになれだ。


「さて、これで用件は終わりだな。目途が立ったら使いを送るので、済まないがまた出向いて欲しい。
 あぁ、あとこれからは簡単な応答であれば動作だけで返事をしてくれて構わんよ。
 無礼だなどとは言わんから安心しろ。その位の事をわざわざコレットに中継させるのも無駄だからな」

「はい、ありがとうございます。それでは今日の所はこれで失礼します」

 コレットさんにドアを開けて貰い退室する。
 中庭に戻って訓練の続きをしようかな。


 中庭のドアは閉まってたけど、近くの窓が少し開けてあった。
 開けておいてくれたのかな? いちいち人を呼ばなくていいから助かるな。

 あ、そうだ。一応ちゃんと確認しておこう。

「ライサさん、中庭の花壇の雑草は全部吸っちゃっても大丈夫ですか?」

「雑草ですか? はい、問題ありません。といいますか、手入れの手間が減るので処分して頂けるならこちらとしても助かります」

 よし。基本的にずっと飛んでるから結構減ってるし、回復手段はある方が良い。
 行ってきますと手を振って中庭へ向かう。

 周りから猫ちゃんは?って感じの視線を感じるけどお仕事をして下さい。


 さて、今度はポチの番かな。いでよわんこー。
 呼び出したら撫でまわす。よし。

 とりあえず呼んだけどお仕事は無いから、のんびり遊んでていいよ。
 私じゃ取って来いとか出来ないんだ。ごめんよ。

 駆けていくポチを見送って、近くの雑草を吸いまくってMPを補充しておく。
 いや、駆けて行ってもそこまで広い訳でも無いから見えてるけどね。


 さてと、さっきは魔力を操作出来た所で終ってたな。
 あぁ、それからスキルパネルを確認しようとしたんだったっけか。

 おぉ、【魔力操作】がちゃんとある。
 あるのは良いんだけど、なんか【魔力感知】とかも生えてきてるぞ。
 自分の魔力を把握しようと頑張った時に取れたんだろうか。

 まぁいいや。取れた物は取れたって事で。

 【浮遊】や【吸精】もちょっとずつだけど順調に伸びてる。
 【INT強化】は上がってるけど【MND強化】は上がってないな。
 魔法防御が必要にならないと経験値が入らないのかな?


 さて、とりあえずパネルを閉じてちょっとだけ【魔力操作】の練習をしよう。
 どう動いてるかを感じ続けて行けば【魔力感知】の経験値も入るかな?

 集中したほうが良さそうだし、今回も座禅を組んで少し浮く。
 魔力を胸から左腕へ送って、右腕を通してまた胸へ。
 回して留めて逆回転。
 よし、このくらいでいいかな。


 そうだ、これ(魔力)って自分の身体の外に出せたりしないかな?
 手と手の間を伝って循環してるし、物に魔力を流したり出来るんだから出来そうなものだけど。

 両手をお椀の形にして、できた空間の中心を意識してそこに魔力を流そうと念じてみる。
 むーん。何か目印っていうか核になる物が無いと意識しづらいな。座標を使うか?

 あ、なんかちょろっと出た感じがした。このまま頑張ってみよう。
 ちょっとずつ流れ出る量が増えてきて、中心部が淡く光り始めた。

 やった。このままボールみたいに出来ないかな?
 どんどん流してみよう。
 おー、おっきくなってく。両手をお椀から挟み込む形に変えて、更に膨らませる。
 わぁ、一メートル位になった。でっかいなー。


 ……あっ。

 これどうしよう……?
 手がちょっと光るだけでも結構魔力集めてたと思うんだけど、これ落としたりしたらマズくないか?
 ちょっと光るどころか電球みたいになってるんだけど。 不思議と眩しくは無いが。
 とりあえず魔力の供給はストップだ。

 むぅ、困った。
 重さは無いけどこのままで居るわけにもいかない。
 うーん、こう両手で挟み込んでギュッと圧縮出来ないかな?
 ……破裂したらどうしよ。


 ええい、ままよ!
 ギュッてなれーとアバウトに念じつつ挟み込んだ両手に力を入れる。
 少し縮んだ? よし、このままやってみよう。
 密度が上がってヤバさが増すだけだったらどうしよう。

 今更考えても仕方ない。
 もうバスケットボールくらいまで縮んだし、限界まで行っちゃえー!
 最悪破裂しても結界あるって言ってたしなんとかなるでしょ。
 花壇めちゃくちゃになったらカウンターで土下座するけど。


 うぅ、だんだん硬くなってきた。負けるかー! 
 いや、本当に落としたらマズいのかは知らないけども。

 ……あれ? 押さえ続けてたらなんかカッチカチに固まっちゃった。
 バレーボールくらいのサイズの透明な球体になっていて、重さは殆ど無いみたいだ。
 浮かんでいかないから最低限の重量はあるのか? でも元が魔力だし、そういう法則に従ってるかすら解らないな。
 まぁいいや。

 ……そういえば、出せたんだから戻そうとしてみたり、【吸精】してみれば良かったんじゃ。
 今更だな。なんか作れたみたいだし、結果オーライだ。


 困った時の【鑑定】さん。 全然スキルレベル上げてないけど。

──────────────────────────────
 ???
──────────────────────────────

 ……え? スキルレベルが低すぎてお話にならないってことだろうか?
 全く使ってなかったからなぁ……

 そうだ、ボックスに入れれば名前くらいは解るだろう。
 ねじこんで、と。 なになに、「魔力結晶(超高純度)」?
 ほー、なんか凄そうなのできた。


 しかしなんか凄いお腹空いた。ふらふらするよ。
 ってMPが殆ど無い!?
 うわっ、さっき見たときから四千近く減ってるじゃないか。

 一個に四千もMPをつぎ込んだ魔力玉って。
 諦めて投げたりしなくて良かったのかな……?

 いやぁ、まぁ多分【妖精】だし大したことにならないでしょ。
 もはや逆の方向性で開発を信頼してるよ。

 しかし巡らせても減らなかったけど流石に出すと減るのね。当然か。


 とりあえず片っ端から雑草を吸い尽くしていく。
 うっかり花まで吸わない様に気を付けないとね。

 生い茂ってるって程でもないから半分も回復できなかった。
 口で吸ってないから効率が悪いけど、不味いからやだ。

 まぁ半分でもお腹はある程度膨れたからいいや。
 さっきの結晶吸えば一杯回復するかもしれないけど、なんか勿体ない。
 後で一度誰かに見せてみて、何かに使えないか聞いてみよう。


 よし。【魔力操作】のスキルレベルとか上がってないかな?

 ……なんかまたスキル生えてる。 【純魔法】って何だ?最初のスキル選択で見た覚えが無い。
 まぁ全部ちゃんと見てはいないから、見落としただけかもしれないけど。

──────────────────────────────
 【純魔法】 Lv:1 INT:Lv*8

 【魔力弾(マナバレット)】 消費MP:20
  弾丸状の魔力を射出して攻撃する。

 【魔力武具(マナアームズ)】 消費MP:発現する物体の体積により変動
  魔力を物質化して武器にする。
  発現している間は維持コストとして、発動時に使用したMPが回復しない。
──────────────────────────────

 無属性魔法って奴だろうか?
 というか二つ目の奴、初期で覚えていいような魔法なんだろうか。
 まぁその程度の性能なのかもしれないし過度な期待は禁物だな。


 それにしてもポンポン取れすぎじゃないか? 嬉しいけどさ。
 【魔力操作】と【魔力感知】も一つずつ上がってるしね。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ