挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

263/733

263:振り返ろう。

「振り回されたって一体…… あー、おんぶされて飛び回ってたってやつかー」

 お姉ちゃんが疑問を口にし、即座に自己解決する。
 うん、やっぱりそれも書かれてるのね。
 まぁかなり広く飛び回ってたし、見てる人も居るか。

「そだね。まぁ帰ったらシルクに捕まってお仕置きされてたけど」

「あー」

「で、ぴーちゃんがめーちゃんの肩の上で正座させられてる間にエリちゃんと話をして」

「うん」

「なんかカトリーヌさんが死んで私と召喚獣(みんな)で役場に行った。シルクは残ってお仕事の続きをやってたけどね」

「待って待って。なんで流れの中でカトリーヌさんは死んでるの」

 うん、まぁツッコむよね。


「お恥ずかしいですわ」

「いや、誰も褒めてないからね? なんでちょっと照れてるのさ」

「何があったの?」

「えーと、確かシルクの座布団になってたんだけど」

「まずその時点でどうかと思うけど、うん。で?」

 ですよね。


「多分下から何かやったんだろうね。いきなりシルクがビクッとして、一気にカトリーヌさんの頭に体重かけてお尻で潰してた」

「イタズラが過ぎましたわ」

「ほんと何やってんの……」

 うん、まぁこういう人だから仕方ない。
 いや、普通の人なら投げ出すのかもしれないけど。



「で、まぁ役場で合流しようってメッセージを送ってから出発して、受付で二匹(ふたり)をライサさんに紹介して」

「あの人の事だから、喜んだんじゃない?」

「喜ぶどころか、ラキを良く見る為に即座に【視力強化】取ってたよ」

「あー、小っちゃいからね」

「だからってそこまでするかね」

「まぁ、あの人ですから……」

 なんかスッと納得されてる。
 まぁそうなるよね。


「うん、まぁ解りやすいよね。で、魔法を確認してもらう為にジョージさんも呼んで中庭に行って」

「ん? あー、危ないもんね」

「そういう事。で、行こうと思ったら受付からキャシーさんも連れていかれてね」

「あ、知ってる人だ」

「お姉ちゃんは案内されてたしね。で、色々有ってキャシーさんが石になった」

「えーと、色々?」

「まぁ詳しくは省くとして、お仕事でやらかした罰だね」

「厳しいんだねぇ……」

 コレットさんの訓練に付き合うのを、それ以上に恐れてたっていうのは黙っておこう。
 本人が目の前に居るし。
 いや、多分知ってるんだろうけどさ。


「で、その後に糸も見せて、カトリーヌさんがぴーちゃんに土下座して」

「えーと…… 今度は何があったの?」

「ゴムにしたやつの端っこをカトリーヌさんが噛んで、反対をぴーちゃんがくわえて伸ばしてたんだけど」

「いや、なにやってんの。で、カトリーヌさんが先に放しちゃったんだ」

「そういう事。で、ぴーちゃんに受付で可愛がってもらうお仕事を任せて、魔法の訓練を始めた」

「あー、なんかかわいーのが寝てるって書いてあったね」

「ぴぅー」

 ちょっと恥ずかしそうにするぴーちゃん。
 うん、ちゃんとそう思って貰えてたならお仕事は成功だな。



「訓練を始める前に、汚れない様にカトリーヌさんに上の服を脱がしてもらって、脇腹に肘を叩きこんだ」

「ひどくない?」

「ひどくない。下に着てる妖精の服まで脱がそうとしたからだし、そのツッコミ待ちでやったんだろうし」

「だんだん慣れてきてるな」

「慣れざるを得ないでしょ……」

 この人、一緒に居たらかなりの頻度で何かやらかすし。
 毎回戸惑ってちゃキリが無いよ。


「で、服を受け取ってから訓練を始めて、水の訓練あたりで職員さんにめっちゃ見られてた」

「うん、可愛いのが水遊びしてたら見るよね。私も見る」

「うむ、当然だな」

 そんな断言されても反応に困るんだけど。
 あと水遊びではないよ。ちゃんとした訓練です。


「皆さん、白雪さんの姿に夢中でしたわ」

「だからカトリーヌさんもでしょって言ったじゃん」

「言うだけでなく、びしょ濡れにされましたけどね」

「雪ちゃんひどーい」

「人の抗議をスルーするからだし。私悪くないし」

 いやうん、普通の相手ならやらないよ?
 お姉ちゃんにはやるかもしれないけど。


「で、そのあと地面から土の柱を生やして動かして、【土魔法】の訓練してたんだけど」

「だけど?」

「唐突にカトリーヌさんに絡まれた」

「え?」

「人聞きが悪いですわ」

「いやー、いきなり人の柱に攻撃を仕掛けてくるのは、絡んだって言われても仕方ないんじゃないかな?」

「……それもそうですわね」

 うん、納得してくれた。


「カトリーヌさんは何をやったの?」

「えーと…… お姉ちゃん、平たい石ある?」

「あるよー。はい」

 ……試しに言ってみたら、マジで円盤状の岩が出てきた。
 しかも結構大きいな。
 直径が私の身長くらいあるぞ。


「言っておいてなんだけど何で持ってるかな。まぁいいや、貰って良いかな?」

「いいよー。さらばじょにー」

「え、ちょっと待って。石に名前」

「あはは、流石に付けてないよー。冗談冗談」

「ミヤコの場合、本当に付けてても不思議じゃないからな……」

「むー、私は別に不思議ちゃんじゃないよ?」

「普段はしっかりしておられますしね」

「遠回しに今はダメって言われた!」

 いや、うん、言われても仕方ないんじゃないかな。
 そもそも石を仕入れてるのって「しっかりしてる」時のはずだし。


「まぁそれはともかく、ちょっと柔らかくしてっと」

 慄いているお姉ちゃんをスルーして、岩に魔力を流す。
 よし、このくらいで良いかな。

「実演ということですわね?」

「そゆこと。そいっ」

 岩に手を置き、中央から少し手前に柱を生やす。
 カトリーヌさんも反対から同じ事をやってくれてる。


「おー、なんか生えた」

「で、まぁこんな感じでうねうねさせてたんだけど」

「私が声をかけて、いきなり『えいっ』とやった訳ですわね」

 私の柱がガンッと殴られて欠ける。


「なるほどー。確かにこれは絡んだって言われるね」

「でしょ? で、そこから『やったなー』って反撃に移ったけど」

「けど?」

「一発も当てられずにカウンターでへし折られた」

「あー、こんな感じね」

「……一応言っておくけどこれ、別に再現してる訳じゃないからね」

 悲しい事に、真面目に殴り掛かってあしらわれてるだけだから。
 むぅ、ラキとやりあってた分、更に上手くなってないか……?


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ