挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

220/729

220:お尻を撫でよう。

 口の中が血だらけになってるっぽいカトリーヌさんは放っておいて、スプーンを一旦消す。
 ラキは両手で顔よりも大きな飴の欠片を持って、嬉しそうにちろちろ舐めてるな。
 なんか小動物っぽくて可愛かったので、一旦飴を机に置いて頭をなでなでしてみた。
 いやサイズ的には完全に小動物なんだけどさ。

 頭を撫でられて、にぱーっと笑顔をこちらに向けてくるラキ。
 うーん、見た目は私よりもお姉さんなのに無邪気だなぁ。
 よしよし、お尻も撫でてあげよう。
 ……痴女みたいだな、これ。まぁ口に出してる訳じゃないから良いか。

 すぃーっとクモ部分の毛を整える様に撫でていく。
 お、気持ち良いかー。よしよし。


 おや、ぴこっとお尻が反応した。この辺が良いのかな?
 同じところを少し力を入れてつつーっとなぞってみると、ぐぐぐっとお尻が持ち上がっていく。
 なんかしっぽの付け根を撫でられたにゃんこみたいだな。

 さっきみたいになってもなんか悪いので、そこばっかり撫でずに他の所も。
 あ、反対側のここも良いのね。まぁ左右対称でも不思議はないか。

 ん、飴をカトリーヌさんの手に置いて両手をこっちに広げてきたぞ?
 右手で撫でながら左手の人差し指を上から差し出してみると、付け根にきゅっと抱き着かれた。
 すりすりと顔をこすりつけながら残りの足もがっしりからめて、カトリーヌさんの手からこちらに乗り移ってくる。
 うーむ、ちっちゃいのが懐いてくるのは可愛いなぁ……


 少し指を立てて、体毛をかき分けて地肌をマッサージするようになぞっていく。
 痛くはないだろうけど、あまり爪を立てない様に気を付けよう。
 いや、むしろ少しカリカリかいてあげた方が気持ち良いのかな?
 痒いところは御座いませんかーってね。

 お、良さそうだな。にへーってとろける様な顔になった。
 っと、気持ち良いポイントをかいちゃうと刺激が強いのかな?
 顔を指に押し付けながらぎゅっと抱きしめられた。

 刺激しすぎても良くないかもしれないし、少し外しておこう。
 む、そこじゃないようって感じでこしこし擦りつけてきた。
 別に焦らしてる訳じゃないんだけど……


 まぁやってほしいなら良いか。
 渋ってたのに一杯糸出してくれたしね。
 そーれコリコリー。

 おおう、ちょっと締め付け強くない?
 まぁそれだけ気持ち良いのかな。
 ご褒美みたいなもんだし喜んでくれた方が良いよね。

 む、付け根をがっちり抱きしめてた腕が解かれた。
 六本の脚は私の指を捕まえたままで体を支えて、手は自分の正面に添えてその間をちろちろ舐め始めた。
 いや、ちろちろじゃないなこれ。
 上半身を思いっきり曲げた状態からのけ反るくらいまで、広範囲をれろーって舐めてきてるし。

 むぅ、興奮し過ぎてない?
 張り切り過ぎてうっかり噛まないでね?


 行き過ぎてもマズいので、かいていた指を止めて頭をうりうりと撫でてやる。
 ほらほら、終わりだよ。

 もっとお願いしますって顔してもダメー。
 なんかさっきからティアーナさんがすぐ横で両手を口元に当てて、「わわ、どこまでやるのかなー」って顔で見てるし。
 そういうんじゃないです。可愛がってるだけです。



 さて。糸に関しては何もやってないけど、仲間外れも可哀想だからぴーちゃんにも分けてあげるとしよう。
 ラキばっか可愛がられてずるいーって感じの、むぅーって顔でこっち見てるし。

 なんか少しぽっぽと火照ってるラキをカトリーヌさんの手に戻し、飴を拾わせる。
 ちょっと溶けて手の平に引っ付いてるのをペロペロされて、なんか嬉しそうだな。


 ほーらぴーちゃん、飴ちゃんだぞー。
 ぴーちゃんには持てないので、新しく出したスプーンで削り取った物を手で持って、口につぷっと押し込んであげる。

 こらこら、指を舐めないの。
 ぴーちゃんの口から指を引き抜き、もう一欠片。
 ……むぅ、今度はちゅぱちゅぱされた。

 目の前でラキを構い過ぎて、ちょっと嫉妬しちゃったかな?
 とりあえず残りの飴を口に放り込む。うん、甘くて美味しい。

 指でぐにぐにとぴーちゃんの舌をこねくり回して、引き抜いてから背後に回ってお腹に抱き着く。
 おー。カトリーヌさんがやってたけど、確かに背中側のもふもふも気持ち良いなぁ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ