挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
20/465

20:服を買おう。

 広場を抜け南通りに入ると、様々な店舗が並んでいた。
 とはいえ数はそれほど多くなく、広場から離れるにつれて建設中の店舗や空き地が多くなっているようだ。
 まだまだ出来始めの町といった感じだな。


 とりあえず広場から見て左手側の店を順番に見てみよう。何か見つかるといいけど。
 最初にあったのは大きな武器屋だ。うん、用は無いな。
 もしかしたら注文すれば私にも扱える物を作ってもらえるかもしれないけど、あんまり意味がないし。


 次の防具屋もスルー。
 なんか店の看板とか雰囲気が隣の武器屋と似てる。同系列のお店なのかな?


 次は鎧とかじゃない普通の服の店か。
 【浮遊】が禁止されてるって事を見ても今の時点だと【妖精】が居る事は考慮されてないっぽいし、このサイズの服なんて置いてないだろう。スルーだ。


 次はー、布や革とかの素材屋さんかな?覗いてみよう。
 革は分厚くて使えないだろうけど目の細かい布とか無いかなー。

 って、ドアが閉まってる。店はちゃんとやってるみたいだけど、私にドアが開けられるかな……?
 幸い西洋式の内開きのドアなので、押せば開くはずだ。
 よし、頑張ってドアノブを押し下げるからポチも一緒に押してくれ。あ、ゆっくりね。

 ……ノブ固いよ!! 上に乗っかって【浮遊】で下に飛ぶ力を加えても全然動かない。
 うん。私のサイズだと糸が太くて使えないさ。きっとそうだ。

 などと負け惜しみを言いつつドアから離れようとした時、声をかけられた。


「中に入りたいのかしら?」

 おっと、邪魔になってたみたいだな。
 ドアから少し離れた所に、物静かな雰囲気のお姉さんが立っていた。
 頷いて横に退ける。

 お姉さんが前に進み、軽々とドアを開け中へ入り振り返った。

「はい、どうぞ」

「いらっしゃーい。あれ、どしたの?」

 中から店員さんの怪訝な声が聞こえてくる。
 入られるなら見てみたいしありがたく入れて貰おう。あ、ポチは入っていいか解らないからお店の前で待っててね。

 ドアの邪魔にならない位置まで入って頭を下げ礼を言う。
 聞こえないだろうけどちゃんと口に出さないとね。

「中に入るついでだから気にしないで」

 ドアを閉め、軽く手を振ってカウンターへ行ってしまった。
 そちらを見た拍子にカウンターの向こうに居た店員さんと目が合う。

「妖精さんだー! 初めて見るよー! いらっしゃいませー!」

 元気な人だなぁ。会釈して返しておく。
 とりあえず布や糸を見てみよう。


 うん、予想通りだった。
 細めの糸でも結構な太さだ。布は一番薄い物なら何とか使えるかも。
 というか置いてあるのを見て今更気付いたけど、私にまともに扱えるような道具がない。

 小さめの針でも三十センチはある。編み針みたいなサイズだ。
 編み物なら出来るかもしれないが、これで普通の縫物をするのは厳しい。太いし。

 うーん、やっぱり当分この恰好のままで居ないといけないのか。
 もう少し露出を減らしたいんだけどなぁ……


 ん?あっちにあるのは…… 絹か。
 おー、すっごい細い糸もある。私から見ても一ミリくらいだ。
 こんな細いのまともに使えるのか? いや、使えるから売ってるのか。
 しかし当然とはいえ凄く高いな。

 素材屋なのに絹小物も売ってるのか。サンプルみたいなものかね?
 いや、素材屋っぽいなって勝手に思ってただけなんだけど。


 む。二メートル四方の白いレースのハンカチが売ってる。
 シルクオーガンジーって奴かな?かなり薄めだ。
 ふちの方のレース編みみたいな部分は更に薄くなっていて、殆ど透けて見える。模様が綺麗だな。

 これ、古代ギリシャとかの服みたいにすれば代わりになるんじゃないか?
 キトンって言うんだったかな。
 あ、でも絹って日焼けしちゃうんだっけ? 上着には向かないかなー。

 ……って高ぁっ!? 銀貨八枚!?
 ブランド物とか軽い美術品みたいな扱いなのかな……


 むぅ。高いし変色する可能性がある。
 でも買えない値段じゃないんだよな……
 うん、買っちゃえ。迷ったら買う。
 後悔するかもしれないけどしないかもしれないのだ。

 勝手に触ってもいいか判らないので店員さんを呼びに行こう。
 入り口近くのカウンターまで飛んで行く。


 店に入れてくれたお姉さんが店員さんと話をしていた。邪魔になっちゃうかな。

「おっ、何か欲しい物がありましたかー?」

 話を打ち切ってこちらに話しかけてきた。いいのかな?
 お姉さんもこちらを見て、軽く頷いた。よかった。

 あっちだと指をさしながらハンカチの所へ飛んで行く。
 店員さんもついてきてくれている。


 着地して「これー」とばかりにハンカチの前をぽふぽふ叩く。

「えぇっ!? これを!?」

 驚いたのは解るけど声が大きい。 失礼な態度になるけど耳を押えてしまう。

「あっ、ごめんなさい。でも、本当にこれを?」

 「大丈夫です」と首を振り、「はい」と頷く。

「ありがとうございます! じゃ、こちらへどうぞ!」

 ハンカチを持ってカウンターへ向かう店員さんについていく。


「大きな声を出して、どうしたの?」

 カウンターへ戻るとお姉さんが店員さんに問いかけた。

「いやぁ、これが売れるなんて思ってなかったからさー」

「これ、結構な額の高級品じゃなかったかしら?」

「うん、だからずっと店の飾りになるだろうなーって思ってたよ」

 うん、開拓と冒険に来てる人達が買う品じゃないよね。
 完全にただの贅沢品だし。


 ボックスの銀貨を全て取り出してカウンターに置く。

「ありがとうございます! 何か要望が有ればサービスしちゃいますよー!」

「お金持ちなのねぇ」

 声が…… いいや。多分無駄だ。 あとこれほぼ全財産です。

 要望か。キトンみたいに着るには留める物と帯が要るんだったかな?
 どうするつもりなのか解ってもらう為に実演しよう。
 とりあえず鞄を外して置いといて、と。


 一度カウンターの上に広げて、四分の三くらいを折りたたむ。
 後ろ手に折りたたんだ両端を持って右腕の下に折り目が来るように体を挟み込み、左手でまとめて持ってから右手で左肩の辺りを指さして示す。
 背中に翅があるせいで布が後ろに偏り気味だな。

「えーっと?」

「ここを留めたいって言ってるんじゃないかしら? 服として欲しかったみたいね」

「あ、なるほど。留め具かぁ、ボタンは大きくて邪魔になるだろうし糸で留めるしかないかな?」

 先程のコーナーから絹糸を持ってきた。
 でも針結構太いけど大丈夫かな?


 この編目の大きさなら頑張れば手で挿し込めそうだな。
 「糸、ちょうだい」と右手でジェスチャーしてみる。

「自分の手で通すから糸をくれって言ってるんじゃない?」

 おお、伝わった。当の店員さんは疑問符浮かべてたけど。
 ついでに端っこをまとめて持ってもらおう。まとめた先端を右手で指し示す。
 お姉さんがそっと持ってくれた。お客さんじゃないの? まぁいいか。

 左肩の上になる部分に糸を通す。
 折り返しているので一周で四枚、負担を和らげるために三周しておいた。
 糸を切ってもらい、解けない様に結ぶ。右側も同様に。
 少し右腕の下の余裕が少なめだけど、翅があるから仕方ない。

 しかし、顔の前に巨大なハサミが来るのって怖いね。


「おぉ、これはいいですねー。かわいーですねー」

 あとは帯も必要だよね。ウェストを囲むように手で表してみる。

「あ、帯も要りますよね。 フミちゃん、見繕って持ってきてくれる?」

「客を使わないでくれるかしら? うん、あれが良いかしらね」

 使うなと言いつつ取りに行ってくれる。良い人だ。
 絹のコーナーからワインレッドの細いリボンを持ってきた。
 糸もだけど絹製品をサービスして貰って良いのだろうか。


「はい」

「全く遠慮なしにシルクリボン持ってきたねぇ。全然構わないけどさ」

 良いみたいだ。ありがたく貰っておこう。
 ん?後ろ向けって? あ、結んでくれるのか。 ちょっと怖いけどお願いしようかな。

 絞られて真っ二つになったりすることも無く、かわいく結んでもらえた。
 現実だと似合わないにも程があるだろうけど、今はちっちゃいからいいよね。


 宙に浮いてくるりと回ってみた。
 うん、後ろが少しダブついてるけど翅の邪魔にもなってないから大丈夫だろう。
 後ろは布やリボンで塞がっちゃったし、鞄はボックスに仕舞っておこう。
 お腹の前になら付けられるけど違和感が凄いしね。


「うんうん、良いですねー。これからも当店をどうぞご贔屓にー!」

 ぺこりと頭を下げ、店を出る。

 ……出られなかったので開けて貰った。むぅ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ