挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

173/679

173:手伝わせてあげよう。

 言葉選びを完全に間違えた感じはするけど……まぁいいか。
 言われたカトリーヌさんは、なんか嬉しそうにふるふるしてるし。

 言い方と言った状況で私が何が言いたかったを理解した上で、あえて罵倒として受け取ってる顔だな。
 多分だけど合ってると思う。カトリーヌさんって結構察し良かったりするし。

「まぁいいや。やる事は一緒だし」

「カトちゃん的には、もっと睨み付けて酷い台詞の方が嬉しかったりー?」

 何を楽しそうに言ってるんだ。
 あ、コレットさんがライカさんの角を拭き始めた。
 塗り付ける前の下準備かな? 


「いえいえ。私としては演技という混ざり物が無い、本心からにじみ出る罵倒が好ましいのですわ」

「いや、そんな人が心から『死ねばいいのに』とか思ってる様に言わないでよ……」

「それと視線は普段通りで十分ですので」

 おいこらどういう意味だ。喧嘩売ってんのか。
 あえて怒らせて、本心から死ねって言わせようとしてないか?

 いや、多分素で言ってるだけだな……
 この人の場合単純にその方が嬉しいから、眼つきの悪さを良い物だって褒めてる可能性もあるし。

 うん、まぁいいや。気にしても仕方ない。
 気にしたからって変わらないからな……
 っていうか変えた上でこの言われようだよ。



「あ、向こうの準備も終わったっぽいよ」

 エリちゃんの言葉で視線を移してみると、角を拭き終わったコレットさんがアリア様の横に戻っていってた。
 あ、頭にタオルが軽く巻いてあるな。
 髪にカトリーヌさんが垂れるのを避けるためかな?


「それじゃ…… ってシルク、どうしたの?」

 カトリーヌさんを再度促そうとしたら、シルクがふよふよとライカさんのお膝からこっちへ飛んできた。

「えーっと…… お手伝いしてあげるって?」

 こくこくと頷く。
 まぁやりたいっていうなら止めないけど……
 やりたいっていうか、屋敷の住人(カトリーヌさん)の為に奉仕するって感じだな。


「うん、それじゃお願いね。無理はしなくて良いからね?」

 首をふるふると振る。
 無理してないよって事なのか、仕事だからって事なのか。

「シルク様にお手伝い頂けるとは……」

 うーん、カトリーヌさんは凄い嬉しそうだし、まぁいいか。


「ん、何? んーと…… 紐か糸? 欲しいの?」

 シルクがこちらを見て、摘まんだ紐を左右に引っ張る様なジェスチャーをするので、何となくで聞いてみる。
 頷いたから合ってたんだろう。

 いつの間にか近くに来ていたコレットさんが、糸を乗せた手を無言でスッと差し出す。
 ……びっくりしたー。
 シルクは動じてないってのが、ちょっと悔しい。

 シルクが少し糸を引っ張って「ここ切ってー」って感じに糸をトントン叩くと、すぐにコレットさんが切断してあげてる。
 ……あれ、素手だよね。どうやってんだ…… いや、気にするだけ無駄か。
 この人たちは色々とレベルが違い過ぎるし。


 同じ長さの五本の糸を束ねて持ち、コレットさんにお辞儀するシルク。
 コレットさんは頷いて普通に歩いて戻っていった。
 来る時も普通に来てくれていいんだよ?

「で、その糸はどうするの?」

 私の質問にシルクは「大丈夫、すぐに解るから」といった顔で頷き、カトリーヌさんの腰を鷲掴みにして自分の正面に引き寄せた。
 何をするのかと思ったら、次の瞬間にはでパレオがシルクの手に移っている。
 刺すのに邪魔になるのかな?


 カトリーヌさんの腿を掴んで引き下げていき、顔が自分の目の前に来るようにした。
 で…… おお、無茶するなぁ。
 カトリーヌさんが今まで腰に巻いていた布を、口をこじ開けて無理矢理ねじ込んでいく。
 おいおい、丸めても結構大きいだろうに。入りきるのか?

 あぁ、流石に全部は無理か。
 はみ出た部分を顔の下側を覆うマスクの様に巻いて、上から紐で縛りつけた。
 猿轡とそのせいで歪む顔を隠すってのをまとめてやっちゃうのね。

 でもあと四本残ってるな。
 あ。また腰を後ろから鷲掴みにして、今度は体の横にぶら下げるみたいに持った。
 どこ行くんだ?



「な、なに……?」

 ライカさんのお膝に座ったままだったソニアさんの前に行った。
 意図がよく解らなくて若干怯えてるな、ソニアさん。

「えっと、多分口開けてって言ってる」

 シルクの口の動き見てると、「あーん」って言ったっぽいし。
 しかし何する気だ。まさか丸ごと放り込みはしないだろうけど。


「わ、わかった……」

 パカッと口を開け、待機してくれるソニアさん。
 おー、ちゃんと牙が有る。

 で、開けさせてどうするんだろ。
 右手で腰を持ってぶら下げていたカトリーヌさんを、お腹が左手に乗るようにして持ち変える。
 あ、翅むしり取った。


「んむ…… 甘くて、美味しい……」

 翅は甘いのか……
 一本むしってソニアさんの舌の上に放り込み、むぐむぐと口を動かし開いたところにもう一本。
 むしる度にカトリーヌさんの手足がのけ反るように伸ばされ、ビクビクと痙攣している。

「うわー…… あれ大丈夫なの?」

「いやー、一回翅が吹っ飛んだ事あるけど、すっごい痛かったよ」

「うへー」

 何が厳しいって、そこだけ吹っ飛ばされても痛いだけで死なないってのがね。
 無いと飛び辛いから、制御を失って落下死はするかもしれないけど。
 まぁ翅を使わなくても、飛べなくはないけどね。さっきもめーちゃんの体内(なか)で飛んでたし。



 翅をむしり終わったシルクが、ソニアさんの手を指さす。

「えっと、手、出す、の……? はい……」

 今度はすぐに察せたソニアさんが右手を差し出し、シルクがその上にカトリーヌさんを乗せる。
 次は何だ?
 あ、腕と脚の付け根をきつく縛り始めた。
 あれ、止血だよなぁ…… うん、嫌な予感しかしないぞ。
 逆にカトリーヌさんの目は期待で輝いてるけどさ。

 んー……
 角に刺すときに手足が邪魔になるのかな?
 まぁ確かに血でも肉でも内臓でも、胴体だけあれば十分ではあるけど……


「また、口、かな……? んぁ」

 シルクが口を大きく開けたのを見て、ソニアさんも口を開ける。
 転がしておいたカトリーヌさんの腰を、シルクが再度掴んで飛び上がる。
 今度は前後が逆になって足が前に来てるな。

 あー、やっぱりか。
 ソニアさんの目の前まで飛んで行って、カトリーヌさんの脚を手刀でトントンと叩くジェスチャーを見せた。
 縛った所の少し先だな。


 それを見せた後、カトリーヌさんの両足を揃えてソニアさんの口の中に差し込んでいく。
 あ、途中で止まった。まとめてだと長いから、ここで一旦切れって事かな?
 うん、それっぽいな。両腿をまとめて持ってた左手を放して、ソニアさんに向けてパクッと閉じるハンドサインを送ったし。

 あ、行った。
 唇も一緒に少し閉じてるから見えはしないけど、多分膝のすぐ下あたりかな?
 ていうか腿が唇に挟まれてちょっと潰れてないかあれ。

 口の中で舌が動いたな。
 前歯で殆ど千切れた足を、舌で完全に千切りながら横に避けたのかな?
 あ、また開いた。今度はしっかり奥まで差し込んでいった。


 さっき少し潰していたのを感じていたのか、今度は慎重にカトリーヌさんの腰を唇で挟むソニアさん。
 糸の位置を探って、バツンと腿を噛み切った。

 唇を少しずらし、先端だけを咥えたけど何を……
 あ、ちょっとだけ吸った。縛られた先に残ってた血を抜いたのかな?
 最後に舌先で断面をチロリと舐め潰して終わりか。

 ……何で初めてのはずなのにちょっと手慣れてる感があるんだ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ