挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

159/679

159:協力してもらおう。

 あ、そうだ。
 丁度いいからアリア様にも相談に乗ってもらうとしようか。
 私じゃ何か思いついても権限が無かったりするだろうし。
 ……っていうかアリア様居たら私が相談に乗る必要無いんじゃなかろうか。

「済みません、アリア様。ちょっとお時間良いですか?」

「む? 仕事も終わって暇だから来たのだし、いくらでも構わんが」

「それは良かった。こちらのソニアさんが何やら困っているらしくて、これから相談に乗る所なんですが」

「ふむ。一緒に聞いて欲しいという事かな?」

「はい。ただの【妖精】の私に出来る事なんてそう多くないので、アリア様のお力添えを頂ければと」

「うむ、構わんよ。民の為に働くのが私の務めだからな」

 よし、権力者の協力をゲットだ。
 ……なんか棺桶からガンッて聞こえた。どっかぶつけたのかな。


「そそそそんな、王女様に聞いてもらうなんて…… お、畏れ多いぃぃ……」

「ははっ。そう怯えるな。何も取って食いはしないさ」

 あー、ソニアさんの意見も聞かずに勝手に偉い人引き込んだのは悪かったかな?

「そーそー。どっちかって言うと、取って食うのは最初に相談したユッキーの方だよー」

「いや、人聞きの悪い事を言わないでよ……」

「えー? だって美味しそうに食べるじゃない。ってそうだ、早く食べてもらわなきゃ」

「別に無差別に襲ったりはしないし…… てか、やっぱ食べなきゃいけないんだ」

「だって気になるしさー。嫌ならそっちのカトちゃんにお願いするけど」

 カトちゃん……カトリーヌさんか。何故ちゃん付けに……


「私は構いませんよ。どう味が変わるのか、気になりますし」

「いや、私も別に嫌って訳じゃないけどさ」

「ふむ、そういえば白雪は人食いだったか」

「もー、アリア様までそんな」

 っていうか何故私だけ。カトリーヌさんも食べるのにさー。


「はっはっは。まぁ心配するな。人を食べるからと言って危険視したりはしない」

「危ないかも知れないのに、良いんですか?」

 おいお姉ちゃん、そう思うのは解るけどさ。
 それで「じゃあ追い出そう」ってなっちゃったらどうするんだよ。
 私、町の外で生きられるとは思えないよ。

「別段【妖精】だけが人を殺す訳では無いしな。悪事を働く気が無ければそれで良いさ」

「危険だからというなら、この町の中にコレットさんに並ぶ人は居ませんし」

「モニカ、後で仕置きされることを覚悟しておいた方が良いと思うぞ」

「口が滑りました…… うぅ、絶対聞かれちゃいましたよね……」

 あ、崩れ落ちた。一体何をされてしまうんだ……
 ていうかコレットさん、そんな強いのか。
 あれだけ神出鬼没なジョージさんすら並べないとは。


「まー、それはともかくソニアちゃんのお話もあるし、早いとこ食べてよぅ。あ、ここ刺しちゃって良い?」

「あ、うん」

 さっきの被食セット、ここでも使うのね。
 まぁ当然っちゃ当然か。


「そーれ、どーんどーん!」

「それは何の仕掛けだ?」

「あぁ、溶けた時に砂が混ざったりしない様にというのと、垂れて広がってしまわない方が食べやすいだろうと用意してくれたみたいなんですよ」

「ふむ。自分が食べられる為の機材を用意するとは、奇特な奴だな」

「ですよねぇ」

 私が言うのもなんだけど普通じゃないよね。


「だって気持ち良いんですよー?」

「ほう、そうなのか?」

「うーん、私は判りませんけど良いらしいですね」

「ふむ。気にはなるが、流石に私が試す訳にも行かんだろうな」

「それはまぁ……」

 いくら何でも王女様を溶かしたりするのは、マズいどころの話じゃないだろう。


「よーし、準備おっけー! さー、いつでも来-い」

「服は着たままで良いのか?」

「流石に恥ずかしいからねー。まー溶けたら何処がどこだか判らない状態で露出しちゃうんだけどー」

「しかし話には聞いていたが実際に見るのは初めてだな」

「あまり見たい物ではありませんけどね……」

 げんなりした表情で話すお姉ちゃん。
 まぁただでさえグロいのに、それに襲われれば嫌にもなるよね。


「今度こそ動いてみせるぞー」

「ってそういえばカトリーヌさん、【血肉魔法】取れてる?」

「えっと…… 取れていない様ですわね」

「それじゃ今回もカトリーヌさんが溶かしてあげて。まぁ取らなきゃいけない物じゃないけど、取れるのが解ってるんだからせっかくだしね」

「はい。私としてもぜひ取得して、【吸血】を試してみたいですからね」

 あぁ、そう言えば欲しいんだったか。
 理由が弾けたいからってのはどうかと思うけど、カトリーヌさんじゃ仕方ないな。


「あ、私ご飯の支度するから先に戻ってるねー」

「では私も。それではアリア様、失礼します。白雪さん、アヤメさんによろしくお願いします」

「うむ、また会おう」

「はーい。ちゃんと伝えとくよー」

 アリア様に挨拶してログアウトしていくお姉ちゃんとレティさん。
 アヤメさんはいつ開放されるだろうか……
 というか無事だろうか? またシルクになでなでされてなきゃ良いけど。

 あ、今回はなでなでじゃなくてふきふきか。
 いや、そんなのはどっちでもいいな。


「さて、それでは行きます」

「あ、ゆっくりね、ゆっくり」

「むぅ、解っておりますわ。大丈夫です」

「いやごめん、一応ね」

 流石にアリア様が隣に居る状況で破裂させるのはマズい。
 いくら治せるとは言っても、ジョージさんに何言われるか判ったもんじゃないよ。


「ふあぁー、入って来ルゥー……」

「なんと羨ましい……」

「モニカ、抜け駆けは許さんからな。お前の仕事はここを管理する事だぞ」

「うぅ、宮仕えという立場が憎い」

 だったら辞めるとか見境ない事言い出さなくて良かった……
 正直この人だったら言っても不思議じゃないからなぁ。

 あ、でも辞めたらここに入れさせてもらえなくなる可能性もあるのか。
 あとそこの管理室にも住めなくなるだろうし。
 その特権を捨てたくないからだろうか?
 実際の所は判らないけど、まぁ別に良いか。


「このくらい、でしょうか」

「だね。エリちゃん、調子はどう?」

「アぁー、良イかンジー。でモやっぱリうゴクのムずかシイねー」

「これは…… 中々精神に来るものがあるな」

 流石のアリア様も引いてるな。

「そうですね…… しかし、【妖精】の方のする事であれば、私は全てを受け入れます」

 いや、何なのその決意みたいなのは。
 別に嫌なら嫌って言ってくれればいいし、気持ち悪ければ見てなくて良いんだけど。


「ジャ、メシあガレぇー」

「はい。では頂きます」

「頂きます。……うぇっ」

 こういうとちょっと悪い気がするんだけど…… うん、まっずい。

「こ、これは…… ちょっと……」

 流石のカトリーヌさんも駄目らしいな……


「そんナー」

「いや、なんていうかさ…… こう、殆ど火が通ってない、かろうじて歯が通るだけの生芋みたいな……」

「えぇ、そんな感じですわね……」

 ちょっとこれを完食するのは無理だ……

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ