挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

15/644

15:召喚しよう。

 町のすぐ外に居る魔物の事や、パーティーの組み方など色々聞いてみた。
 パーティーについては組むことがあるか解らないけど。

 垢などの老廃物は出ないものの、なぜか汗はかくという嫌な仕様も聞いた。
 体からは出なくても、埃や土などで汚れるので水浴びは必要みたいだ。

 トイレ関連が無いのが開発最後の良心だとか。最後のって……
 一体どれだけやらかしてるんだろう。あ、私もう散々な目に合ってるわ。


「さて、そろそろ出ようか。ずっと話してても仕方ないしね」

 会話が途切れたタイミングでアヤメさんが促した。
 飲み物一杯で(主に私のお金の事で)結構長い時間ここに居るしね。
 お互いに全部聞いててもキリがないし丁度いいだろう。


 役所から出て、一旦広場のベンチに戻る。

「さて、これからどうする?」

「私が言うのもなんだけど、皆は狩りに出たほうがいいんじゃないかな? 私のせいで出遅れさせちゃったし……」

「気にすんなって。好きでやってるんだから。それに言っただろ? 私達は別に攻略組とか目指してる訳じゃないって。焦る必要なんてないのさ」


 それでも申し訳ない気持ちは残る。

「あっ、そうだ! 雪ちゃんの召喚獣見たい! わんこわんこー!!」

 それはいいんだとばかりにお姉ちゃんが空気をぶった切る。
 私は猫派だい。



 よし。

「それじゃ呼んでみるよ」

 とは言ったもののどうすればいいのかな?
 あぁ、そういえば召喚獣パネルに契約ボタンみたいなのがあったような。

 開いてみたらやっぱりあった。
 お、一番下に 0/1|0/2 って表示されてる。
 同時に呼べるのが一体で、契約は二体できるのかな。

 とりあえず契約ボタンをポチッとな。
 一覧が出てきた。最初は三種類だけかぁ。

 >スライム
 >ハウスキャット
 >ドメスティックドッグ


 おい開発。

 スライムはいい。どのタイプかは判らないけど例外を除いて序盤の定番モンスターだし。

 ただ残り二つ、これキャットとドッグだと字面が寂しかっただけだろ。
 まぁいいや。モフモフには変わりないんだし。


 迷うことなく猫を選択。名前入力画面が出てきた。
 どうするかなー……

 よし。君は『珠』だ。猫だし。

 フリガナも要求された。私の名前の時もだったし漢字を使うと出るのかな?
 無条件で出てくるなら一緒に出すだろうし。

 まぁどうでもいいな。『タマ』っと。


 柔らかな光が集まってきて猫の形になったかと思うと、次の瞬間にはそこに猫が座っていた。
 茶トラの綺麗な毛並みをした子だ。

 なぜか生後三ヶ月くらいの子猫だったが。


 気付いたら私は猫の背中に飛び乗っていた。後頭部のモフモフに顔を埋める。しあわせー。
 いきなり飛び込まれたのにじっとしていてくれる。良い子だ。

「かわいーーーー!! ちっちゃーい!!」

「あれ? 仔猫が出るなんて聞いたこと無いぞ……?」

「これも妖精の独自仕様でしょうか? それにしても可愛らしいですね」

 開発グッジョブ!!
 成猫もいいけどこの時期の小っちゃい子の可愛らしさは格別だ!!

 戦闘力? いいよそんなの。可愛いは最強。
 それでも自分よりは強いだろうってことは忘れておく。


 前に回って両手で喉元をわしゃわしゃしてから一旦戻ってもらう。
 ステータスを見るとMPが三百減っていた。
 初期の子でも結構コストはかかるのね。【妖精】仕様で三倍だから余計にだけど。



 続いて犬も契約する。
 よし、名前は『ポチ』だ。 センス? 知らないよ。
 あと、やっぱりフリガナ入力は出なかった。

 さっきと同じだとすると仔犬が出るのだろうか。
 犬種は何かなー? 鼻ぺちゃ系よりシュッとした方が好みなんだけど。


 猫の時と同じように光が集まる。さっきより大分大きいな。

 ……コーギーじゃないか! 成犬ではあるけど!
 いや可愛いから許す! オッケーだ!


「ブフッ………クッ」

 はいアヤメさん笑わない。


「キャーーーー!!」

 お姉ちゃんは出てきた瞬間に掻っ攫わない。
 ポチびっくりして目が白黒してんじゃん。

 ていうか私がさっきと同じように飛び込んでたらまた死んでたぞ。


「可愛いですねぇ。しかしこれも初めて見ましたね」

 だっこされたポチの頭を撫でながらレティさんが言う。


 しばらく見ていたがお姉ちゃんが落ち着く様子は無い。
 ポチがだんだんと助けを求める顔になってきたので送還しておく。

「あーっ! もっと触りたーい!」

「いやお前、加減ってものを知れよ」

「無理!!」

 言い切ったな。


 ポチを呼び直しても暴走するのは目に見えているので珠を呼ぶ。
 普通のスキルと同じように念じるだけで出来た。

 【召喚術】の説明を見ると、呼んでいるだけでも少しずつ経験値が溜まるらしい。
 スキルレベルを上げて、二体同時にモフモフしたいなー。
 喧嘩しなきゃいいけど…… 多分大丈夫だよね?


「さて、召喚獣も見たしそろそろ行こうか」

「そうですね。可愛いのでもっと見ていたいですが、いつまでもそうしている訳にも参りませんし」

「あっ、雪ちゃん。召喚でMP減ったでしょ? 私から吸っちゃう?」

 なんでだ。


「いや、なんでこれから狩りに行く人がMP減らそうとしてるの」

「これから狩りに行くのにMP減らしてどうすんだってさ。そりゃそうだ」

「MPポーション買ってあるから大丈夫!!」

 そこまでする意味が解らん。
 でもなんか退く気配が無いぞ。

「さぁさぁ!」

 ズイッと指を突き出してくる。
 やるしかないのか……


 突き出された指に近寄り、両手を添える。
 手からでも吸えるけど無駄が出ちゃうんだよなぁ。

 仕方ない。覚悟を決めて指先に口をつける。
 ……いやレティさん、何そんな見てんの。


 気にしないことにしていざ。
 【吸精】の発動を意識しつつ吸ってみる。
 おぉ? 何か口から入ってくる。イチゴみたいな味で美味しいな。


 と思った瞬間、目の前の指から力が抜けていく。
 驚いて咄嗟に下がったらお姉ちゃんが膝をついていた。

「おいおい、あの一瞬で九割近く持っていかれたのかよ……」

「瞬間的なMP枯渇で少し意識が飛んだようですね。大丈夫ですか?」

「だ、大丈夫…… うぅ、強烈だった……」

 鞄から薬瓶を取り出して飲んでいる。


 どうやら吸いすぎたらしい。

「ご、ごめんね……」

「いや、こいつが言い出したことだし気にしなくていいだろ。初めて使うんだから加減も解らないんだし。ほら、謝ってくれてるぞ」

「いいよいいよー。悪いのは無理に吸わせた私なんだから」



「さて、それじゃ今度こそ行こうか」

「あっ、ちょっと待って。雪ちゃんとフレンド登録するの忘れてた」

 そういえばやってないな。

「あぁ、そうですね。では申請を送りますね」

 レティさんからフレンド申請が送られてきたので承認する。


「あーっ! 一番取られたーっ!」

 いやいいじゃん別に。お姉ちゃんも承認と。

「何を騒いでるんだよ全く。はいよ」

 アヤメさんもオッケーと。あ、そうだ。

「今更なんだけど、私の事も呼び捨てで大丈夫だよ」

「そうかい? じゃあ白雪、また今度ね」

 挨拶と共に歩き出すアヤメさん。


「あっ、待ってよー! 雪ちゃん、またねー」

「それでは失礼します。またお会いしましょう」

 二人も追いかけていく。


 さて、これからどうしようかな。
 とりあえず今は珠ちゃんをモフモフするので忙しいけど。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ