挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

138/679

138:足元に置こう。

 あ、まだ続きがある。「ところで、新しい子とは?」か。
 まぁ流石にさっきのだけでわざわざメッセージ送ってこないよね。
 カトリーヌさんの事だから快楽に浸るのを優先しそうだし。

 あ、でもシルクがこっちに来てるから今は余裕があるのかな。
 しかしあれからずっと痛めつけられ続けて、未だにまともにメッセージが書けるってどういう精神力してるんだ。
 痛いのが気持ち良いって言っても限度があるだろうに。
 ……まぁいいか。実際送って来てるんだから限度を超えてないって事だ。うん。


 お風呂に戻っていこうとしたシルクが唐突に振り返り、何か言いたげな目でこちらを見る。

「ん? シルク、どうしたの?」

 問いかけてみると、両手の人差し指で小さな四角を宙に描いた。

「何? んー、何か持ってきてほしいの?」

 頷いたけど、何を持ってくればいいんだ?
 多分描いた四角くらいの大きさなんだろうけど。


「えーと、それくらいの布? じゃ、袋?」

 布で首を振り、袋で頷いた。
 でも袋って言われても、そこにあったっけかな?

「ちょっと待ってねー」

 思い出そうとするより見に行った方が早い。
 んー、袋は一つも置いて無いなぁ。
 仕方ないから適当な布を二つ折りにして、【錬金術】で溶かして左右を貼り合わせよう。


「お待たせー。これでいいかな?」

 待っていたシルクに袋を持って近づくと、深々と頭を下げて両手で受け取った。
 別に普通に頷いて……あぁそうか、ありがとうって言えないんだった。

 しかし袋なんてどうするんだろ?
 流石にあのサイズじゃカトリーヌさんは入らないだろうし……
 あ、もう戻ってきた。


「何これ? ……あぁ」

 手渡された袋を開いてみると、細かく千切られたカトリーヌさんの翅が入っていた。
 これを私に持たせて、一体どうしようっていうんだ。

 何かに使えるのかな? 薬の材料とか……
 いやどちらかっていうと、なんか毒のイメージしか出てこないな。【妖精】だし。
 まぁとりあえずボックスに仕舞っておこう。


「そこで待ってるから、洗ったらこの布で包んで持ってきてね。タオルも持ってきておいてあげる」

 忘れかけてた布をボックスから取り出して台に置き、シルクにお願いしておく。
 どうせ見たくない様な状態になってるだろうしね。

 頷いてすぐにドアを閉めるシルク。
 手早く済ませちゃうつもりかな?
 ……そうみたいだな。ドアの向こうから水の落ちる音と激しいうめき声が聞こえてきた。

 あー、こりゃ確かにメッセージ送るしかないわな。
 あ行しか言えてないし。
 この調子じゃすぐに洗い終わるだろうし、聞いてたら精神に来そうだからさっさと取って来ようか。



 隣の部屋からタオルを持ってきて台に置き、脱衣場の表で待機する。
 そういえばめーちゃんの指、ログアウトでは大丈夫だったけど死んでもちゃんと残ってるかな?
 お、よしよし。ちゃんと残ってるな。

 というか、やっぱりカエデの木だったんだな。
 メニューのアイテム欄に『カエデ』って表示されてるし。
 一つだけ『カエデの座椅子』になってるけど、座椅子なのは脚が無いからかな?

 んー、脚付けて椅子にしちゃいたいところだけど、綺麗に作るような時間は無いな。
 もうお風呂のドアの音がしたし。


 ドアが開く音に続いて、ドチャッと湿った柔らかい物が落ちた音が響く。
 カトリーヌさん、一体どんな状態になってるんだ……?
 いや、多分後悔するだけだから覗くのは止めておこう。

 少し間を置いて、重ねた布で何かを叩く様なバンッという音とうめき声が響く。
 何かっていうかカトリーヌさんで、様なっていうかそのままだろうけど。
 間が開いたのは投げ捨てたカトリーヌさんを放置して、自分の体を拭いて服を着ていたんだろう。

 屋敷付きの従者として無駄に真面目に、どうすればカトリーヌさん(住人)が悦ぶかを、自分で考えた結果なんだろうなぁ……
 どう考えてもカトリーヌさんは途中から指示は出せなくなってただろうし。


 最後に一際大きく長いうめき声を響かせ、脱衣場は静まり返った。
 お、終わったかな。最後のは布で無理矢理包んでたのかな?
 さて、どういう状態で出てくるか……

 脱衣場のドアが開き、シルクが顔を出す。
 妖精一人分の肉を丸めたくらいの大きさの丸い布袋を、右手に提げて出てきた。
 あー、顔まで全部見せられない状態なのね。

 布袋っていうか四隅を纏めて括ってるんだな。
 いや、その結果布袋になってるんだから何も間違ってはいないか。

 しかしこれ、どうやって入ってるんだ?
 隙間なく詰めないと丸々は入らないと思うんだけど。
 ……という事は詰まってるのか。


 うん、深く考えない様にしよう。
 っていうかよく生きてるな。
 HPってシステムに真っ向から逆らってないか?

 骨折とかの状態異常が重なっても、それで死ぬような怪我じゃ無ければHPが減りきることは無いのかな?
 まぁいいや。生きてるっていう事実だけが有れば。
 別にシステムの詳細が知りたい訳じゃないし。


 ドアを閉め、左手で私を掬い上げて玄関に向かうシルク。
 うん、こんな時でもお世話は忘れないんだな。立派だ。
 さて、さっきのメッセージで質問があったしカトリーヌさんに話しかけるとしよう。

「あ、カトリーヌさん聞こえる? 聞こえてたら声を出してくれるかな」

 うん、大丈夫みたいだ。

「さっきの質問だけど、新しく【樹人】の子が庭に来たから。なんか以前カトリーヌさんに助けてもらった事が有るって言ってたよ」

 うめき声の相槌を聞きながら話していく。



「おっと」

 玄関に着いたのでシルクから離れ、ドアを開けてあげる。
 出ていくシルクに続き、ドアを閉めて皆の元へ。

「お待たせー」

「おー。ってカトリーヌは?」

「雪ちゃん、まさかそのシルクちゃんが持ってる袋に……?」

「うん。どうなっててどう詰まってるかは私も見てない」

 見たくないし。


「さて、めーちゃん」

「んー?」

「片足をちょっとだけ上げてくれるかな? 根っこも外してくれると助かるかな」

「はーい。どうするのー? ……いたたー」

 きしみながらゆっくりと足を上げていくめーちゃん。
 おぉ、千切れた根っこは少し経つと消えるんだな。


「あ、そのくらいで大丈夫」

「はーい」

 私が立って入れる程度の高さ、めーちゃんから見れば五センチ前後だろうか?
 これくらいあればシルクもしゃがんで作業が出来るだろう。

 えーと、親指の付け根……母指球だっけ? が有ったのはこの辺りか。
 別に土踏まず以外ならどこでも良い気もするけど、まぁここで。
 力を入れて踏むならここか踵ってイメージがあるし。
 いや、力なんて全く入れる必要は無いんだけどさ。


「シルク、それ袋から出してこの辺りに置いてちょうだい。あ、待って。開けるのは私が離れてからにしてね」

 結び目に手をやったシルクを制止して、足に隠れて見えなくなる位置まで離れる。

「そうだ、仰向けにしておいて上げてね。その方がカトリーヌさんも嬉しいだろうから」

 親指の横から顔を出し、頷いて引っ込むシルク。
 別にわざわざお返事しなくても大丈夫だよ。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ