挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

111/676

111:引っこ抜こう。

 さて、結構溜まったけどもう納品しちゃおうかな?
 まぁ後一日あるし、明日でいいか。

 しかしなんとなく一緒に家まで戻ってきたけど、別に必要なかったな。
 そのまま市場に向かえば良かったじゃないか。


「さて、それでは私は仕事に戻らせて頂きます。お疲れさまでした」

「はい。ありがとうございました」

 お礼を言って見送ろうとしたら、何やらカトリーヌさんが近づいていく。

「モニカさん、少々よろしいでしょうか」

「はっ。何か御座いましたか?」

「こちらを向いて、お口を大きく開いて頂けますか?」

 口を開けさせて、更に近寄っていくカトリーヌさん。
 あれ? カトリーヌさんって食べさせる物なんて持ってなかったような。
 今はお金くらいしか無いはずだよな……ってまさか?


「んむっ!? んーっ、んー!」

「こらぁーーっ! あぁっ、待って待って! 摘まんだらちぎれる!」

 やっぱり口の中に飛び込んで行ったよ!!
 足を摘まんで引き抜こうとするモニカさんを制止して、回収を急ぐ。
 唇で挟むだけでも潰れかねないので閉じられないのを良い事に、モゾモゾと奥に進もうとしてるな。
 まぁそろそろ唾液に捕らわれて動けなくなりそうけど……


「何考えてんの!? ほら出てきなさーい!!」

「止めないで下さいましー!!」

 ベトつきにもへこたれずに這い進んで行こうとするのを、両足を掴んで阻止する。
 そのまま引っ張り出そうとしたが、舌に抱き着いて抵抗された。
 頼むからむせないでくれよー、モニカさん。


「くそう、抜けない…… こうなったらモニカさん、ごめんねっ!」

 一応謝っておいて、モニカさんの鼻をまたいで顔を踏む。
 地面と水平に立つのは違和感が凄いけど、気にしてる場合じゃないな。

「せーのっ、ふぬーっ!!」

 掴むためにしゃがんだ時に、ちょっと鼻に座っちゃったけどまぁそれは後だ。
 気合いを入れて一気に引き抜く。
 よしっ、抜けた! っておおぅ、そのまま落ちていくんじゃないよ。
 掴んだままだったのでぶら下げて、顔を蹴って飛び立つ。



「助かりました」

「あー、顔踏んじゃって申し訳ないです」

「いえ、仕方のないことですので。といいますかむしろ大歓迎です」

「そ、そうですかー……」

 カトリーヌさんを逆さにぶら下げたまま、踏みつけた事を謝る。
 むぅ。足蹴にしたのはこっちだから、変な事を言われてもあんまり強く出られないぞ。
 とりあえずドン引いておくけど。


「咀嚼して頂けませんでしたわー……」

「いや、当たり前じゃないかな…… っていうかダメだよ、食べられようとしちゃ。妖精は毒なんだからね?」

 美味しいらしいし直接死にはしないけど、あの状態が治せなかったら死んだ様なものだからなぁ……

「そ、そうなのですか…… 知らぬとはいえ、大変な事をしてしまう所でした。申し訳ございません」

 いや、いきなり口に飛び込んだ時点で十分大変な事してるとは思うけどね。


「いえ、そうお気になさらず。私でしたら蘇る事が可能ですので」

 あ、モニカさんもか。てかNPCも皆復活出来るのかな?

「しかし祝福を持たない方もおりますので、取り返しのつかない事にならぬ様十分にお気を付けください」

 あぁ、そうじゃないんだな。まぁ多分主要NPCは全員持ってるだろうな。
 別に持ってようと無かろうと、殺したりする気は無いけどさ。



「それじゃ、私はこれ洗ってくるんでモニカさんはお仕事に戻ってください。邪魔してすみません」

「いえ、大変美味しゅうございましたので。それでは失礼します」

 そういう問題だろうか。まぁいいか。
 とりあえずなんか雑な扱いをされて嬉しそうなカトリーヌさんをぶら下げて家に向かう。


「おーい、シルクー。……それにしても何でいきなりあんな事したの?」

 玄関前でシルクを呼んで、待っている間に一応聞いてみる。
 今は両手が塞がってるからね。……ていうか自分で飛べないのかな?

「先程お口を開けていたのを見ていましたら、衝動が高まって参りまして……」

「我慢が限界に達しちゃったかー」

 ずっと大人しくしてたからなぁ。一応だけど。
 お、来た来た。


「ごめん、これもう一回洗ってあげて。抱くと服が汚れちゃうから、タオル持ってきた方が良いね」

 シルクは頷いて奥に戻っていく。
 付いていってもいいんだけど、それだと取って来いって言った意味が無いし待っておくか。
 最初から言わなきゃいい気もしたけど、それだと汚れるのを気にせずに抱きそうだし。

 戻ってきたシルクの手にカトリーヌさんを預け、付いていってお風呂へのドアを空ける。
 すっかりドア担当になってる気がするな……
 あ、タライが置いてある。持っていこう。


「シルク、それ貸してー。こっちで洗って乾かしておくから」

 いつもの早業でカトリーヌさんを裸にしたシルクに向かって、服を寄越せと要求する。
 自分でやるつもりなのか躊躇ってるな。

「この後も予定があるからさ。そっちが洗ってる間に終わらせちゃいたいんだよ」

 仕事を奪うのは悪いんだけど、こっちもただ待ってても暇だしね。
 しぶしぶ渡された服をタライに放り込み、【大洪水】でぬるま湯に浸す。

 あれ? そういえばシルクが一人の時って水はどうしてたんだろう。
 私と一緒に入った時はシャワーのお湯使ってたから、一人の時もそうなのかな。
 まぁいいや。さっさと洗っちゃおう。

 シャワーの方から聞こえてくる声は気にしない。私は何も聞いてない。


 ざっと洗って水気を切り、タライの水を捨てて脱衣場へ。
 あぁ、そういえばここに蛇口があったか。
 まぁそれは置いといて、さっさと乾かすとしよう。

 【魔力武具】で作った棒にひっかけて【灼熱旋風】をぶわーっと。
 室内だと乾きづらいかも知れないけど、この量なら誤差だろう。

 これくらいでいいか。あとは広げておいて、自然乾燥に任せよう。
 と思ったら出てきた。あぁ、お湯に浸かる訳じゃないしそうかからないか。

「服、ここに置いてあるからねー」

 置き場所を指差して伝え、そのまま脱衣場を出た。
 別に拭かれるのを見てる必要はないしね。


 【魔力操作】の練習をしているとすぐに出てきた。
 またしてもシルクにしなだれかかってぽーっとしているので、足をくすぐって正気に戻しておこう。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ