挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

105/677

105:魔法を教えよう。

 手に乗せた光球をギュッとしながら、ジョージさんに声をかける。

「今日はちゃんと気を付けてますよ?」

「いや、そっちの子にも一応注意しておくかと思って来たんだが、もう言ったし問題は無さそうだな」

「自分が結構やらかしてる自覚はあるんで……」

「そんなに怒られているのですか?」

「あー、うん。色々ね……」

「まぁ取り返しのつかない事は起きてないから良いんだけどよ。そう何度も見に来るのは正直面倒臭ぇんだよ」

 あ、本音だ。
 取り返しのつかない事…… うん、三人で消し飛んだり地面を溶かしたりはしたけど大丈夫だな。


「あ、でも裏庭でのお弁当作りはこれからもやりたいです」

「俺としちゃ、あれもやって欲しくはねぇんだがな。まぁ仕方ねぇか」

「裏庭で、お弁当ですか?」

「お弁当って言うのは私がそう呼んでるだけなんだけどね。ほら、魔力結晶(これ)の事。まぁこれは小さすぎて、殆どお腹の足しにならないけどね」

 握っていた手を開き、小さな結晶を手渡す。


「裏庭はあまり手入れがされてなくて、雑草が生え放題だから【吸精】で駆除して、その時に余ったMPでそれの大きいのを作るんだ」

「これは…… 魔力を固めた物ですか。お弁当という事は、これを食べるんですの?」

「一応言っとくけど、【吸精】でね? そのまま飲んだら、どうなるか解ったもんじゃないよ」

 まぁ普通サイズの奴は、そもそも飲み込めないけどね。

「だから試そうとしないでね?」

 自然な動きで口元に運ぼうとしたのを牽制しておく。
 なんでやってみようとするんだよ。



「それじゃ、頑張れよ」

「はい。有難う御座います」

 ジョージさんが激励しつつ帰っていく。

「お前はもう頑張らなくていいぞ」

「いやなんでですか。私だって頑張りますよ」

 まだこのゲーム始めたばっかだよ。
 くそう、聞かずに消えおった。まぁ聞こえてはいるだろうけどさ。


「さて、じゃあやってみようか。初めのうちはボールを持つ様な形を両手で作って、その内側に魔力を満たすようにすると良いかな」

「はい、やってみますわ」

「あ、出せたら制御を離さない様に気を付けてね。暴発すると死ぬから」

 まぁ異物が混ざったり驚いたりしなきゃ、そうそう暴発しないだろうけどね。
 最初に大物作った時もそんなの意識してなかったし。

「ほほう…… あ、いえ、やりませんわよ?」

「ほんと頼むよ。あと多分期待してる事は起きないと思うよ? 痛みも感じずに即死だし」

 サイズによるとは思うけど、わざわざ言わなくてもいいだろう。

「まぁ……」

 ほら、残念そうにしてないで練習しなさい。



 自分の訓練をしつつ、カトリーヌさんが成功するのを待つ。

「放出する感覚が少々難しいですわね……」

「両手の人差し指をくっつけて流してから、それをちょっとずつ離していって体の外を経由する感覚を掴んでみるとか?」

「やってみますわ。ええと、こんな感じでよろしいのかしら……」

 お、ちょっと流れてる。


「こうして…… こうですわね……? よし、出来ましたわ!」

「おー、おめでとー」

「ありがとうございます。それで、次はこれを圧縮すれば良いのでしょうか?」

「うん。こう、両手でギュッと。限界まで行くと固まって反発が無くなるから、そうなるまで頑張ってみて」

「はい。……固まりましたわ。これで【純魔法】が取得出来たのでしょうか?」


「多分出来てると思うけど。あとその結晶は吸っておくといいんじゃないかな。使ったMPの全部が戻って来る訳じゃないけど、無いよりはマシだと思うし」

「少し回復しましたが…… 無味無臭で味気ないですわ」

 軽くボヤきながらパネルを開いている。


「まぁそれはそういう物だと諦めて。で、ちゃんと取得出来てた?」

「あら、ありませんわね?」

「うーん、私の時は大物を作ったから一回で取れたのかな? 【魔力操作】の練習にもなるし、取れるまでやってみようか」

「そうですわね。今のを繰り返してみますわ」

 出して握って食べてを繰り返すカトリーヌさん。
 十回済ませて確認してみたら取れていたようだ。
 もっとこまめに見ても良かったんじゃなかろうか。まぁいいか。



「やっと取れたね。【魔力武具】はかなり自由に調整できるから、使い勝手はいいよ」

「拷問器具などですわね」

「いや、私は別に拷問しようと思ってた訳じゃないからね? それはさておき、次に進もうか。とりあえず覚えられそうな魔法を、一通り教えればいいかな?」

「はい。お願いしますわ」

「それじゃまずは…… 初っ端から魔法じゃないんだけど、【吐息】にしようか」

 自分の息に魔力込めるだけだしね。


「はい。覚え方はどの様に?」

「えっと、これは吐く物によって覚えられる物が変わるんだ。とりあえず基本の【妖精吐息】を覚えよう」

 そういえば一緒に覚えた【魔力吐息】は試してさえ居ないな。

「自分の息に魔力を込めて吹けば取れる感じかな」



「ふーっ、ふーっ…… あ、出ましたわ」

 うん、パネル出しっぱなしでやった方がすぐ判っていいよね。
 なぜ私は気付かなかったのか……

「お待たせしました。……その翅だけ光らせるの、なんだかかっこいいですわね」

「おつかれー。やってみたら出来たよ。それじゃ次に行こうか」

 ただいつも通りに訓練してるのもなんだし、普段意識して通さない場所に魔力を通してみた。


「次は…… 土魔法やってみよっか。とりあえず地面に降りよう」

 地表に降り立った後、手を付けて魔力を流し腰くらいまで地面を盛り上げる。

「こっち来てー。ここに魔力を流して、魔力と土を一緒に動かそうとしてみて。こんな感じで」

 作った小山に手を触れて、柱を生やしてみる。

「やってみますわ。……うん、少し抵抗はありますが何とか動かせますわね」

 抵抗? あ、私の魔力が邪魔になってるのかな?
 まぁ流せるならいいか。



「ところで白雪さん」

「え、いきなり改まってどうしたの?」

「今の状況、傍から見るととても微笑ましい絵面(小さな二人の砂遊び)になっているのでは……?」

「えっ? ……あっ」

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ