挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

104/676

104:訓練しよう。

 嬉しそうに戻っていくライサさんを見送り、訓練を始める。
 とりあえず、まずは【魔力操作】からだよね。

「それじゃ【魔力操作】の練習から始めようか。体内の魔力って言われてもよく解らないだろうから、まずは【吸精】で流れ込んでくるのを感じ取ってみよう」

「はい。しかし、何から吸えば?」

「んーっと…… あぁ、あるある。花壇に雑草が混ざってるから、あれから吸っちゃおう。手入れにもなるから、最後まで吸い取って枯らしちゃって良いよ」


「あぁ、そういえば芝生から吸っていらっしゃいましたわね」

「うん。あ、口で吸った時だけは味があるから、手で吸った方がいいと思う。大抵苦いからね」

「解りましたわ。うぅっ、本当ですわね……」

「なんで解ったって言いながら試すかな…… 手で吸った時、そこから胴体に向かって流れ込んでくるのが精気で、それが体の中で自分の魔力に変換されるんだ」

 たぶん。


「最初は入ってきて消えていく様に感じると思うけど、自分に溶け込むから解り辛いだけだね」

「つまり、それをきちんと把握できる様になれば良いということですわね」

「そそ。多分それが出来るようになった時点で【魔力感知】が習得できてると思う。私の時は全部終わってから見たから、はっきりとは言えないけどね」

「はい。それでは頑張ってみますわ」

 そうだ。時間かかると思うし、やっぱりポチは預けておこうかな。

「ごめん、受付でポチを預けて来るから続けてて。すぐ戻って来るから」

「はい。……難しいですわ」



 受付の横を通り抜け、表に待機してるポチの元へ。
 姿勢はダラダラせずに伏せて待ってるけど、あれは完全に気を抜いてるな。

「おーい、ポチー」

 ハッとして顔だけこちらへ向ける。
 いや、そんな「違いますよサボってないですよ私」みたいな空気を出されても。

「おいで、中で皆に可愛がってもらおう」

 とは言っても、受付のスペースだとあんまり遊ぶことも出来ないだろうな。
 まぁのんびりしててもらおう。おやつとか貰えるといいね。



 受付に預けて中庭へ戻る。カトリーヌさんは苦戦してるっぽいな。
 とりあえず手が空いたので、私は私で蜜でも集め…… あ。

 そういえば、【魔力武具】で作った容器に入れた蜜がボックスにあった筈なんだけど……
 あれ、多分容器だけ消えてるよね。どうしよっかな。
 まぁいいや。取り出そうとしたら手がべたべたになるだろうし、お風呂の時にお湯に入れちゃおう。
 それなら改めて手を洗う必要もないしね。

 気を取り直して【施肥】と【蜜採取】で集め始める。
 売ったり使ったりする為に、いくつかストックしておきたいしね。


 百個ほど集めたけど、カトリーヌさんは集中して吸っては移動してを繰り返し続けてるな。
 ふーむ、何か手助け出来ないかな?

「カトリーヌさん、試しに私が魔力流してみようか? 同じ【妖精】なら大丈夫かもしれないし」

かも(・・)なんですのね…… しかし、もし問題があったとしてもペナルティはありませんし、お願いしますわ」

 まぁ試す相手なんていなかったからね。
 カトリーヌさんの前に降り立ち、向かい合って両手をつなぐ。
 むー、相手も密度が高いからか流し込みづらいな。
 まぁ入らなくもないのでちょっとずつ流し込もう。


「あぁ…… 手の平から白雪さんに侵されていきますわ……」

「いや変な言い方は止めてくれるかな、本気で。それはともかく、体はおかしくなってない?」

「今のところは大丈夫ですわ。これが白雪さんの魔力…… あら、消えてしまいましたわ」

「補助魔法かけた時みたいに吸収されちゃったのかな? その消えていってる所に集中してみて。多分心臓の辺りに集まっていくと思うから」

 続けて流し込みながら自分の魔力の流れを見て、なんとなくでアドバイスしてみる。
 肩から入った辺りで変換され始めてるっぽいな。


「はい。うーん……あっ、これ……これですわね!?」

 いや、解んないけど。多分そうなんじゃない?

「お、いけたかな? なんでさっきまでこれが解らなかったんだって感じになるよね」

「そうですね。白雪さんの強大な魔力もはっきりと感じ取れますわ」

「人をボスキャラか何かみたいに言わないでよ。カトリーヌさんも同じ【妖精】なんだから、そう極端には違わないよ?」

 こっちから見ても魔力の塊って言っていい位だし。
 あ、そういえば細部までは形状が解らない様になってるな。訴訟せずに済んだね。


「そうでしょうか。あ、確かに取得できていますわ」

 パネルを出して確認するカトリーヌさん。
 やっぱりこのタイミングで取れてるか。

「それじゃ、今度はその魔力を動かす練習だね。魔力に集中して動けーって念じてればなんとかなると思う」

「凄くふわっとした説明ですわね……」

「いやー、実際そんな感じだし。一応補足するなら、私の時は胴体の中でくるくる循環させたり、両腕で出来た輪の中を廻したりしたかな」


「ふむふむ。それではそんな感じで試してみる事にしますわ。ありがとうございます」

「頑張って。私も隣で訓練してるから、出来たら教えてね」

 少し離れた場所で浮いたまま座禅を組んで魔力を……
 ってカトリーヌさん、おぉって感じで手を打って真似しなくてもいいよ。
 いや、それで集中できるって言うなら止めないけどさ。
 まぁいいや。自分の訓練に集中しよう。

 あんまり外に出すとまた怒られるので、大人しく体内で動かしつつ精密操作にも挑戦してみる。
 動かす量や密度を調整してみたり、輪にした腕の中を二通りのスピードで同時に回してみたり。
 なんかこれ、脳が鍛えられそうだな。



「お、おぉ……? できましたわー!」

 おー、早いな。って私の時もそんなもんだったっけか。
 難しいのは感じ取るところだしな。

「おめでとー。これで魔法を覚える準備が出来たね」

「ありがとうございます。……ちゃんとありますわ」

 あ、一応確認した。これで無かったらなんか恥ずかしいもんね。


「それじゃ、まずは一番便利な【純魔法】から覚えようか」

「どの様な魔法がありますの?」

「【魔力武具】っていう、魔力を固めていろんな物を作る魔法かな」

 【魔力弾】は脅かすためにしか使ってないし。

「なるほど、あの女の子を押し潰すのに使っていた魔法ですわね」

「いや、それは…… ってそういえば、それ見て追っかけてきたんだっけ」


「はい。よろしければ後ほど私にも」

「よろしくないからさっさと覚えようね。手の平から魔力を放出して、それをボールにしてみよう。こんな感じで」

 手の上に十センチほどの光球を生成して、カトリーヌさんに見せる。

「あ、あんまり大きいのは作らないでね。ジョージさんに怒られるから」

 うん、今のもしっかり察知されてたな。
 いつの間にかベンチに座って、「おい、解ってんだろうな?」って顔でこっち観てるし。
 今日はまだちっちゃいのしか作ってないよ!

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ