挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

100/676

100:出迎えよう。

「あっ」

「どうしたの?」

 蜜の採取を始めてしばらく経ち、そろそろ十分な量が溜まろうという頃になって失態に気付き声を上げた。

「いや、シルクを還したままだった。これやってる間に服を洗っておいて貰えば良かったよ」

「あぁ、そういえばそうだね。まぁ着る服はあるんだし、急ぐことでも無いんじゃない?」

「そうなんだけど、ちゃんと洗っておかないと乾いたらパリパリになりそうなんだもん……」

 一応流しはしたけど、染み込んだよだれはまだ残ってるかもしれないし。



「よし、これくらいあれば大丈夫でしょ。それじゃ、お姉ちゃんはこっちをお願い。私はちょっとシルクを呼んで、お洗濯を頼んでくるよ」

「はーい。頑張ってね」

「何を頑張るっていうのさ。まぁよろしくー」


 お姉ちゃんに飴作りを任せて、屋敷に戻ってホールでシルクを召喚しなおす。
 おかえりー…… って、なんで現れるなり玄関を開けてキョロキョロしてるんだ?
 あっ。玄関を閉めて振り向いた顔が「あの人が居ない…… やっぱり……」って表情だ。
 頑張れってこれの事か……

「えっと、シルク。大丈夫、心配するような事はないからね。とりあえずさっきの服を洗って、干しておいてもらえるかな? 終わったら好きにしてて良いからね」

 貼りつけた様な笑みでコクコク頷き、すぐに脱衣場に向かっていった。そんなに私のそばが怖いか。
 まぁ当然だけど、先は長いなぁ。がんばろ……



 さて、どうなって…… あれ、居ない。
 どこいった? あぁ、そっか。蜜を温めないといけないんだったな。
 さっき私が空けたスペースで火を焚いて、鍋に入れて温めてるようだ。
 ……最初から鍋に集めれば良かったんじゃないの?

「お、どうだった?」

「ダメだった…… お願いしたら助かったとばかりにすごい勢いで離れて行ったよ」

「あはは。ん、そろそろいいかな。雪ちゃん、火の始末お願いできる?」

「ん、わかった」

 飛び散らない様に、あまり勢いを付けずに水を撒いていく。
 一応消えた後も少しかけ続けておいて、きちんと消火しておいた。


 鍋の中身を混ぜているお姉ちゃんの後ろから覗きこみつつ声をかける。

「どう、蜜は足りたかな?」

「うん、大丈夫だね。ちょうどいい量だったみたいだね」

「よかった。それにしても、カトリーヌさん遅いねぇ」

「うーん、上陸しないとやり直せないとか? 単に【妖精】が出難いのかもしれないし」

 あ、言ってたら丁度メッセージが届いた。なになに?

『やっと引けました』

 え、これだけ? まぁ引けたって事は判るからいいんだけどさ。


「出たみたいだから迎えに行ってくるよ」

「あ、待って待って。あとは棒にして切るだけだし、私も一緒に行くよ」

「スキルの訓練はどうするの? あ、量も少ないし数欲しいから細めにお願い」

「はーい。で、よく考えたら材料もあんまり持ってないから、このままここに居てもやれる事がないんだよね」

「あぁ、そういえばそうだね」

「だからどこかでお手伝いさせてもらうか、ダメなら材料を買い足してこようかなと」


「そっか。それじゃさくっと……って後は切り口にまぶすだけか。手際いいなー」

「よし完成っと。雪ちゃん、入れる箱はどこかな?」

「あ、無いよ。ボックスに放り込んじゃうからこっちに頂戴。あ、そうだ。手を出してー。はい、お詫びとごほーびも追加で」

 お姉ちゃんの手の平に三粒乗せて、残りをポイポイとボックスに入れていく。


「わーい。うん、おいしー。あ、雪ちゃん雪ちゃん。ちょっとあっちでお鍋にお湯かけてもらえるかな」

「うん、いいよー」

 先ほどのたき火の上で、表面に引っ付いた蜜ときな粉を流すため強めにお湯をぶつける。
 ついでに蜜を集めたお椀も一緒に。
 なんか洗車してるみたいだなこれ。もしくは泥のついた長靴とか。

「おっけー。あれ、流すだけで良いの?」

「うん、あとでまとめて洗っちゃおうかなって。それじゃ、行こうか」

 お姉ちゃんは洗い物をまとめた袋を鞄に放り込み、立ち上がって歩いていった。
 まぁ持ち主がそれで良いならいっか。私も遅れないように付いていこう。

 ポチ、いくよー。
 っていうか君、あれだけ皆でわーわー言ってたのに自分だけのんびりしてたな?
 助けてくれても良かったんじゃないか? まぁいいけどさ。




 路地を抜け東通りに出て、港までまっすぐ歩く。
 こちらに用事があるプレイヤーはあまりいないだろうからか、人が少ないな。
 そういえば釣りとか出来るのかな? まぁ私は釣る側っていうより餌って感じだけど。


 港についても続報が来ない。

「んー、何も言って来ないなぁ。職業やスキルで迷ってるのかな?」

「かもねぇ。まぁのんびり待とうよ」

 お姉ちゃんはその場にしゃがみこんでポチを撫で始めた。

「だねー……ってまたか、変にタイミング良いな。三番埠頭に来るってさ」

「はーい。確か雪ちゃんも三番だったよね?」

「えーっと、多分そうだね」

 お姉ちゃんがポチを抱き上げようとして抵抗されてる。
 そのうち本当に嫌われるぞ?


 とりあえず三番の端まで来て、出現エフェクトが出るのを待つ。
 ……あ、出た出た。

「お姉ちゃん、ちょっとそこでポチと待ってて」

「え、なんで?」

「体験しないと解らないだろうけど、慣れないうちは巨人の威圧感って凄いんだからね?」

「巨人って…… うん、まぁ言いたい事は解ったけどさ」

 雪ちゃんがちっちゃいだけなのにーとかボヤいてるけどスルーしよう。
 後で呼ぶからと言っておいて、一人で近づいていく。


「カトリーヌさーん」

「あっ、白雪さん。お待たせしました。しかし、これは思っていた以上に凄い世界ですわね……」

「でしょう? とりあえずお姉ちゃん達はあっちで待っててもらったから」

「あれがミヤコさん…… 私の胸くらいまでしか無かった方が、あんなにも大きく…… うふふ……」

 ……これ、気を遣わなくても良かったかな。


「えーっと、まぁひとまず落ち着いて。まずは飛べるようになろうか。翅は動かせるかな?」

「んっ、んっ…… すみません、少し外部から動かして頂いても?」

「はいはーい」


 背後に回って翅の中ほどを手に取る。

「ひぅっ!?」

「あ、ごめん! くすぐったかったよね。そーっと、ね」

 自分の体で解ってる筈なのにやってしまった。
 そっと両方の翅を持ち、ゆっくりと開いたり閉じたりしてみる。


「ええと…… こんな感じ、でしょうか」

 おっ、動いた。

「おぉ、ここに力を込めれば良いのですね!」

「そうそう。初めに感覚さえ掴めればあとは慣れだねー」

「本来無い部位の操作というのは難しい物ですね。粘液と成った時はあんなに簡単でしたのに。不思議な物ですわねぇ」

「いや成ったこと無いから解んないけど、どう考えてもそっちの方が難しそうな気がするよ」

「あちらは不思議な程に馴染み、すぐに自在に動かせるようになりましたわ。もしや、私は本来あのような姿で生まれる筈だったのでは……」

「いやいや無い無い無い。何を言いだしてるのさ」

 反応に困る事を言うんじゃないよ、まったく。


「で、翅も動かせたことだし飛んでみようか。【浮遊】を念じるだけで大丈夫だからやってみて」

「はい。……おぉ、これが空を飛ぶ感覚ですか」

「翅を動かすと滑らかに動けるからね。うん、それじゃそろそろ待たせてるお姉ちゃん呼んじゃおう」

 手を振って大声で呼びかけ、こっちに来てもらう。
 あのさ、怖がらせないように離れててもらったのになんで走って来るかな。



「おぉ、これは…… なんという迫力でしょうか…… あぁっ、もう我慢がっ!」

「なぁーっ!? たーっ!」

「ちょっ!? なにやってんの!?」

 駆け寄ってきたお姉ちゃんが次の一歩踏み出そうとした場所に、【浮遊】で仰向けになって滑り込むカトリーヌさん。
 間一髪でお姉ちゃんの反応が間に合い、踏みつける寸前に前転を敢行して飛び超えていった。

「いったぁー…… 危ないよー、カトリーヌさぁん……」

「惜しかったですわ…… しかし、寸前の光景も素晴らしい物でした。あの迫りくる靴底の絶望感…… はぁ、良い物です…… あれだけでもこの体になった甲斐があるという物ですわぁ……」

「あの、せめて最初のガイドが終わるまでは大人しくして…… ほんと、お願いだから……」

 少し擦り傷の出来たお姉ちゃんに【妖精吐息】を吹きかけて、転がったままくねくねしてるカトリーヌさんに懇願しておく。
 本当に頼むよ……


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ