挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
VRMMOで妖精さん 作者:しぇる
1/557

1:勧誘されよう。

「雪ちゃん雪ちゃんゆーきーちゃーーーん!!」

「……どうしたのお姉ちゃん、今度は何を見つけてきたの?」

 リビングでくつろいでぽけーっとテレビを眺めていた私にソファ越しに後ろから抱きついてくる姉、小春(こはる)

 普段は大人しく綺麗なお姉さんといった雰囲気なのに、楽しそうな物を見つけると途端に騒がしくなる残念なお姉ちゃんだ。


 このテンションの上がり具合なら、今回はかなりのお気に入りを見つけたらしい。
 騒々しくなるだけならともかく、この人は気に入ったものは全てこちらへ布教してくるのだ。

 まぁ試してみて気に入らなければはっきり言うし、それで素直に下がってくれるから良いけどね。
 気に入るのも多いしお返しに私もハマったゲームとかお菓子とか勧めたりするし。


「これこれ! すっごいの! とってもすごかったの!」

 語彙が残念すぎる言葉とともに私の横に四十センチほどの箱を置いた。というか叩きつけた。

「落ち着いてお姉ちゃん、何言ってるか解んないから。 ……これ新品のVRギア? お姉ちゃんってギア持ってたよね?」

「雪ちゃんの!」

「……はい?」



 とりあえず落ち着かせて話を聞いてみたところ、
・最新作のVRMMORPGのクローズドベータテスターに当選した(三日間)
・現実としか思えないほどにリアルで感動した
・テスター特典で二人分(テスター本人+招待枠)のアカウント枠が貰えた(通常は先着順で人数制限があるらしい)
・じゃあ雪ちゃんを誘うしかないよね! でも雪ちゃんはギア持ってないはず…
・というわけで買ってきました(!?)


 ここ数日何やらそわそわしてると思ったら驚かせるために頑張って隠してたのか……
 とりあえずそれは置いといて、

「何してんの!? ギアってそんな安い物じゃないでしょ!?」

 とツッコんでみるもニコニコしたまま

「雪ちゃんもうすぐ誕生日でしょ? ちょっと早めの誕生日プレゼントだよー」

 などという怒るに怒れない返事が返ってきた。

 ……今度の誕生日には思いっきり奮発してこっちも驚かせてやろう。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ