挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第1部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

9/179

 第1章 サンクトゥマリアの子守歌 -1-

 白い夢。
 その中で母はいつも歌っている。
 〝サンクトゥマリアの子守歌〟。
 城の奥に隠されたようにある白薔薇の庭園で、母の姿はたおやかに、白薔薇の中包まれるようにして裾を舞わせている。
 その姿はとてもとても美しいものだったけれど、同時に少し怖くもあって。いつも遠くから見つめる事しかできない。
 ……母はそんな私に気づくとふんわり笑って、おいで、と手を差し出すのだけれども。
 でもその瞬間私は、これは夢だと気づいてしまう。
 だから呼ぶ。手を伸ばす。
 母は微笑み続けている。
 私は結末を知っている。
 だから。
 ――触れると弾ける、まるで綿帽子のように。
 空へと舞って、消えて行く。



 自分の叫び声で目が覚めるのは何度目か。そして夢で泣くのは何度目か。
 オヴェリアは思う。叶うなら、母に会いたい。
 もう一度、会いたいと。


  1


 この3日、フェリーナは泣き通しだ。
 そんな彼女を見るたびにオヴェリアは困って優しく肩を抱いてやるが、それに一層フェリーナは泣いてしまう。
「姫様、行ってはなりません」
 何度彼女に乞われたかわからない。
 否、それは彼女のみにあらず。オヴェリア付きの侍女は全員毎日懇願し、場内の様々な者から考え直すように言われた。
 だがオヴェリアはそれに静かに笑みを浮かべ、首を横に振るのである。
「しかし議会でも揉めているというではありませんか! なぜ姫様がかような事!! 騎士などそこらにゴロゴロしているではありませんか!! 彼奴は王に仕える身、姫様を守ってこそ当然なのに!! なのになぜ姫がご自身で剣など振るわねばならぬのですか!! しかもっ、しかもっ」
 黒い竜の討伐など――。
 こんな無茶苦茶な事っ……言いかけ、興奮しすぎたのかフェリーナはむせ込んでしまった。
 その背中を優しくさすり、やがてオヴェリアは立ち上がった。
 部屋に飾られている聖母の像の元へ行くと、その御前に置かれた一振りの剣を手にする。そのまま、目を丸くしているフェリーナの前にそれを差し出した。
「抜いてごらん」
 フェリーナは目をパチクリさせながら剣と姫を交互に見た。オヴェリアはそんな彼女を静かに見ている。
 その目は雲なき空のようで。波のない海のようで。
 こんな眼差しを向けられるたびに、フェリーナは少しドキリとしてしまう。
(姫様……)
 白薔薇の剣。白の柄、鞘もずいぶんと細かく掘り込まれている。
 そして何より目を惹くのは、柄の部分に飾り付けられた白い薔薇。
 フェリーナはごくりと息を呑んだ。
 初めて見た。
 王家に伝わる剣。代々、国を継ぐ者だけが持つ事を許されたという剣。
 その名を知らぬ者はいない。だがこの場内に、実物を目にした事がある者は一体どれだけいようか。
 姫の視線に促され手を伸ばしてみる。震えた。止めようとして止められるものではなかった。
 両手で姫が下から支えているその剣を、フェリーナは同じく両腕でそっと持ち上げようとしたけれど。
 触れているのである。力を込めているのである。
 だがその剣は持ち上がらない。
 最初は確かに遠慮があった。だが徐々に彼女は目いっぱい力を込めて持ち上げようと試みるが。
「……っ」
 持てない。上がらないのである。
 フェリーナは愕然とした思いでオヴェリアを見た。
 彼女の顔は先ほどと変わらない。涼しく澄んだ瞳がそこにある。
 剣を持っている事に対して特に無理をしている様子もなく。
 汗一つ、流れない。
「……」
 オヴェリアのその様子に、フェリーナは絶望を覚えた。答えを見てしまった。
「……そう」
 オヴェリアは頷いた。
「この剣は選ぶ」
 ――白薔薇の花言葉を知ってる? フェリーナの脳裏に、かつての姫の言葉が過ぎる。
「父はあの時、この剣を放った。でもあれは本当は」
 試したのだ。持てるのか、そして抜けるのか。
 そして彼女はそれを抜いてしまった。
「……姫様」
「まだ、本当に選ばれたわけじゃない」
 オヴェリアは自身が持つ剣を見た。それは彼女自身がよくわかっていた。
 ただ持てたというだけ。
 本当の、この剣の使い手として認められたわけではない。
「オヴェリア様……」
 フェリーナが、涙をこぼした。
 オヴェリアは苦笑して、その涙を手でぬぐってやった。
「ありがとう……ありがとう、フェリーナ」
「……姫様……」
 こんな事ならば、とフェリーナは後悔した。
 グレン公の元へ向かう彼女を止めればよかったと。
 幼い日より、武大臣グレンの屋敷へ足しげく通う彼女の事を。そこで何をしているか知っていたのに。
 ……剣など。
 父王・ヴァロック・ウィル・ハーランドにもきつくきつく止められていたのに。
 でもフェリーナは望んでしまっていた、姫の笑顔を。見つからないように、留守の間の工作だって手伝ってしまってきた。
(姫様が剣にのめり込むのは)
 父上様と母上様の事があるから……そう思ってきたから。
 姫様がおかわいそう。そう思わなかったわけがない。
 ……でもまさか、姫が薔薇の御前大会に出るなど、誰が思おうか?
 女の身で、すべての男を倒し、越えて。
 そこまでして、この姫は。
「……オヴェリア様」
「泣かないで、フェリーナ」
 この剣を求めたというのか……? フェリーナは愕然と頭を垂れた。
 抗えぬ。
 その頭が、ぎゅっとオヴェリアの腕の中へと抱き寄せられた。
 甘いにおいがした。たまらなかった。
 ……また、フェリーナは泣いた。



「真に姫様を行かせるおつもりですか!?」
 同じ頃。城中、謁見の間でも、混乱は巻き起こっていた。
「姫はまだ18! しかも女子おなごの身ですぞ!?」
「その女子おなごに、誰も敵わなかった」
 文大臣コーリウスは苦々しげに言って、武大臣を見やった。
「これはそなたの責任ではないか?」
「……いかにも」
 武大臣グレンは重々しく頭を垂れた。
「処断はいかようにも受けましょう」
「武門の名折れじゃ」
「コーリウス、そこまでにせよ」
「しかし陛下!」
 言いかけ、コーリウスは言葉を飲み込んだ。
 玉座に座る王の姿。それが……痛ましく。
 体を支えるのがやっとの様子で、現王・ヴァロック・ウィル・ハーランドは深く腰を掛け、重そうに瞼を開けていたのである。
「……陛下の御前にて、言葉が過ぎました」
「うむ。……グレンにも非はある。だが武大臣は解任せぬ。今、グレンに抜けられればますます混乱する」
「御意に」
 ――石病と呼ばれている。この地方で盛りを過ぎた男によく発症する病であった。
 原因はまだ解明されていない。手足が少しずつしびれ、全身が動かなくなり、ついには事切れる。
 進行を和らげる薬はあるが、完全に止めきれるものではない。まして完治する術はない。
 まだ早いと、誰もが思っている。
 現王はまだ50歳。これからである。まだまだこの国を支え、導いていかなければ。それだけの力が彼には備わっているというのに。
(なんとした事か)
 在務歴が一番長いコーリウスは、ヴァロックが王になった時の事をよく覚えている。
 だからこそ、思いはただただ、
(無念)
 見つめる瞳に少し涙が浮かべかけ。コーリウスは視線を外した。
「それに……あの剣の事は皆、存じておろう」
 そこにいる6人の大臣は口をつぐんだ。
 ――白薔薇の剣。
「あれは持ち手を選ぶ。資格なき者は、鞘から剣を放つどころか、持つ事も叶わぬ」
「……」
「選ばれたのだ、オヴェリアは。あの剣に」
 ――試合の際、オヴェリアの剣が折れたあの瞬間。
 王は白薔薇の剣を放った。
 だが、王は自身の手を見る。動かないのだ。
(放らされた)
 ……いや、違うな。王は自嘲混じりに苦笑した。
 あの時オヴェリアに剣を渡したいと願ったのは王自身だ。剣が折れてもなお、彼女の目は死ななかったから。心は折れていなかったから。
 戦えと、望んでしまった。
 その時この手は動いた。
 王の願いと、剣自身の願いを叶えるために。
「剣は、あやつを選んだ。他の誰にも勤まらぬ。ましてあやつは知っていた。あの試合に勝ち上がればどうなるか」
 奴の選んだみちだと、王は息を吐いた。
「あの剣には聖母の力が宿っておる」
 武大臣グレンが目を閉じ、呟いた。
「サンクトゥマリアでございますか」
「白薔薇の剣。あれは、建国よりこの国にある。初代ハーランド王よりこの方250年。代々王に伝えられてきた。伝承が真かは知らぬ。だが現実、あれは持ち人を選ぶ。ならばもう1つの伝承も然り」
 ――竜は、常人には倒せぬ。
 その鱗、鋼鉄のごとく。その咆哮は地獄の炎。
 とどめをさせるのはただ1つ。聖なる力を宿す剣のみ。
「……このような事」
 コーリウスは首を振った。
「わが国には、どれだけの兵がおりましょう」
「日々鍛錬を続けるそれらすべてをもってしても」
 抗えぬのか? 剣と、1人の少女の運命を。
 武大臣グレンは遠くを見た。
 その目翡翠の瞳に映る光景は……もう戻れない、あの夏の日。
 止められなかった思い。
 初めて姫に会ったあの日。
 そして。
 ――オヴェリによく似た面差しを持つ、もう一人の女性の姿。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ