挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第3部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

85/179

 第26章 末弟の将 -2-



「……生き場をなくした者を集めた町」
 風が吹いた。
 それが水辺に波紋を起こす。
 大きな流れによってかき消されるまでの、たかだか1つ2つの小さな波紋。
「生きる事を諦めた者が集うた町、か」
 盃は動かぬ。だが何かあれば一瞬でその剣は引き抜かれる。
 その視線の先で、ズファイは面白そうに言葉をつむぎ始めた。
「教会がそれらを集めて、化け物に食わせた、か?」
 オヴェリアは瞬きを殺して男を見つめた。
「ククク……そうか、生きる事をな? ククククク……」
「何が可笑しいのです」
 血に汚れてしまったその顔、眉が寄る。
 だがそれすらも愉快そうに見て、ズファイは答えた。
「教会のせいではないだろう?」
「――」
「何を言うやら。元々の原因は、この国のせいではないか」
 言われた意味がわからず、オヴェリアは目を見張った。
「生きる事を諦める、生きる場所が見出せぬ? 絶望の中、もはや死より他にすがるものがない――そんな国に誰がした?」
 国。
「教会のせい? バジリスタ? いいや、……元を正せば、お前の父のせいではないのか?」
「何を……ッ」
「そうだろう? 国が豊かで希望を見出せるのならば、人は死を選ぶ必要もない。自らで命を絶つなどという事をするわけがなかろう。そもそもサンクトゥマリア大教会は自ら命を絶つ事を禁じている。お前だってそうだろう、そんな説法を延々と聞かされてきた。希望はどこにでもある、明日を信じて歩んでいけ……希望論? 理想論? 生まれた時から叩き込まれた、お気楽な精神論だ」
 だがすがるだろう? 人は、神に。
「ここで生きられぬというのならば、問題としてあるのはその場所だ。言うならばハーランドそのもの。その長がこの国を悪しき物としているのだろう」
 馬鹿な……オヴェリアは言葉を失った。
「父は、そんな……ッ」
「この国は、何やら色々な問題をはらんでいるようだ」
 オヴェリアの絶望の顔を舐め楽しむように、ズファイは言った。
「ヴァロック・ウィル・ハーランド。武に秀で、知にも明るい王。騎士はもちろん民からも慕われる良き王として、このハーランドを治めてきた」
 建国より250年続く、太平の国。
「国は豊か、土地も気候も良い……海の産物、山の産物、流通も良く、近隣のどの国にも勝る穏やかで平穏な国。その礎を築きし王。……だが」
 そこで言葉を区切り、ズファイはオヴェリアの目を見た。
「本当にそうか?」
「……」
「本当はこの国は――崩れる一歩手前の」
 砂の城なのではないか。
「……何を言われるか」
 オヴェリアはズファイを睨みつけた。
「わが国は平穏。何ら崩れる要素は非ず」
「蟲」
 ―――。
「何やらこの国には、異形の生物が出るそうではないか。蟲、と呼ばれてるそうな? 人を喰らうおぞましき生物だ。それにより村が襲われ町が襲われ、随分な被害も出ている様子」
「……」
「討伐の兵士は歯が立たず、だが国はろくに対策に乗り出しておらぬ様子。小さな集落で起こる事だからと、国は見て見ぬ振りをしているのではないか?」
 ……違う、とオヴェリアは言いたい。
 でも本当に、父は蟲の対策を講じているのか? オヴェリアは旅に出るまでその存在すら知らなかった――。
「蟲だけではない。貧しい小さな村々は、盗賊どもの恐怖にも怯えている。今日をやっとでしのいでも、そいつらに全部持っていかれるんだ。弱い者、力なき者は屈服するしかない。異形に怯え、でなければ人に怯え……食えなくなった者たちが最後の行き着くのは、死か、それとも人以下の生涯か」
 誰か、叫んで。オヴェリアは心でそう念じた。
「人身売買の廃止を実施したのはそなたの父だ。だが実際にこの国で奴隷はなくなっていない。表向き貴族や富豪はそれらを捨てたが、実際には奴隷制度は根本では生き残っている。王が知らぬだけで奴隷商人は闊歩しているのが現状だ」
 オヴェリアも見た、売られていく人々。それを乗せた馬車と商人。
 そうだあの時も……人々は絶望していた。走る気力を失っていた。
 ――旅に出た。色々な町や村を見てきた。
 盗賊により迫害される村を見た。蟲によって滅ぼされた村も見た。
 貴族でさえも命を弄ばれ、無念の最期を遂げる。
 泣けぬ赤子、笑えぬ母親。
 あらぬ罪で両親を奪われた子もいる。
 どこかしこで悲しみは生まれ、その苦しみは連鎖を呼ぶ。命が弄ばれ、明日を不用意には見出せない人々が。
 この国には、いる。
「ヴァロック・ウィル・ハーランド……良き王だと民衆がたたえている? だが実際にハーランドの現状はどうだ? どこが、平和で安寧たる国だ?」
「父は……」
 オヴェリアは唇を噛んだが。
 そこへ、ズファイは畳み掛けるように言った。
「お前の父は愚王だ」
「……ッ」
 何たる侮辱か、目の前の男、許せぬ。
 だが足が怯えて踏み出せない。
 それはオヴェリアが、何も知らない姫ではないから。
 見てきた、この国に点在する色々な不安。
 だから。
 ……そして。次にズファイが言った言葉に。もう彼女は黙るしかなかった。
「そうそう。アイザック・レン・カーネルはわが国にて、手厚くもてなしている」
「――」
 アイザック。
「彼はわが国に亡命してきた。亡命者には礼をつくす。……ヴァロック王の所業は聞いた。なんと恐ろしき王か」
「やめて……ッ」
 叔父上が、バジリスタに行った……。ギル・ティモに連れ去られた叔父上が……。
 話したというのか、父の事、母の事……オヴェリアは愕然とした。信じられなかった。
 この国が犯した最大の秘密。王妃ローゼン・リルカ・ハーランドが白薔薇の剣を握っていた事――。
 愕然とするオヴェリアはもう、ズファイがどんな顔をしているかも見えない。彼が今一歩歩みきた事も。
「最悪、すべての事に目を瞑ったとしても」
 どこの国にも、どんな組織にも、疲弊は生まれる。国事のため、犠牲をはらむ事はある。
 だが、とズファイの顔が歪んだ。
「王が成した最大の罪は王妃の事に非ず」
 オヴェリアはゆっくりと顔を上げた。
 もうズファイは、手が届く所まで来ていた。息が届くほどの傍に、男の顔はある。
「それは、お前を旅に出した事だ」
 その目は鋭く光っている。
 バジリスタ王族が持つ、金の目で。
 彼女の瞳を、捕まえようとする。
「たった一人の娘に……一国の王女を竜退治に送り出す。こんなのは狂気だ。それ以外にない」
「この道は、私自身が選んだ事」
「だが最後に命じたのは王だ」
 大衆の目の前で。
 もう退けぬぞと、苦悶しながらも。
 彼は娘に、その任を託した。
「竜退治なぞ、腕の立つ戦士でも躊躇うもの。それを、いかに試合に勝利したとて娘に任せるなど」
「それはッ……」
「ヴァロック・ウィル・ハーランド、その男は狂っている」
 違う、違う、違う。
「その男がこの国を腐敗させていく。その男がこの国を貶めて行くのだ」
「違うッ……」
 やめて、もうやめて……オヴェリアはかぶりを振った。
 そしてその腕をズファイは掴んだ。白薔薇の剣を握りしめるその腕を。オヴェリアはハッとした。
 この金の目は、恐ろしい。
 吸い込まれるほどの輝き。……囚われる。目が離せなくなる。
「250年続く安寧の国、武王が統治する豊かな王国……だがそれは実際にはまやかし」
「――」
「そしてその武王も、病に冒され長くはない」
 なぜそれを――まだ一部の者しか知らぬ極秘の事を。
 だが呆然とするオヴェリアが次の言葉を口にする前に、ズファイは彼女の腕を引き寄せた。
 そして男はオヴェリアの耳に唇を寄せて。最後の言葉を口にした。
「今ならば」
「――」
「この国……もしも今攻め入らば。今ならば簡単に、滅ぼせるような気がしないか?」
 ――蘇る記憶。
 ああそうだ。5年前、ズファイはオヴェリアの目の前で言った。
 共に平和のために歩もうと手を差し伸べたヴァロックに向かって、彼は高らかに笑い。
 ただ一言、「愚かなリ」と。




 次に感じたのは、風だった。
 瞬間、オヴェリアは弾かれた。ズファイが握っていた腕を離したのだ。
 解き放たれたオヴェリアが最初に感じたのは、白薔薇の剣の重み。
 そして、少年の声だった。
「オヴェリア様ッ!!」
 マルコだ。
 彼はオヴェリアとズファイの間に滑り込んだ。その手には剣が構えられていた。
 黒の剣。
「オヴェリア様、逃げて……ッ!!」
 オヴェリアは唖然と少年の背中を見つめた。
 そして剣を向けられたズファイの顔は、見る間に狂気のそれへと変貌して行った。
「……俺に剣を向けるとはいい度胸だ、小僧」
「オヴェリア様は僕が守る」
 この剣で。
 剣を振った事がないわけではない。――あの時は棒切れだったが、カーキッドに打ち方を習った事もある。旅に出てからもたまに、遊びで打ち合った事もあった。
 だがこの剣はこれほど重かったのかと、マルコは内心驚いた。
 カーキッドはいつもこれを自在に振り回していた。まるで自由だと言わんばかりに。
 今彼はいない。だがその魂はここにある。
 ――そして、オヴェリアはその魂と共に戦ってきた。
 お守りじゃないと言われてきた、でも随分守られてきた。
 だから思った。オヴェリアは、守られたいんじゃないと。
 あの人の隣に立ちたい。共に戦いたい。その背を預けてもらえるようになりたいと。
 ……だから彼女はマルコの隣に立った。
「ありがとう、マルコ」
 そしてカーキッド、とオヴェリアは虚空に向けてその名を呼ぶ。
「ズファイ」
 諦めませんと、強く誓う。
「確かにこの国にはほころびがある……幾らかの不安もある、悲しき現実もある。それでも」
 狂気の色に、立ち向かう。
「この国は私が守る」
 白薔薇の剣を立てる。
「私が守り抜きます」
「お前が?」
 ズファイは目を細めた。彼は笑わなかった。
「守るというか、ハーランドを」
「ええ」
 ――父と母の国を守る。
 旅に出た。様々な国の現状を見た、憂いを目の当たりにした。その中で同時に、オヴェリアが刻んできたもう一つの思い。
 父が守り、母が愛したこの国を守る。
 それは誰の命令でもない、己の意志で。
 そのために、戦うと。
 ……彼女のその顔に、ズファイは感嘆の声を上げた。
「そうか……この国には、お前がいるか……」
 真っ向睨む。そこから、ズファイは鼻で一つ笑って背を向けた。
「エンドリアだ」
 一瞬、男が何を言ったのかわからなかった。
 だがその瞬間だった。気がついた時にはもう、盃の姿が目前にあった。
「手荒くするなよ」
 腹に拳を打ち込まれる。姫の視界がグラリと歪む。
「姫様ッッ!!!」
 マルコの叫びが、斜めに堕ちて行く視界の中で聞こえて。
 オヴェリアは必死に目を開けようとしたが、叶わなかった。
「餌はどうされますか?」
「食われたと申しておけ。必要ならば、亡骸だけ墓場へ」
 暗転していく意識の中、オヴェリアは必死に訴えた。他の人には手を出さないでと。
(カーキッド)
 闇の中、オヴェリアはその男の背中を見た。手も伸ばした。
 だがそのまま、意識を失った。




「見せてやる……一つの可能性を」
 いわんや神が導く1つの姿。
 ズファイは跪き、オヴェリアの髪をすくった。金糸が指から垂れた。
 そこにそっと、口付けをする。
 その顔に浮かぶのは笑み。
 金の瞳と赤の髪が刻む、残酷なほどの微笑であった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ