挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<プロローグ>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

8/179

 白薔薇の騎士 -4-


  ◇

 運命は繰り返されるか?
 その輪廻は断ち切られたと、そう思っていたけれども。
『定めだよ』
 かつて王に、まじない師はそう言った。
『すべては定め。選ぶのは我らじゃない。導くのはすべて』
 神の思し召しのままに。



「……カイン・ウォルツ。ここにもって、そなたに白薔薇の剣を授ける」
 大歓声が見ている。
 動けぬ王に代わり、武大臣グレンがその剣を彼女に差し出す。
 白銀の鎧をまとった彼女は、2人の前に跪き短く返事をしてそれを受け取った。
 グレンは口の端を強く結び、一瞬その肩をポンと叩きたい衝動に駆られたが、それを抑えた。
 ――今この場にて、この光景を見ているのは国の規模から言えば極々僅か。
 だがすぐに国全土に知れ渡ろう。ここで繰り広げられた戦い。そして『白薔薇の騎士』が生まれいずる過程。
 おろかな事だと王は思う。だがもう退けぬ。
 これが定めだというのか。
(お前が男だったなら)
 ずっとそう思っていた。だが同時にこうも思っていたのだ。
 姫でよかったと。
 だが。
「これはそながた選んだみち。その剣を持つ事が何を意味するか、そなたはそれを、これから思い知るであろう」
 オヴェリアは顔を上げた。そして初めて口を開いた。
「……心得ております」
 知れ渡るぞ。『白薔薇の騎士』が女であると。
(愚か者)
 剣など持って欲しくはなかった。
(そなたの母上は、)
「カイン・ウォルツ――いや、オヴェリア・リザ・ハーランド」
 その名に、聴衆はどよめいた。だが王はそれを無視した。
 覚悟を決めろ。その思いは誰へ向けたものか。
「その剣を手にしたそなたに、最初の任を与える」
 そのために、この会は催された。
 知っていただろう? 剣を手にした者が何を課されるか。何のためにここに戦士が集められたのか。 求められているのがにえだと。
 もう後戻りできんのだ。
 ――王は、搾り出すかのような声で。
 大臣たちは固唾を呑んでいる。
 ただ一人、武大臣のみはじっと冷静にオヴェリアを見つめ。
「……北の国境ゴルディアに、黒き竜が現れた話は聞いておるな」
「はい」
いをなしている。このままでは直に、竜はこの世界を焦土と化そう」
 オヴェリアはじっと王を見た。
 王が愛したただ一人の女性と同じ瞳で。
 王はそれに見つめられ、そして決意した。



「『白薔薇の騎士』オヴェリア・リザ・ハーランド。黒き竜討伐を命ずる。竜を仕留められるのは並みの剣にあらず。王家に伝わりしその剣でもって、必ず打ち倒せ」
「――仰せのままに」



 白い薔薇は、ふさわしい者を選ぶ。
 そして彼女は選ばれた。運命と宿命に。
 オヴェリア・リザ・ハーランド。
 ハーランド建国史上初の女性騎士にして。
 ――最後の『白薔薇の騎士』。
 その戦いがここに、幕を開ける。


+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ