挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第2部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

76/179

 第22章 君求む、最上の愛

 ――運命が歩を刻む。
 求められるのは、絶対の鎖。
 ……なかんずく息づく、すべての面影は、
「我の身は、いとわぬ」
 男は迫り来る影を真っ向睨んだ。
 その目はくぼみ、この僅か数日のうちに頬は青白くこけていた。
 だが光はある。常人の眼差し。まだ、狂人にはなりきれない。
 だからこそ痛む、苦しむ。良心と胸に宿った最後の想いに。
「我は身を捧げる。だがこの方の命だけはどうかお助け願いたい」
 枢機卿ドルターナ・ウィグル。男は必死にそう言った。
 眼下にしたその顔に、影は一抹黒い感情を浮かべた。
 胸クソが悪い、と。
 短刀を引き抜く。その喉首を掻っ切ってやりたい衝動に駆られた。
 いっそ、むしろこのまま楽に。
 今一歩の距離。踏み出そうとしたその足を止めたのは気配と。
 声。
めよ」
「……」
 その声は絶対。そして無二。
「良いお心がけだ、ドルターナ卿」
サカズキ殿……」
 盃と呼ばれた男はニンマリと笑った。唇の薄い男だった。
永久とわの忠誠、あなたの心は誠だ」
「……」
「ならば、やるべきは1つ。すでにわかっておられましょう?」
 何が必要で、そのためには何をしなければならないか。
 もう、サイは投げられている。
「すべてはあなたの、愛のために」
 ――愛? 影はその言葉に一瞬フードの下の眉間にしわを寄せた。
 この世にそんな物、ありはしない。あるとすれば必ずそこには、思惑がある。
 無償の愛などあるものか。
 ……壇上を仰ぐ。巨大な寝台。そこに眠る1人の女。
 わかっている事は1つ。目の前に傅くこの男は、この女のために犠牲にするのだろう。
 ――世界を。
 それは値する等価か? そこに男は見出す事ができるのか?
 己の命をも天秤に乗せられるほどの対価を。
「……お前は奴らを追え」
 影は白けた瞳で主を見た。
「御意」
 声を発したのは久しぶりだった。ああ自分はまだ声が出たのかと思った。
 主と、ひざまずく男に背を向ける。その後の顛末に興味はない。
 道の行く先に、巨大なステンドグラスがあった。日の光が斜めに差し込み、七色の光を落としていた。
 見上げればそこに、女神の姿を見た。聖母サンクトゥマリア。
「……」
 影は再び視線を落とし、もう、光など見なかった。




 愛など知らない。
 関係ない。
 世界など知らぬ。壊れてしまえ。
 凍った心に、光は届かぬ。闇とて同様。
 灰燼に帰す、あまねくすべての残響。
 すべて斬って、壊してしまえ。
 腕が、心が、それだけを叫んでる。
 その胸に痛みが宿ろうとも、その意味などわからぬ。




 愚か者への送別の言葉。
 君はいつまでも求める、最上の愛を。
 来るべき最期の瞬間まで、悪あがきして生きよ。
 ――いつか、後悔するその日まで。
 
  <第2部 完>
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ