挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第2部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

74/179

 第21章 告白 -3-


  ◇

 真夜中に煙草が吸いたくなった。
 ……それを建前にしようと思った。
 それしか理由が浮かばなかったし、でなければ、おかしい気がしたから。
 カーキッドは、見止めた背中に声を掛ける。
「おう」
 ひねりもない、ただの呻きのような声。
 だが少女はそれだけでカーキッドだと気づいて振り返る。
 月明かりの下に笑みをくれる。
「何をしてるんですか? こんな夜分に」
「てめぇこそ」
 わざとらしく煙草を出して見せようとして、彼らしくもなく、箱ごと落とした。
 ……夜中に、オヴェリアが1人どこかへ行った。一瞬用足しかとも思ったが、違うとカーキッドは思った。だから追いかけた。
 案の定彼女は、池のほとりで座っていた。
「またここかよ」
 毒づきながらも、彼もよっこいせとその隣に胡坐を掻く。
「何だか、きれいで」
「そうか?」
「月明かりが映ってる」
 黒いだけの水面に見えたが、言われて初めて、確かに月が映っている事に気づく。
 だが、それがどうしたとも思う。
 ……いや、思っていたのだろう、オヴェリアと旅をする前のカーキッドならば。
「昼間は空で、夜は月ってか」
「きれいね」
「こうしたらどうなるんだ?」
 バシャバシャと手を入れて波を起こし始める。途端、水面に波紋が広がっていく。
 ずっと、遠くへ。
「あ、それもきれいね」
 カーキッドは単純に、照れ隠しで水面の月の光を崩してしまおうとしただけだったが。オヴェリアは何を思ったか、揺らいだその光景にも微笑んだ。
 月だとか、きれいだとか。そんな物はカーキッドの世界観にはない感覚。
 だが今は滑り込んでくる、見た事ない情景。カーキッド1人では決して見る事できない、世界の別の姿。
「明日は早いぞ」
 煙草をくわえカーキッドは遠くを見た。対岸は、今は闇の中にある。
「……夜の池は、飲まれそうだな」
「まずは東へ。マルコをレトゥ様の元に、ね」
「ああ」
 その後は北進。目指す先は1つ。
 待ってる――あの男もそこにいる。
 だがその前に。カーキッドは彼女に問うておきたい事があった。
「オヴェリア」
「……ん?」
「決心に、曇りはないか?」
 竜と見えた今だからこそ。もう一度、確認しておきたいその気持ち。
 城を出る前とはまた違う、互いの気持ち、状況で。
 問われたオヴェリアは、カーキッドが言わんとしている事をすぐに察した。
 その上で。
「……」
 瞬時には、言葉が出なかった。
 城を出る前ならば、迷いなく言えていた言葉が。
 今は……出なかった。


 あの存在は、ギル・ティモが造り出した物なのだろうとデュランは言った。
 異界から呼び寄せた虚像。
 実際の物とは違う、その感触をカーキッドも唱えていた。
 あれは実物じゃない。
 けれども、まったくの別物でもない。
 あの姿。あの牙、あの瞳。
 あの炎。
 実物はさらに上回る、竜という存在。
「そう、ね……」
 やっと、オヴェリアは言葉を口にした。
「あの時、気づいたの……私は甘かったと」
 竜を倒す――旅をする事さえ、オヴェリアは実際に歩き出してから己の甘さを悟った。
 そして今さらに思う、自分の愚かさ。
「竜を前にした時……私は、怖くて仕方がなかった」
 ガブリエル達にはああ言ったけれども。
「本当は、凄く、怖かった……」
 その姿を見た刹那、動けなくなった自分がいた。
 全身が震えて、声すら出なかった。
 体が凍り付いてしまったようだった。
「あの時、カーキッドが声を掛けてくれた。立てと、剣を持てと。……あれがなかったら、私はとても、」
 何も出来なかった。
 その瞬間に気づいてしまった。自分の甘さ以上の、覚悟のなさ。
 竜を倒す、そのために出たこの旅路。
「私は……本当は何も心に決めてなかったのかもしれない」
「……」
 カーキッドは黙って聞いている。
 旅に出て、色々な町を巡った。
 カーキッドに何度も言われた。「竜退治の方が先決だ!」
 回り道を繰り返した、そこには彼女なりの正義はあったけれども。
 ――怖かったから、かもしれない。
 今更ながら、そんな事を思う。
 本当は、ゴルディアに行くのが恐ろしくて。
 だから……知らずと遠ざけていたのかもしれない。
 竜と戦う事。そこにたどり着く事。
 目を背けていた、そう気づいたあの瞬間。
 ……やがてカーキッドは煙草に火を点け、ポツリと言った。
「仕方がねぇさ」
「……」
「歴戦の猛者だってな、竜と戦うなんざ、大概の覚悟がいる」
「……でも、私は」
 そのために、白薔薇の騎士となったのに。この剣を手にしたのに。
「お前がめたいってんなら、誰もめない」
 カーキッドが言った。オヴェリアは驚き彼を見た。
「非難できる奴なんざ、いない」
 誰に、そんな事ができるというのか。
 この現状にすら、本当は、カーキッドは苛ついている。
 聖母の剣を手にしたからと、姫1人に国の命運を託すなど。
 こんなあり方は間違っている。その点は、アイザック・レン・カーネルと同じ意見だ。この国は狂ってる。
「剣が竜を倒すんじゃねぇ」
 聖なる剣――だが剣は勝手に動かない。
 誰かが使ってこそ、その力は意味を持つ。形を作る。結果を作り上げていく。
「戦うのは、お前だ」
「……」
「もう、お前の戦いは始まっている。そして退くのも1つの戦いだ」
 無理すんな、カーキッドは彼女にそう言いたかった。
 止めておけ、傷つくなと。傷つかないでくれと。
 ……竜と戦ったから今だからこそ。
 ――見たくねぇ。
 もう、二度と。
「私はずっと、こう思ってきた。娘じゃなければよかったのにって。私が男だったら、父と母の代わりに戦えたのにって」
「……」
「娘だから、私は父の重荷を背負う事ができない……それが口惜しくて仕方がなかった。母の意志も継げない自分が、悔しかった」
 オヴェリアの言葉は水面に、見えない波紋を作り上げていく。それがカーキッドには見えた。目には映らずとも、確かに。
「だから……白薔薇の剣を持つ事を許された時、初めて思った。やっと父の代わりに戦える、母と共に戦えると」
 生まれてきたその意味を、やっと与えられた気がした。
「でも、間違いだった」
「……」
「父の代わりに、母の代わりに……それは違うと。そんな覚悟では、あんな物と戦えない」
 その程度じゃ、剣を向ける事も許されない。
 本当に必要な事は唯一。
「私自身の意志でければ、戦えない」
 誰かの代わりじゃなくて、自らで。
 自らが選んだ道で、自ら選んだ剣で。
 戦う。
 そうでなければいけない道だと。あの時初めて気づかされた。
「だから。私は私で選ぶ」
 決まったか、とカーキッドは思った。
「私は、私の意志で戦います」
「……それでいいのか?」
 オヴェリアは頷いた。その顔は、見なくてもカーキッドにはわかった。
「そうか」
「カーキッド」
「あん?」
「……ついてきてくれますか?」
 思わず、カーキッドは笑った。
「何を今更」
「……」
「俺の道は決まってる。お前がその道を選ぶなら、道は一緒だ」
 もしもオヴェリアが諦めるというのならば、カーキッドはそれに従った。面倒臭くなったから戻る、彼はきっとそう言っただろう。
 だが彼女は選んだ、険しい道を。過酷な道を。
 ここに、自らの意志で。
「改めて言う。並みの事じゃねぇぞ」
「ええ」
「それでも行くってんだな」
「……待ってます」
 あの男が待っている。
 そしてその先にもう1人、オヴェリアには取り戻さなければならない人物がいる。見失った叔父の姿を。
「私は、騎士です」
 ガブリエル達の最期を思い出す。
 貫く想い、そして正義。
 信念。
 確固たる物。
 根幹は、自分に宿せ。
 求めるならば、惑うな、迷うな。
 最後に問うのは、神ではなく、己の魂。
「行きます」
 誰かの代わりじゃなく。自分の意志で。
 守りたい物は、()の中にある。
 そのために。この剣を握る、振るう。
 ――戦う。
 カーキッドはオヴェリアの肩に手を置き、立ち上がった。
「目指すは北だ」
「はい」
 ――武大臣よ、そしてハーランド国王よ。あんたらの代わりに見届けたぞ。
 一人の騎士が生まれた瞬間を。
 本当の戦いが始まる瞬間を。
 ――俺は、
 こいつと共に行く。
 もう当についていた決断。今更だが、カーキッドは改めて深く刻む。
 ――守り抜く。


 行こう、と。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ