挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
白薔薇の剣 ―最後の王女の物語― 作者:葵れい

<第2部>

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

70/179

 第19章 伝承の炎 -2-


 竜が咆哮する。
 大地が轟く。人などひとたまりもない。
 それだけで魂を脆く砕いても仕方がない中で、4人は走った。
 カーキッドは剣を立て。
 一気に間合いの内へと滑り込む。
 視界の端に巨大な輪郭が踊る。
 尾が飛び来る。上か、横か。
 その動き自由にて、自在。
 長さもある、先読みはほぼ不可能。
 斜め上から振り下ろされるように来たそれを、だがカーキッドは回転しながら避ける。
 狙いは避けではなく、そこから反動をつけて下からの斬り上げ。
 空を舞った尾が再びカーキッドへ向けて反転したが、黒の剣の方が早い。
 四つんばいになった前足の付け根を、砕くように斬る。
 一瞬ジャッと、火花が散る。
 深く入る。ザクリと、確かにえぐった。
 竜が吠える。
 だがそれは悲鳴というよりは雄叫び。
 前足を崩したが、まだ体制は崩れない。
 もう1歩先へ、脇から心臓目掛けて突きを入れようとしたが、それよりも先に胴体がもがくように揺らめいた。
 尾ではなく牙が向けられる。カーキッドの鼻先を、竜がかじり取っていく。
「っと」
 よろめきながら後ろへ避ける。そこへさらに、竜が一歩踏み込みを入れてくる。
 竜の牙は、まるで磨きぬかれた無数の剣のようだった。
「カーキッドッ!!」
 デュランが横から術を繰り出す。
 彼の得手である炎の術は効かない。その身体を一切焼く事もなく、空気に溶けて消えて行く。
 だがその炎に身を隠し、オヴェリアが飛ぶ。
 竜はカーキッドを噛み砕きたい。2度、3度と口を突き出すが、空気に牙の衝突音ばかりが響く。
 その間にカーキッドは顎の下へと回りこむ。
 そのまま、黒の剣を上へと突き上げる。
 そこへ飛んだオヴェリアが、頭上から剣を突き立てた。
 真空にて交差する2つの剣。
 竜は猛烈に首を横に振り、宙を舞うオヴェリアを振り払った。
 投げ出された彼女をカーキッドが受け止める。
 その2人目掛け、竜が走り出した。
 ドシンドシンと、大地が轟く。
 2人は反対の方へと走る。竜が追うのはオヴェリアの背。
 一度首を振ったかと思うと、その口元より光がこぼれた。
 火が噴き放たれる。
 神をも脅かす炎。
 オヴェリアは横へ横へと走り行く。
「てめぇの相手はこの俺だッ!!」
 そこへカーキッドの剣と。
 デュランの術が完成する。
 炎が効かぬなら、風。
 解き放たれた疾風の刃は、カーキッドの黒い剣に絡みつくように共に竜へ向かう。
 オヴェリアももう一度斬りかかりに向かうが。
 ハッと、竜の視線の先を辿る。その顔は明後日を見ている。
 地表に印を刻む、マルコを。
「マルコッッ!!」
 吸い込んだ息が、炎と変わるのを何度も見た。
 マルコがオヴェリアの声に気づきハッと顔を上げるが。
 遅い。
 炎が口より、あふれ出す。
 マルコは凍りつく。
「ッカヤロッッ!!」
 間一髪横からカーキッドが走りながらその身体を引っ掴み逃げるが。
 炎がピタリとその背中を追いかけて。
「カーキッドッッ!!」
 食らう。
 彼が焼かれる。
 その光景に、オヴェリアは一瞬我を忘れ絶叫した。
「ディア・サンクトゥス!!」
 瞬間的に唱えたデュランの術と。
 剣が、竜に向かって突きたてられた。
 剣の主は、ガブリエル・ヴィンガー。
 神聖騎士団団長は、ここに朗々と叫ぶ。
「竜討伐ッッ!! 全騎士団に告ぐ、竜を倒すぞッッ!!」
 弾かれたように騎士たちが、こぞって剣を振りかぶる。
 それに竜は炎の矛先を、カーキッドから騎士たちへと反転させた。
「カーキッドッッ!!!!」
 慌てオヴェリアは駆け寄り、マントと共に抱きしめるようにその身体にかぶさった。
 その光景を、マルコは唖然と見ていた。
「オヴェリア様ッ、避けてッ!!」
 そこへ目掛け、尾が振り下ろされる。
 カーキッドとマルコを抱えるように、一端その場をオヴェリアは離れた。
「カーキッド」
 顔を覗き込む。黒く汚れてる。
 それよりも背が。火傷にひどくただれていた。
「カーキッド……ッ」
 オヴェリアはその傷の様にギュッと目をつむった。
 カーキッドは小さく舌を打ち、面倒くさそうに「……るっせぇよ」と呟いた。
「お見せください」
 そこへ、滑るようにデュランが駆け込んできた。
「ひどいな。待ってろ。治癒の術を施す」
 デュランが詠唱を始めるが、カーキッドは「待ってられるか」と、オヴェリアの腕を振り解こうとした。
「竜退治が先だ」
「馬鹿言わないでッ!! 傷の治癒が先です!!」
「離せ」
「離しません」
 神聖騎士団が、竜を相手にしている。
 それを見、カーキッドは苛立たしげに呟いた。
「あいつらじゃ、止められねぇよ」
「カーキッドさん、ごめんなさい、僕のせいで……」
 マルコはガクリと膝をついた。立っていられないほどに、震えていた。
 そんな彼に、オヴェリアは言った。
「マルコ、カーキッドを抑えておいて」
「え」
「……時を稼ぎます。デュラン様、カーキッドを頼みます」
 1人、再び剣を取り。
 竜に向かって、振り返る。
 遠巻きに見ればもう、辺りは火の海だ。
 このままここにいては、竜はおろか、炎に飲まれてしまう。
 だが竜を放置して逃げるわけにもいかない。
 ここは人里から遠くない。僻地とは言えない場所なのである。
 騎士たちが炎に取り込まれていく。
 誉れ高き教会の精鋭部隊と言えど、竜に対峙する事など初めてであろう。
 逃さねば、彼らの命に関わる。
 ならば彼女が成す事は1つ。竜は自分が引きつける。
「お待ちください、姫様」
 決意し走り出そうとしたオヴェリアを、間髪、デュランが止めた。
「カーキッド、どう見た」
 デュランが背に、護符を突きつけた。そこからジワリと、陽炎のように空気が揺らめき傷口を取り込んで行く。
 深手にも関わらず、カーキッドの表情にそれほどの苦悶はない。痛みの感情を殺す事には長けている。
 それでも、彼が一瞬安堵の息を吐いたのを見て、オヴェリアも眉間の力を緩めた。
「変だな」
「え……?」
 オヴェリアはカーキッドの言葉が理解できなかった。だがデュランは表情を変えなかった。
 カーキッドは虚空を睨み続ける。
「あいつは妙だ」
「何が」
「剣が、簡単に入る」
 マルコもその小さな瞳でカーキッドを見つめた。
「竜の皮膚は鋼に例えられる。硬いウロコに覆われて、並みの剣では歯が立たない。歴戦の猛者が剣を折られて散って行った、そんな話が語り草になるほどだ」
 オヴェリアは手の感触を思い出した。確かにあの竜、簡単に剣が入った。
 むしろそれは簡単すぎるほどに。感触が足りなかった。
 何か決定的に。本来あるはずの物が足りないような。
「それに竜の炎は、こんなもんじゃねえ」
 片方の眉を上げ、カーキッドは皮肉を口元にたっぷりと浮かべた。
「燃える、焼けるの話じゃねぇ。本当に竜の炎を浴びたなら、」
 一瞬で。そこにあるのは、無。
「……逃げ切れないんだ。大地を焼き天をを焦がした炎、それは……こんな生易しい物じゃない」
「カーキッド、お前、竜と戦った事があるのか?」
 カーキッドは答えなかった。
 だが一言。
「あれは、竜だが竜じゃねぇ」
 決定的な言葉。
「あの魔導師が作った偽者」
「ギル・ティモの幻術か」
「しかし、実態はあります」
 斬った感触は薄かった。しかし、今そこに竜は存在している。
 炎を放ち、地を焦がし。騎士たちはそこに、命を賭している。
 悲鳴と共に倒れ。絶叫と共に朽ち。
 今ここでどれだけの存在が命を落として行っているのか。
「私とて、奴の術のすべてはわからぬ」
 デュランが苦しげに竜を睨んだ。
「あれが幻術にしろ何にしろ。狙うならば?」
「心臓。後はやはり、てめぇが最初に言った場所」
「目か」
「あの赤い光は、……俺には呼んでるように見える」
 カーキッドが、ゆっくりと立ち上がった。
「ここを突いてくれと、言わんばかりじゃねぇか? なぁ」
 そしてオヴェリアに向き直る。
「俺は右を狙う、お前は左を狙え」
 頭一つ高い彼を見上げる。
「わかりました」
 こうして何度彼を見上げ、何度視線を交わし。頷きながら。
 彼女は戦場へ向かうのだろう。
「今度は絶対外さねぇ」
 先を行く2人の背中。炎を背後に、白と黒。
 どこまで、あの2人は向かって行くというのか。
 それを見つめデュランもまた立ち上がった。
「マルコ、お前はここにいなさい」
「で、でも……」
 デュランはマルコの肩に手を置いた。強く。
 そしてその身を翻した。
 戦士達の行く道。
 マルコは追えなかった。
 足がもう、すくんで。動かなかった。



「一旦退けェェェッッッ!!」
 ガブリエルの号令虚しく、騎士が焼かれていく。
 鎧は重い。そもそも、このような相手を想定して訓練をした事はない。
 圧倒的な体躯。
 そして炎。
 こんなものを前に、一体何を頼りに戦えと言うのか。
 戦術、戦法、剣技、間合い。
 これまで積み上げてきた鍛錬のすべてが吹き飛んでいくのを感じずにはいられない。
 こんなものを前にして。
 咆哮一つで身体が震える。魂が凍る。描いたすべてが握り潰される。
 足が動かなくなる。
 でも。動かなければ抗えない。
 怯える、すくむ、凍る、震える、へたり、嗚咽、涙が勝手に。
 でも。
「斬りかかれェェェェェ!!!!」
 抗おうとするのは、人間のすべての感情を超えた、
 誇り。
 騎士。
 戦うために。
 腕を磨いた、足を磨いた、身体を、心を。
 命を。
「ギャァァァアアアアアアアア」
「うろたえるなァァァァァ!!!!」
 叱咤しながらガブリエルも、切っ先を竜目掛け駆ける。
 赤い瞳と目が合う。それだけで心臓をわしづかみにされたような感触がする。
 人では到底発する事出来ないような叫びを上げ、竜は再び炎を噴いた。
 慌て避けるが体制が悪い。剣先に体重が乗っている。よろけた刹那に足を捻った。
「団長ッ!!」
 その身を庇い、騎士の1人が盾となる。
 鎧は熱を通す。炎を弾いても、伝わった熱は身体を焦がす。
「団長ォォォォオオオオ!!!!」
 他の騎士たちも一斉に、竜に向かって斬りかかるが。
 首をグルリと薙ぐだけで、騎士は吹き飛ぶ。
 力も身体もすべてが圧倒的に違う。
 差。
 一体どうやってこんな物を相手にし。
 ひるむ事なく。
 立ち向かっていけるというのか。
 ――彼らは。
「オオオォォォォオオオオオォォオオォオオオッッッ!!!!!!!!」
 獣のような雄叫びだった。
 自分を庇った騎士を抱き、ガブリエルはその主を見た。
 カーキッド・J・ソウル。
 異国で鬼神と呼ばれた男が。
 まさしく鬼のごとき形相で。
 この絶対的な存在を前に、全力で構えた剣を。
 殴るように、竜目掛け。
 跳んだ。


 切っ先が竜を捕らえた。
 薙いだ剣筋は、すくう様に皮膚を斬った。
 返す刀でもう一度後ろ手に斬りながら、胴体を足がかりに反対側へと飛び去る。
 それを追って、竜が息を吸い込むが。
 その喉元を今度は、オヴェリアが引き裂く。
「やはりおかしい」
 血の一つも飛ばない。
 そうだ、今までどれほど斬っても。斬っても突いても手ごたえが少ない。この感触を、ようやくオヴェリアは思い出す。
 フォルストで対峙した屍人のようだと。
 竜が後ろ足を軸に、上半身を持ち上げる。そうなればもう、高低差はあまりにも歴然。
 竜は吠えた。10m以上あるその場所から火を噴かれてはたまらない。
 だが、逆に今なら、心臓はがら空き。。
 狙える位置にいるのは、オヴェリアただ1人。
 両手に構えた剣で一気に胸目掛けて跳んだそこへ。
 竜が、上から火を噴いた。
 直撃。
 オヴェリアの身体が火に包まれる。
 だが彼女は焼かれなかった。
 なぜならば彼女はその懐に持っている。
 あおの焔石。
 その石は持つ者を、火と水の災いから守る。
 手の先に託した剣が、その場所に突き刺さる。
 竜が悲鳴を上げる。
 竜が暴れだす。白薔薇の剣は竜の心臓に突き立ったまま、オヴェリアが放り出される。
 今度は受け止めてくれる者はいない。
 だが地面に打ち付けられても、彼女は立ち上がった。
 腕が痛んでも、足が痛んでも。
 まだ立ち上がる、まだ見据える。
 そしてもがき暴れる竜の身体を、唯一狙える物があるとすれば。
 デュランが腕を振りかざす。途端無数の風の刃が、竜の身体を四方から突き刺した。
 その衝撃に動きを止めたその瞬間を。
 カーキッドは、狙い済ましていたかのように。
 再び四つんばいになったその顔、その目。
 右目に剣を、振り下ろした。
 そこで初めて血飛沫が飛ぶ。
 ついでに左目を狙おうとしたが、竜の腕がカーキッドを振り払う。
 心臓の白薔薇の剣。左目を薙いだカーキッドの黒き剣。
 あと一つ、右目を狙うのは。
 オヴェリアは腰元のもう一本の剣を抜いた。
 赤いルビーの剣を。
 立ち上がる。
 よろついてなどいられるか。
 歩け、走れ。
 そしてその瞳目掛けて、剣を、放った。


 両の瞳と心臓からあふれ出た赤い液は。
 やがて炎となって竜を覆い尽くす。
 いや、むしろそれは食われているようだと、オヴェリアは思った。
 何に?
 言うなれば。
 地獄そのものに。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ